ダークギャザリング【最新第15話】H城址③呪物 ネタバレと感想!

この記事では、2020年5月2日に発売の『ジャンプスクエア2020年6月号』で掲載されたダークギャザリング【最新第15話】H城址③呪物のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • 首を吊った夜宵は偽物だった。
  • 夜宵は、老婆の霊を捕らえ、螢多朗のもとに。
  • 夜宵たちとH城址の霊との戦い。
  • 夜宵は、手に入れたばかりの卒業生・邪経文大僧正を開放する。
  • 邪経文大僧正の力によって、H城址の霊をゲット。
  • しかし、邪経文大僧正は夜宵たちに牙を向ける。

という内容でしたね。

 

 

 

今回はどんな展開になるのでしょうか?

それでは『ダークギャザリング』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

ダークギャザリング【最新第15話】H城址③呪物 ネタバレ

ダークギャザリング【最新第15話】H城址③呪物

 

敵を倒したと思ったら、こちら側に牙を向いた邪経文大僧正。

呪いの経文は、螢多朗の口を通して唱えられ、防音対策も意味がなかった。

 

夜宵は螢多朗の口の中に手を突っ込み、嘔吐反射を利用して螢多朗をしゃべれなくする。

それと同時に、霊的攻撃で螢多朗の意識を刈り取る。

 

その攻撃は、螢多朗の身代わりのぬいぐるみを通して邪経文大僧正に跳ね返る。

邪経文大僧正は意識を失い、何とか動きは止まった。

 

夜宵と螢多朗は、今のうちに邪経文大僧正の封印に取り掛かる。

呪いの経文の効果を考えると、螢多朗たちに残されたタイムリミットは20秒。

 

夜宵が邪経文大僧正を攻撃して時間を稼ぐ間、螢多朗が封印の作業を行う。

 

 

タイムリミットぎりぎりのところで、何とか邪経文大僧正の封印に成功。

夜宵は、先ほど捕らえたH城址の霊を封じ込めた人形に目を向けた。

 

すると、人形から滝へとつながる妙なオーラを見つける。

 

 

夜宵と螢多朗は、先ほどの滝へ戻り、オーラの先を確認した。

夜宵はそこで、何かを封じた木箱を発見する。

 

 

箱の中にはミイラの左手が入っていた。

それを見た夜宵は、呪物とつぶやいた。

 

 

すると、H城址の霊が姿を現し、憎しみに満ちた表情を浮かべる。

夜宵が呪物と霊をつないでいるオーラを切ると、霊の表情が変わった。

 

 

夜宵は、H城址の霊が元々悪霊ではないことに気付く。

すべてはこの呪物のせいだったのだ。

 

 

夜宵は、この呪物が何者かによって意図的に置かれたことを悟る。

そして、同じことが起きないよう、H城址の霊を別の場所に安置することにした。

 

 

夜宵は、今回のことで螢多朗に助けられたことを感謝する。

螢多朗は、照れ笑いしながら、こちらこそありがとうと返した。

 

夜宵は、お化け集めをやめたくなったか?と、螢多朗に尋ねる。

螢多朗は、正直怖いが、夜宵を失うよりはマシだと答えた。

 

 

 

日が登り始め、家に帰ろうとする螢多朗と夜宵。

帰り道には、H城址の霊が待っていた。

 

H城址の霊は、助けられたことは忘れないと言い、困ったら呼んでと言って、夜宵にたすきを渡した。

 

 

 

翌日の正午数ぎ、事情を知った詠子は、のけ者にされたといじける。

そこで夜宵は、和解の意を込めてもっと怖いところに行きたくないか?と詠子に言った。

 

嬉しそうな詠子が次の行先を問う。

次の目的地は、東京都青梅市にある『旧Fトンネル』、危険度ランクはまたもやSだ。

 

 

 

2人きりになった螢多朗と詠子。

 

螢多朗からH城址についての感想を聞いた詠子は、楽しめたようだねと言う。

続けて、螢多朗はオカルトに惹かれ始めていると言い出す。

そして、ずっとそばにいるから怯えなくていいと、螢多朗を抱きしめた。

 

螢多朗は、詠子の絡みつく言葉と指先を振り払うことができなかった。

 

 

 

 

数時間後のH城址。

ここで呪物が無くなっていることを確認する2人の人物が。

スポンサーリンク



『ダークギャザリング』の最新話が載っている「ジャンプSQ」を今すぐ無料で読む

ダークギャザリング【最新第15話】H城址③呪物 のネタバレはどうでしたか?

 

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXTという動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「ジャンプSQ最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

ダークギャザリング【最新第15話】の感想

こちらに襲いかかってきた邪経文大僧正を何とか封印することに成功。

前回、夜宵がどんな手を使って邪経文大僧正を止めるのか気になっていましたが、かなりの荒業でしたね。

 

そして、H城址の霊を悪霊にした「呪物」という存在。

最後に出てきた2人の人物ですが、そのうちの1人のミイラみたいなおじいさんの右手が描かれてないんですよね。

でも、呪物は左手。

これは何か関係があるんでしょうか?

これからの展開が気になります。

 

 

で、またしても現れた不気味な雰囲気の詠子。

以前もありましたが、螢多朗のことを嬉しそうにオカルトの世界に引き込もうとする詠子、ほんと怖すぎです!

まとめ

ということで、

この記事では、2020年5月2日に発売の『ジャンプスクエア2020年6月号』で掲載されたダークギャザリング【最新第15話】H城址③呪物のネタバレと感想を紹介しました。
今回のお話を簡単にまとめると、

  • 螢多朗と夜宵は、邪経文大僧正を何とか封印した。
  • H城址の霊は、何者かが置いた呪物によって悪霊化していた。
  • 次の目的地は、東京都青梅市にある『旧Fトンネル』、危険度ランクはS。
  • 数時間後、呪物が無くなっていることを確認する2人の人物。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク