ボクラノキセキ【最新第114話】のネタバレと感想!

この記事では、2021年8月27日発売の『コミックゼロサム2021年10月号』に掲載されたボクラノキセキ【最新第114話】のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • 大友は、前世で神官だったメンバーに瀬々がユージンであることを告げる。
  • エヴァンは、ドルゲルクとソーントンと組んで禁呪の秘石を奪おうと考えていた。
  • ドルゲルクとソーントンは、エヴァンを利用して手に入れた秘跡を持ってアルダラスへ行くつもりだった。
  • 協会はドルゲルクとソーントンの計画に協力していた。
  • リュカがグレンを殺そうとしていたのは、あくまでもビジネスだと言う仁科。
  • 仁科に広木の正体がばれてしまう。

という内容でしたね。

 

 

 

 

とうとうばれてしまった広木の正体。

仁科のこれからの出方が気になります!

 

この漫画を絵付きでしっかりと読みたい方は、U-NEXTという動画配信サービスの初回無料特典を利用すると今すぐ無料で読むことができますよ。

無料お試し登録で600円分のポイントがもらえます!

 

それでは『ボクラノキセキ』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

ボクラノキセキ【最新第114話】のネタバレ

ボクラノキセキ【最新第114話】の内容を簡単にまとめると、

  • 幼い頃のグレンとリュカは貧民街で出会っていた。
  • 神官たちはリュカが母方の実家で暮らしていたと言っていたが、広木の話ではリュカは長い間貧民街にいた様子。
  • 渡辺からの「目黒は信用できるのか?」という思わぬ一言。

というような感じです。

 

詳しい内容は以下でお伝えしています。

スポンサーリンク



仁科は広木の正体をいつから知っていた?

仁科は広木がグレンだと知っていたわけではなく、カマをかけただけだという。

ここで広木は、貧民街にいた子供と城にいたグレンが同一人物だといつから気付いていたのか?と問いただした。

 

仁科は、貧民街にいた子供が母親からグレンと呼ばれていたこと、城で幽霊騒ぎがあった時にグレンが貧民街にいたことがあるようなことを口にした時にピンと来たのだと答える。

そして、ソーントンの死後にいろいろと調べていて確信を持ったのだそうだ。

 

その答えを聞いた広木は、自分はあの時の子供がリュカだとは気づきもしなかったと言う。

 

仁科の出自

大友たち神官は、リュカについての話し合いを続けている。

 

神官たちの間では、リュカは生まれた時に身体が弱く、保養のために母方の実家のあるフェルベルンへ移り住み、10歳ごろまでそこで暮らしていたということになっている。

また、リュカはフェルベルンの教会で神官の適性を見出され、教皇庁へ戻り修行をこなしていったらしい。

そして、教皇庁の期待のホープの1人にまでのぼり詰めたのだった。

 

そこから考えれば、リュカが教皇庁に従順な態度を示すのは特におかしいことではないことのように思えた。

 

忘れたことはなかった

続けて広木は、あの子供のことを忘れたことはなかったと言う。

幼いグレンは、母親と共に家から追い出され、貧民街へと追いやられた。

そこで出会ったのが幼い頃のリュカだった。

 

まだまだ子供だったグレンは、父親の威厳にすがり、自分たちを追い出した兄たちに怒りを覚えていた。

リュカはそれに対して、グレン自身が強く偉いわけではないと言い返す。

 

グレンはその時の出来事をきっかけに、父親の威厳にすがることをやめ、もしあのままではいろんなことに耐えることは出来なかったと話した。

ここで広木は、なぜそのことを前世で話してくれなかったのか?と仁科に訊いた。

 

仁科は、自分が貧民街にいたことを言えない事情があったのだと話す。

 

仁科の挑発

元井は、広木がグレンだということは誰にも話さないようにと念を押す。

ここで広木は、リュカがベロニカとグレンが恋仲だとユージンに吹き込んだことで迷惑したことを話した。

 

それに対し仁科は、ユージンを追い詰めるためならば真偽のほどはどうでも良かったと言う。

なぜならリュカは、当日のユージンの様子から禁呪の使用をためらっているように見えたからだそうだ。

しかし、実際はだまされたのは自分の方だったと言う。

なぜならあの時、自分の目的を完遂できたのはユージンただ1人だったから。

 

ここで仁科は、ユージンがグレンの宿敵だったことを忘れていないか?と訊いてきた。

そして、なれ合いの同級生ごっこをしている場合ではないと言い、グレンの怒りはその程度かと広木を挑発してくる。

 

しかし広木は、これが仁科の挑発だということを察知し、平静を装った。

仁科は別れの挨拶をして去っていく。

 

仁科が去った後も、広木は必至に怒りを抑えている。

ここで元井は、皆実からのメールの内容を思い出し、これも仁科がわざとやっているのかもしれないという思いがよぎるのだった。

 

グレンとの出会い

元井は、リュカはずっと貧民街にいたのか?と広木に訊いた。

広木は、グレンの記憶では、幼いリュカの身なりからして貧民街に長く住んでいたように思えると答える。

 

帰り道を歩く仁科は、広木に言われた言葉を思い出しながら、あの場所でグレンと出会ったことによって、自分の運命も大きく変わったと呟いた…

 

思わぬ一言

皆見と高尾、渡辺は瀬々の家へと向かう。

その道の途中、皆実は体育館でのアリバイ調査の話を渡辺に話した。

その結果、菊池は上岡襲撃事件の犯人からは除外される。

 

また、目黒の話では仁科に関しての確証はないらしい。

ここで渡辺は、目黒は瀬々がユージンであることはまだ知らないのか?と皆見に訊いた。

皆見は、まだ知らないと答え、目黒に明かすことに対しては別に問題はないという。

 

ここで渡辺は、目黒は信用できるのか?と思わぬ言葉を発した…

スポンサーリンク



『ボクラノキセキ』の最新話を含むコミックゼロサムを無料で読む!

今回紹介したボクラノキセキ【最新第114話】のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXT という動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「コミックゼロサム最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

 

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

 

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

 

U-NEXTに登録済みの方はこちらもオススメ!

過去にU-NEXTのお試しをしたことがあるという方にはコミック.jpがオススメです。

こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービス。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、現在は特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
これだけあれば『コミックゼロサム』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『コミックゼロサム』の最新号を読む!

2021年2月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

ボクラノキセキ【最新第114話】の感想

今回も仁科(リュカ)に対していろいろな謎が出てきましたね。

 

まずはリュカの出自について。

大友たち神官の話では、リュカは幼い頃は母方の実家であるフェルベルンで育ったという話です。

しかし、実際には長い間貧民街で暮らしていた模様。

 

このあたりのことは、仁科が「自分が貧民街にいたことを言えない事情があった」という話からしてリュカが隠していたと思うのですが、問題はなぜリュカが貧民街で暮らすことになったのか?ということです。

たしか【第102話】で、母子が何者かに追われるという悪夢に仁科がうなされていましたが、このことがきっかけになったのかもしれません。

また、貧民街でのグレンとの出会いによって大きく変わったというリュカの運命についても気になるところです。

 

そして、仁科の広木に対する挑発の真意は一体何なのでしょうか?

あんなことを言うのは、やはりリュカのねらいはユージンにあるのかもしれません。

また、それがリュカ本人のねらいなのか精霊のねらいなのか、まだはっきりしないのでモヤモヤしてしまいます。

 

 

あとは渡辺が言った「目黒は信用できるのか?」という思いがけない一言について。

何だか瀬々がユージンであることを目黒がまだ知らないことに対して何か違和感を持ったようにも見えるのですが、いったい何だったのでしょう?

答えが気になります!

まとめ

ということで、

この記事では2021年8月27日発売の『コミックゼロサム2021年10月号』に掲載されたボクラノキセキ【最新第114話】のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 幼い頃のグレンとリュカは貧民街で出会っていた。
  • 神官たちはリュカが母方の実家で暮らしていたと言っていたが、広木の話ではリュカは長い間貧民街にいた様子。
  • 渡辺からの「目黒は信用できるのか?」という思わぬ一言。

という内容でした。

 

リュカの出自や言動も気になりますが、最後の渡辺の一言もかなり気になります。

続きが待ち遠しいですね!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

無料お試し登録で600円分のポイントがもらえます!
スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告