オリンピア・キュロクス【最新第24話】感情の爆発 ネタバレと感想!

この記事では、2020年7月15日発売の『グランドジャンプ2020 No.16』に掲載されたオリンピア・キュロクス【最新第24話】感情の爆発のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • 農村歌舞伎に消極的な村民たち。
  • 村おこしに懸命な村長。
  • 勘九郎の説得に心が動いた翔太。

という内容でした。

 

 

 

いよいよ始まる農業歌舞伎。

翔太の鬼気迫る演技にも注目です!

 

今回の内容を文章ではなく漫画で読みたい方は、U-NEXTという動画配信サービスの初回無料特典を利用すると今すぐ無料で読むことができますよ。

 

※31日間の無料お試し期間内に解約をすれば料金が発生することはありません

 

 

それでは気になる『オリンピア・キュロクス』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

オリンピア・キュロクス【最新第24話】感情の爆発 ネタバレ

オリンピア・キュロクス【最新第24話】感情の爆発

 

中村勘九郎プロデュースの農業歌舞伎。

 

ヘラクレスを演じる翔太は可哀想な子でした。

一昨年に母親を亡くし、昨年に父親は再婚するも現在は東京に単身赴任。

継母とも上手く馴染めないようです。

 

翔太のセリフは棒読みで、演技指導する勘九郎に何度もダメ出しされ、ついには共演する子供たちとケンカを始めてしまいました。

逃げようとする翔太に対して、君の世界は思う通りには変わらないと言う勘九郎は、今の世の中は不条理だらけだと言葉を続けます。

 

不条理と向き合い本当の強さを身に付ける舞台「ヘラクレス」。

怒りや不満がるならば舞台でぶつけろ!

負の感情は舞台にとって上等なエネルギーになるんだ!

 

しかし農業歌舞伎の公開日には大雨が村に降り注ぎます。

これでは客が来ることはありませんが、村長が腕利きカメラマンを連れてきました。

 

本日の公演を撮影して全世界に配信する予定です。

他の子どもたちが母親と準備をする中、悪いことをしていないのに母親が癌に冒された不条理を思い出す翔太。

 

すると本番では鬼気迫る芝居をして、共演する子供や勘九郎たちも目を見張る程の変わりようです。

自分の運命を恨み続けることに疲れたと叫ぶ翔太に、「いよっ翔太っ」と隠れて見ていた継母が声援を送ります。

 

意外な声の主を聞きながら、最後のセリフで翔太は大見得を切るのでした。

スポンサーリンク



『オリンピア・キュロクス』の最新話を含むグランドジャンプを無料で読む

オリンピア・キュロクス【最新第24話】感情の爆発 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXT という動画配信サービスです。

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「グランドジャンプ最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

 

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

 

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

 

オリンピア・キュロクス【最新第24話】の感想

勘九郎の激のとおりに、自分のおかれた境遇の不満を、舞台でぶつけた翔太。

ついに本番で大化けしました。

 

呪われた運命に疲れたというセリフは、まさに自分を投影した叫び。

魂を打つ表現が確かにそこにはありました。

最後に翔太に声をかける継母の姿にもジーンときます。

 

農業歌舞伎は悪天候のおかげで、今はやりの無観客状態となりましたが、動画配信を想定していた村長のおかげで無駄にはならずに一安心。

悲壮感を漂わせながらも力強い翔太の一件落着。

圧倒された感じのデメトリオスでしたが、村の復興となるヒントを掴むことが出来たでしょうか?

まとめ

ということで、

この記事では、2020年7月15日発売の『グランドジャンプ2020 No.16』に掲載されたオリンピア・キュロクス【最新第24話】感情の爆発のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 継母と上手くいかない翔太。
  • 「ヘラクレス」は不条理に立ち向かう物語。
  • 不の感情を舞台にぶつける翔太。
  • 翔太の芝居に声をかける継母。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
関連記事と広告