ボクラノキセキ【最新第106話】のネタバレと感想!

この記事では、2020年12月28日発売の『コミックゼロサム2021年2月号』に掲載されたボクラノキセキ【最新第106話】のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • ユージンの裏切りを知って、自分のことを想い自分のために泣く。それがベロニカが初めて感じた「自由」だった。
  • 皆実と瀬々は、お互いの前世は無視して前世の記憶を思い出した原因を解明すると決める。
  • 皆見は、だんだん強くなるベロニカの感情が怖くなる。
  • 皆実と瀬々の前に現れる仁科。

という内容でしたね。

 

 

 

 

今回は皆見たちの前に現れた仁科の思惑が気になります!

 

この漫画を絵付きでしっかりと読みたい方は、U-NEXTという動画配信サービスの初回無料特典を利用すると今すぐ無料で読むことができますよ。

無料お試し登録で600円分のポイントがもらえます!

 

 

それでは『ボクラノキセキ』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

ボクラノキセキ【最新第106話】のネタバレ

ボクラノキセキ【最新第106話】

 

皮肉

皆見たちの前にやってきた仁科は皆実ではなくベロニカに対して挨拶をする。

皆見は、昨日起きたことはすべて聞いているからと、仁科と話すことはないと言って突き放した。

 

続いて仁科は、皆見たちと一緒にいた大友に挨拶をする。

そして、カルロがリュカを見捨てたおかげで自分は現世に転生することができたと皮肉ったっぷりに礼を言って去っていった。

 

リュカが転生してしまったことについて責任を感じている大友。

皆見と瀬々は、それは魔法を使った自分のせいだと大友をフォローした。

 

瀬々の告白

仁科が去った後、皆見たちの前に高尾がやってくる。

ここで瀬々は、自分がユージンであることを瀬々に告白する。

 

高尾は特に驚いた様子もなく、自分のするべきことは変わらないと告げた。

 

その言葉を聞いた瀬々は、リダに対する手を焼いていたであろうという前世での想いが、味方である今は心強いと感じる。

 

槇からの電話

皆見が瀬々に禁呪について詳しく聞きたいから改めて話をするという約束をしたところで、槇から電話がかかってくる。

 

皆見と高尾が資材室に行くと、そこには槇以外に榎本の姿があった。

槇は榎本から仲介役を頼まれたと言い、榎本の話を聞いてやってほしいと言う。

 

 

ここで榎本は、自分がスパイだったことを告白。

皆見は、前世のしがらみによって平穏を乱したくないことが望みだと言い、新しい情報をもたらしてくれることはありがたいことだと言う。

 

それを聞いてひと安心した榎本は、スパイ活動の内容を話し出した。

その中で最後に話したのが「鍵」についてのこと。

 

榎本は、ベロニカの部屋のチェストの隠し空間にカギを隠していたのを覚えていないか?と皆見に訊いた。

その質問によって、皆実は以前思い出しかけた教会の紋章が彫られた銀のカギのことを思い出す。

 

そのカギは懺悔室の中にある隠し扉を開けるためのもの。

つまりは地下へと続くカギのことだった。

 

コーデリアの最後の使命

ここで榎本が、コーデリアが受けた最後の使命について話し出す。

襲撃の日の朝、コーデリアはそのカギを密かに奪ってモースヴィーグの実行部隊に渡す役目があったのだと。

 

 

皆見は当時のことを思い出す。

ベロニカは毎朝晩、そのカギがチェストにあることを確認していた。

もちろん襲撃の日の朝も鍵があったことを確認している。

 

ただ、わずかにチェストの中身が動かされた形跡があることに気付いた。

そこでベロニカは、慌てて服を着替えて部屋を飛び出すことに。

 

コーデリアの真意

部屋を出たベロニカに話しかけるリダ。

ベロニカは、城内で起きたいつもと違うことをどんな些細なことでもいいから教えてほしいとリダに言う。

 

リダは、先ほどユージンとすれ違ったことを話した。

そして、普段は臣下と目を合わせることがないユージンとほんの一瞬目が合ったことを告げる。

 

 

それを聞いたベロニカは何かを感じ取り、戦闘の心構えをするようにとリダに言った…

 

 

その光景から皆実が感じたこと。

それは、どうしてコーデリアはカギを奪わずにベロニカに警戒をさせるような痕跡を残したのか?ということ。

 

 

榎本はコーデリアの真意を伝える。

コーデリアはゼレストリアに寝返る気はなかった。

ただ、リュカの邪魔はしたかったのだと。

スポンサーリンク



『ボクラノキセキ』の最新話を含むコミックゼロサムを無料で読む!

ボクラノキセキ【最新第106話】のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXT という動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「コミックゼロサム最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

 

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

 

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

ボクラノキセキ【最新第106話】の感想

前回の引きから考えると、仁科が何を言い出すのか不安でしたが、特に問題が起きなくて一安心です。

ただ、仁科の大友に対する言葉を聞いていると、リュカは自分を見捨てたカルロのことを相当恨んでいるように思えます。

これから大友に何かあるようであれば、真っ先に仁科を疑ってしまいそうです。

 

そして、今回のお話で分かったコーデリアの真意。

コーデリアは別にベロニカのために警告めいた形跡を残していたわけではないとのことなので、ベロニカの完全な仲間ではないことが判明しました。

 

また、今回のことからもコーデリアはリュカに対して相当強い恨みを持っているようにも感じます。

もしかすると、榎本は皆見たちを利用して仁科を襲撃する機会をうかがっているのかもしれません。

 

次号では、コーデリアのリュカに対する思いが何なのか分かりそうな予感です!

まとめ

ということで、

この記事では2020年12月28日発売の『コミックゼロサム2021年2月号』に掲載されたボクラノキセキ【最新第106話】のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 大友に対して、リュカが転生できたのはリュカを見捨てたカルロのおかげだと皮肉を言う仁科。
  • 榎本はコーデリアがスパイだったことを皆見に告白。
  • コーデリアの行動に対する皆実の疑問。
  • コーデリアはゼレストリアに寝返る気はなかったが、リュカの邪魔はしたかった。

という内容でした。

 

コーデリアのリュカに対する思いが気になりますね。

次回も楽しみです!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

無料お試し登録で600円分のポイントがもらえます!
スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告