フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス【最新第33話】試験 ネタバレと感想!

この記事では、2020年10月12日発売の『別冊少年チャンピオン2020年11月号』に掲載されたフルアヘッド!ココ ゼルヴァンス【最新第33話】試験のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • それぞれの想いと共に流れるゆっくりとした時間。
  • ゼルヴァンスは30日以内に何かしらの行動に出るつもり。
  • バーツとココは2人で戦いに向かう。

という内容でしたね。

 

 

 

バーツと共に飛空艇で飛び立ったココ。

その先に待つものとは一体!?

 

この漫画を今すぐに絵付きで読みたいという方は、コミック.jpの初回お試し登録を利用することによって今すぐ無料で読むことができます。
今すぐ無料で『別冊少年チャンピオン』を読む!
2021年2月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!

 

それでは『フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス【最新第33話】試験 ネタバレ

フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス【最新第33話】試験

 

向かえた朝

にぎやかな宴の次の日。

 

レイラとグラフが話をしている。

どうやらバーツたちは、ゼルヴァンスのクルーであるデイトのもとへと向かったようだ。

 

心配そうに見つめるレイラにグラフが言う。

自分たちはこの町でやるべきことがあるから、レイラに指揮をとってほしいと。

 

 

一方、飲みすぎた様子のバーツが目を覚ますと、ココが飛空艇のかじ取りをしている。

 

そして、飛空艇が地図の示す場所へとたどり着いた。

そこには、アルバのところへ行くときに見たのと同じような大きな石の扉が。

 

2人は扉な中へと入っていく…

 

扉の中は…

扉の中は分かれ道だらけ。

バーツは、その上に付けられた黒薔薇の紋章を頼りに進んでいく。

 

バーツいわく、黒薔薇の紋章はゼルヴァンスのもの。

その紋章に嘘をつかせれば、自身の価値を下げてしまうらしい。

 

紋章を頼りに進んでいくと、その先に光が見えた。

バーツたちが進むと、そこにはロープで結ばれた丸太が無数にぶら下がっている。

しかも下は床がなく、這い上がるのに50年はかかりそうなほどの深さの大穴が開いている。

 

よく見るとその先にも紋章は続いている。

2人は不安定な足場に飛び乗りながら渡っていく。

 

すると突然大きなトンボのような怪物がバーツたちを襲う。

2人は怪物を倒しながら先へと進んでいく。

 

だが、怪物たちの羽でロープが切り裂かれたせいでどんどん足場が減っている。

そんな中、あきらかに周りとは違うロープが一本ぶら下がっている。

 

バーツは罠だと言うが、ココは自分の勘を信じてそのロープに飛びつくことにした。

そして、ココはそのロープを上へと昇っていく。

 

ここでバーツが、怪物たちがココの方へはいかないことに気付いた。

ココは、上へ行くほど寒くなっていることから、この怪物たちは低温を嫌っているのだと気付いた。

 

 

 

寒さで手がかじかむ中、ココは必死にロープをのぼり、スイッチのようなものを見つけた。

ココがそのスイッチを押すと、天井の扉があき外が見えた。

 

すると、怪物たちがいっせいに温かい外へと向かって飛んでいく。

 

邪魔者がいなくなったことで、バーツたちは安全に不安定な足場を渡り切ることができた。

 

最終トラップ

ロープを渡り切ったその先には、黒薔薇の紋章がと扉が。

しかしその扉は閉まり始めているうえ、床も崩れだしてきている。

 

2人は扉に向かって必死に走る。

だが、途中の分かれ道の先には幼い子供が入れられた檻があった。

 

結局バーツたちは扉ではなく檻の方へと走っていた。

しかもその檻の中の子供はただの人形。

 

2人はだまされると分かっていてもこちらを選んだのだった。

 

試験の結果

バーツたちの上の方から声が聞こえる。

その人物はバーツたちが探していたデイトだった。

 

デイトはバーツたちを認めてやると言う。

ここまでの道のりは、デイトとアルバが2人の海賊としての資質を見極めるための試験だったのだ。

 

デイトはバーツたちを気に入り、最高の船をくれてやると言う。

そして、バーツたちと共にゼルヴァンスに歯向かう仲間はどれくらいいるのか?と訊く。

 

バーツは、この世界の住人全員を味方につけてやると答えた。

 

最終決戦の予感

葉木族の町長になにかを渡すグラフ。

 

それを見た町長は、人間達の知識で地下世界を守ることができるかもしれないと、町の者たちに言う。

レイラは大勢の前でゼルヴァンスを討つ!と、戦いののろしを上げる。

 

町の者たちもそれに賛同した。

スポンサーリンク



『フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス』を含む「別冊少年チャンピオン」最新号を無料で読む

フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス【最新第33話】試験 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、2021年2月1日の18時までは特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
これだけあれば『別冊少年チャンピオン』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『別冊少年チャンピオン』の最新号を読む!

2021年2月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!

フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス【最新第33話】の感想

久しぶりの2人旅に出たバーツとココ。

トラップの前では、お互い張り合いながらもどこか楽しんでいるのが伝わってきます。

 

また、ココの手がかじかんで落ちそうになっている時、場面が切り替わってドルファン親子の思い出話になるのですが、その話がココとバーツにうまくリンクしていて、やっぱり米原先生は話の作り方が上手いなぁと感心しました。

 

アルバが2人のことを親子か?と聞いてきた気持ちも良く分かります。

 

 

それにしてもデイトはなぜバーツたちを試すようなことをしたのでしょうか?

実はデイトとアルバは、すでにゼルヴァンスのことを見限っていて、自分たちと同じような海賊に後を託したいと思っているのかもしれませんね。

 

そしてゼルヴァンスを討つために立ち上がった町の人たち。

グラフが渡したものは町長を納得させるほどの情報だったのでしょうが、それが何なのか気になりますね。

 

まとめ

ということで、

この記事では、2020年10月12日発売の『別冊少年チャンピオン2020年月11月号』に掲載されたフルアヘッド!ココ ゼルヴァンス【最新第33話】試験のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • デイトの試験に無事合格したバーツとココ。
  • デイトはバーツたちに最高の船をくれると言った。
  • ゼルヴァンスとの決戦の時が迫る。

という内容でした。

 

ゼルヴァンスのクルーにも認めらたバーツとココ。

そして2人の絆もいっそう強くなったことでしょう。

 

ここからは最終決戦の予感。

次回が待ち遠しいです!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

この漫画を今すぐに絵付きで読みたいという方は、コミック.jpの初回お試し登録を利用することによって今すぐ無料で読むことができます。
今すぐ無料で『別冊少年チャンピオン』を読む!
2021年2月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
スポンサーリンク