ボクラノキセキ【最新第113話】のネタバレと感想!

この記事では、2021年7月28日発売の『コミックゼロサム2021年9月号』に掲載されたボクラノキセキ【最新第113話】のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • 皆見に隠し事をするのはいったん保留。
  • 教会は秘密裏にベロニカ以外に禁呪の儀式を受けられる資格を持ったゼレストリア王女を作り出している?
  • ベロニカの代わりとなる王女も現世に転生しており、仁科はその人物を知っている?
  • 仁科が広木のところにやって来て、グレンに合わせてほしいと言った。

という内容でしたね。

 

 

 

 

広木のもとに突然現れた仁科。

いったい何がねらいなのでしょうか?

 

この漫画を絵付きでしっかりと読みたい方は、U-NEXTという動画配信サービスの初回無料特典を利用すると今すぐ無料で読むことができますよ。

無料お試し登録で600円分のポイントがもらえます!

 

それでは『ボクラノキセキ』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

ボクラノキセキ【最新第113話】のネタバレ

ボクラノキセキ【最新第113話】の内容を簡単にまとめると、

  • 大友は、前世で神官だったメンバーに瀬々がユージンであることを告げる。
  • エヴァンは、ドルゲルクとソーントンと組んで禁呪の秘石を奪おうと考えていた。
  • ドルゲルクとソーントンは、エヴァンを利用して手に入れた秘跡を持ってアルダラスへ行くつもりだった。
  • 協会はドルゲルクとソーントンの計画に協力していた。
  • リュカがグレンを殺そうとしていたのは、あくまでもビジネスだと言う仁科。
  • 仁科に広木の正体がばれてしまう。

というような感じです。

 

以下で詳しくお伝えしています。

スポンサーリンク



仁科のねらいは?

「グレンは邪魔だ」

仁科が以前、七浦に言ったこの言葉。

 

仁科は、その言葉の意味が兄弟として気にならないか?と、広木に言う。

それを聞いた広木は、仁科をグレンに合わせる気はないが、その言葉の意味は話してもらうと返した。

 

そこへ、元々広木と待ち合わせをしていた元井が現れる。

仁科は、バルトにも無関係な話でもないと言い、2人にその真意を話すことにした…

 

リュカの任務ついての再確認

大友は、前世で神官だったメンバーに瀬々がユージンであることを告げる。

そしてこれは、リュカへの対策を考えるためには神官の力が必要だと考えた瀬々からの要望だった。

 

事情を知ったメンバーたち。

ここで山田が、リュカの任務についてみんなの前でまとめる。

 

 

リュカは、表向きにはベロニカとユージンの結婚式のために教皇庁から派遣された補佐役。

だが、実際はモースヴィーグがゼレストリアから禁呪を奪うための実行役だ。

 

また、リュカと同じく実行役を務めるユージンとは、ユージンが命令に背くまでは協力関係にあった。

 

王太子であるエヴァンがゼレストリアから禁呪を強奪しようと考えたのは、ゼレストリアが禁呪の使用を拒んだためと考える大友。

 

帝国アルダラスとの戦いにおいて最前線に立たされていたモースヴィーグ。

山田もモースヴィーグとゼレストリアで戦いの進め方に食い違いが出たのでは?と推測する。

 

エヴァンの描いたシナリオ

その頃、仁科も禁呪の取り扱いのことについて広木たちに説明していた。

 

エヴァンの描いていたシナリオは、

ゼレストリアの王太子であるアロイスと王女・ベロニカが禁呪を独占して使おうとしている。

それに反発したドルゲルクとソーントンの参謀2人は、エヴァンと組んで禁呪の秘石を保護するというもの。

 

そして、悪のゼレストリアを成敗することによって、エヴァンこそが禁呪を正しく使えるのだと主張するつもりだったのだ。

 

さらに明かされる事実

仁科は続けて、ゼレストリアがアルダラスの属国になろうとしていたことを明かす。

初めて聞いた情報に驚きを隠せない広木と元井。

 

さらに仁科は、ゼレストリアの第二王子・ロランと王太子アロイスが王位継承のことでもめていたことについて話し出す。

年も若く未成熟なアロイスに権力を持たせ、それを裏で操ろうと考えていた参謀のドルゲルクとソーントン。

ロランは、そんなアロイスとベロニカを守ろうと考え、自分が王位につこうとしていたのだ。

 

結果的にドルゲルクとソーントンはエヴァンにつくことに。

しかし、2人にとってはそれも踏み台だったと話す仁科。

 

なんと、2人の最終目標は禁呪の秘石を手土産にアルダラスへと渡るつもりだったのだ。

そして、そのシナリオに協力していたのが教会だったと仁科は言う。

 

また、ドルゲルクとソーントンはモースヴィーグから離れるためのシナリオも考えていた。

それは、ゼレストリアの城への襲撃はエヴァンの独断で下されたこと。

そして、その襲撃によってドルゲルクは愛する弟・グレンとバルトを失ったというものだった。

 

リュカがグレンを殺そうとした理由

真相を知った広木は、心底呆れている様子。

仁科の話はさらに続く。

 

仁科は、リュカがグレンを殺そうとした理由は先ほど話した内容とは別枠だと話し出す。

 

ソーントンは、アリファルド家の息子・リオーグが事故で亡くなってしまったため、グレンを後継ぎにしようと戸籍上認知した。

そして、これこそがグレンがアリファルド家の魔法を使えるからくりだ。

また、グレンが悪に仕立て上げられたベロニカに染まっていないことを証明するために、グレンがモースヴィーグの内通者であると嘘の情報を流したのもソーントンだった。

 

しかし、ドルゲルクがソーントンに手をかけたことによって、その小細工は全て無駄に終わることに。

それを見ていたリュカは、ドルゲルクに殺人の隠ぺいを命令する。

 

その後、ドルゲルクについて調べたリュカは、ドルゲルクがグレンとその母親に対してひどい扱いをしていたことを知る。

仁科は、ドルゲルクがグレンに復讐されるのことを恐れているように見えたと言った。

 

話を終えて席を立とうとする仁科。

しかし、仁科は肝心のリュカがグレンを殺そうとした理由を話してはいない。

 

それを訊かれた仁科は、リュカの次の任務の場所がアルダラスであったため、ドルゲルクに恩を売っておくのも悪くないかと思い、グレン殺害の依頼を受けたのだと話す。

そして、その行為に私怨などはなく、あくまでもビジネスの関係だったことを告げた。

 

広木の正体がバレた?

全てを話し終えた仁科は、グレンのことを邪魔だと言ったのはあくまでもただの愚痴だと言い、現世でグレンを襲う気など全くないと言う。

そして、このことをしっかりとグレンに伝えてほしいと言った。

 

そんな時、仁科がいきなりグレンにしか伝わらない話をする。

その言葉に驚きを隠せない広木。

 

どうやら仁科は広木に対してカマをかけたようだ。

これにより、広木がグレンであることが仁科にばれてしまう。

スポンサーリンク



『ボクラノキセキ』の最新話を含むコミックゼロサムを無料で読む!

今回紹介したボクラノキセキ【最新第113話】のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXT という動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「コミックゼロサム最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

 

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

 

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

 

U-NEXTに登録済みの方はこちらもオススメ!

過去にU-NEXTのお試しをしたことがあるという方にはコミック.jpがオススメです。

こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービス。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、現在は特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
これだけあれば『コミックゼロサム』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『コミックゼロサム』の最新号を読む!

2021年2月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

ボクラノキセキ【最新第113話】の感想

「グレンは邪魔だ」と言った言葉の意味。

これが仁科の単なる愚痴だとは到底思えません。

仁科は精霊に監視されているため、もしかするとまだ何か裏があるのかもしれませんね。

 

また、監視と言えば、仁科は「いきなり攻撃してこないように」という言葉を強調していましたが、これは確実に何かを伝えようとしているように見えます。

もしかすると、仁科にいきなり襲いかかると自動的に何かが起こってしまうのかもしれません。

 

そう考えると、最後の方で元井が広木に近づこうとする仁科を止めようとした時に仁科の様子が変わったことにも説明がつくような気がします。

そこから、いきなりグレンしか知らない情報を話し出した仁科。

これは明らかに人格が変わったようにも見えます。

もしかするとこれこそが精霊が現れるスイッチのようなものなのかもしれませんね。

 

そして、とうとう広木の正体が仁科にばれてしまいました。

いや、というよりも憶測が確信に変わったと言うべきでしょうか。

 

このことによって広木の身に危険が迫らないかが心配です。

まとめ

ということで、

この記事では2021年7月28日発売の『コミックゼロサム2021年9月号』に掲載されたボクラノキセキ【最新第113話】のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 大友は、前世で神官だったメンバーに瀬々がユージンであることを告げる。
  • エヴァンは、ドルゲルクとソーントンと組んで禁呪の秘石を奪おうと考えていた。
  • ドルゲルクとソーントンは、エヴァンを利用して手に入れた秘跡を持ってアルダラスへ行くつもりだった。
  • 協会はドルゲルクとソーントンの計画に協力していた。
  • リュカがグレンを殺そうとしていたのは、あくまでもビジネスだと言う仁科。
  • 仁科に広木の正体がばれてしまう。

という内容でした。

 

広木の正体を知った仁科が、これからどんな行動に出るのか気になって仕方がありません!

次回が待ち遠しいですね。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

無料お試し登録で600円分のポイントがもらえます!
スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告