ダークギャザリング【第3話】鬼子母神のいた心霊スポットはどこ?

こんにちは。

『ダークギャザリング』の第3話に登場した鬼子母神がかなり強敵でしたね。

 

今回はそんな鬼子母神が出現した心霊スポットがどこなのかを調べてみました。

 

スポンサーリンク

『ダークギャザリング』第3話のあらすじ

まずは『ダークギャザリング』第3話のおさらいから。

 

夜宵の部屋を見せられた螢多朗はかなり動揺しています。

次の日、夜宵のことが何も分からないまま、螢多朗は今日も家庭教師として夜宵のところに行きました。

 

そんな螢多朗に対して、「爪をちょうだい」としつこく言い寄る夜宵。

その状況を見ていた詠子は、今から心霊スポットに行こうと言い出します。

 

しかし螢多朗は、今回ばかりは絶対に嫌だと言って帰ってしまいました。

 

その言葉に何も言えない詠子。

夜宵は、詠子に2人だけで行こうと言います。

 

そして2人が向かったのはH市の西側に位置する、とある宗教施設。

そこにある廃寺では、怨霊となった鬼子母神が出ると噂されるのでした…

 

『ダークギャザリング』鬼子母神がいた心霊スポットはどこ?

今回の舞台はH市にある宗教施設とのことでした。

 

その他のヒントとしては

  • 水子供養の廃寺
  • 無数の地蔵
  • 鬼子母神が出る

というものがありました。

 

これまで調査してきたところ、都内では八王子市に心霊スポットが多いことから、今回のH市も八王子市の可能性が高そうです。

 

そこで今回は「八王子 宗教施設 心霊スポット」で検索してみたところ、

 

真の道(まことのみち)という宗教法人の廃墟となった施設を見つけました。

 

 

第3話の17ページ目の画像と比べても全く同じです。

※漫画内の画像は著作権の関係で載せることができませんのでご自身で見比べてみてください。

 

こちらでは水子を供養するために、約300体ほどの水子地蔵をびっしりと並べて祀っているみたいです。

あと、画像を見つけることは出来ませんでしたが、この先には赤ん坊を抱いた母の像があるとのことです。

これらの情報も漫画内のものと一致していますね。

 

以上のことから、『ダークギャザリング』の第3話で鬼子母神がいた場所は八王子市にある廃虚となった”真の道”の宗教施設だということが判明しました!

 

 

真の道 基本情報
場所 東京都 八王子市裏高尾町
最寄り駅 高尾山口駅
アクセス 国道20号線でJR「高尾駅」を越えた後、「西浅川」の交差点から都道51号線へ。

山道を走り突き当たったところが入り口。

 

 


ちなみに入り口から続く長い階段には、”真の道”の考える人の煩悩の数や罪の数であったりするらしく、それを踏みしめて上り下りをしなければいけないという教えがあるようです。

 

ただ、この施設はすでに閉鎖されており、鳥居を抜けたフェンスの先には行くことができなくなっているうえ、無数の水子地蔵もすべて撤去されているとのことです。

 

その理由ははっきりしていませんが、こちらの場所が心霊スポットとして有名になり多くの人がやってきたせいで、加入者たちの心が休まらなかったことが原因だったのかもしれません。

 

心霊スポット”真の道”のいわく

次に”真の道”でのいわくについて調べてみました。

 

こちらでは、

  • 子どもの霊が出る
  • ここに訪れた女性は気分が悪くなる。(頭痛や肩の重みなど)
  • 帰り道で子供が走る足音が聞こえる。
  • 車に子供の手形が付いた。
  • この地には昔防空壕があり、その中の人たちは飢餓と伝染病により全員亡くなった。
  • 階段で写真を撮ると白装束を着た人物の姿が映る。

などがありました。

 

やはり水子の供養をしていた施設だけあって、子供や女性に関するいわくがほとんどですね。

もしかすると水子を供養しているという事前情報からの先入観から、そういった子供に関する霊だとの思い込みの可能性もないとは言えなさそうです。

 

また、白装束の人物が写真に写りこむといういわくですが、この施設を造った宗教団体・真の道では、白装束で滝に打たれる修行をしていることが、真の道の公式サイトで紹介されていました

なので最後のいわくについては、修行をしていた方がたまたま映り込んでしまった可能性もありそうです。

 

 

いわくが嘘か本当かは別として、水子の霊が供養されていたのは間違いないので、面白半分で遊びに行くような場所ではないように思えます。

 

まとめ

ということで今回は

『ダークギャザリング』の第3話で鬼子母神がいた心霊スポットにいついて調べてみました。

 

第3話の戦いの舞台となったH市にある宗教施設とは、八王子市にある宗教団体・真の道(まことのみち)によって造られた水子を供養する場所だと分かりました。

また、こちらの施設はすでに閉鎖されており、漫画内に出てくる無数の水子地蔵や鬼子母神像も別の場所へと移されたようです。

 

ですが、水子の霊が供養されていたのは間違いないので、面白半分で遊びに行くような場所ではないと思います。

それでもこの場所に行ってみたいという方は、あくまでも自己責任でお願いします。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございましたっ!

スポンサーリンク