ダーウィンズゲーム【最新第101話】のネタバレと感想!

この記事では、2021年10月12日発売の『別冊少年チャンピオン2021年11月号』に掲載されたダーウィンズゲーム【最新第101話】のネタバレと感想をまとめています。

 

 

前回のお話は、

  • イザヤが墓を建てたのは、ゲームマスターではなく1人の人間としてのけじめ。
  • カナメたちのいる世界線の王がエミュレーターに手を付けられた様子はなかった。
  • カナメは決意を新たに、先へと進む。

という内容でしたね。

 

 

 

グリードたちとの決戦間近!

今回はどんな展開になるのでしょうか?

 

この漫画を今すぐに絵付きで読みたいという方は、コミック.jpの初回お試し登録を利用することによって今すぐ無料で読むことができます。

 

今すぐ無料で『別冊少年チャンピオン』の最新号を読む!

現在1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!

※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

 

 

それでは『ダーウィンズゲーム』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

ダーウィンズゲーム【最新第101話】ネタバレ

ダーウィンズゲーム【最新第101話】を簡単にまとめると、

  • カナメたちが目指す地点は、世界線が極めて不安定な状態。
  • セイゲンの予言した大きな地震の後、カナメたちの前にグリードが出現。
  • カナメたちとグリードの戦いが始まる。

という感じです。

 

詳しくは以下でお伝えしています。

スポンサーリンク



黒い立方体

軍とグリードたちの戦いを偵察するオージ。

オージが見たところ、軍はグリードたちとの市街戦でかなり苦戦している様子。

 

続いてオージは、カナメたちが目指す目標地点に向かうことにする。

その途中、この辺りにグリードの姿はなく、オージは陽動作戦が成功しているのかも?と感じた。

 

そして、オージが目標地点に到着。

するとそこには、黒く大きな立方体が。

オージがその立方体に触れた瞬間、オージのシギル体は強くはじかれてしまった。

 

オージの報告を聞いたイザヤは、その立方体はこの世界とは別の世界戦だろうと話す。

そして、立方体近辺の世界戦は極めて不安定であり、このままだと世界が滅んでしまうかもしれないと言った…

 

セイゲンの話

場面は少し前に変わって、カナメたちが倒壊打通作戦のキャンプに到着したところへ戻る。

 

セイゲンは車の中で、今回の作戦について話し出す。

セイゲンの考えた作戦とは、軍は偽のおとりであり、真のおとりはゲームマスターである至道イザヤ。

そして、誘い出したグリードの主戦力をせん滅することだ。

 

グリードの裏の裏をかく、これこそがセイゲンが体験した世界線での出来事を考慮した作戦だった。

 

 

続けてセイゲンは、これから襲って来るであろうグリードの主戦力について話し出した。

セイゲンが確認できているグリードの特別な個体は3体。

 

1人目は『ウィッチ』と呼ばれる個体で、飛行型グリードを操ることができる。

他にシギルを持っているかは不明だが、極めて統率力に優れているらしい。

また、ウィッチにはこれといった弱点は無く、単純に火力で応戦するしかないそうだ。

 

2人目は巨漢の姿を持つ『タワー』。

タワーは手に触れた個体を自在に変形させるシギルを持ち、そのシギルは遠距離でも効果を発揮する。

セイゲンは、この敵の対処は自分にまかせてほしいと言った。

 

そして、最大の敵は3人目の『エミュレーター』。

姿を自在に変えて複数のシギルを操ることができる。

セイゲンいわく、この敵を押さえられるとすればカナメしかいないらしい。

 

グリードの出現

場面は現在に戻り、これからやってくる大地震に備えて広めの場所で待機するカナメたち。

 

セイゲンの素性を聞かされたゲームマスターは、セイゲンの言っていることがまだ信じ切れていない様子。

なぜなら、セイゲンが元々いた世界線は今の世界戦と非常に近く、自分に観測できないわけがなかったからだ。

 

それに対しセイゲンは、近すぎる世界線だったとしたらどうだろうか?とイザヤに問いかける。

イザヤは、それならなおさらあり得ないと答えた。

 

 

ここで、セイゲンの予言通り大きな地震が起こる。

地震が収まったところで、カナメたちはこの先にある市街でグリードたちを迎え撃つことに。

 

その時、エミュレーターが不意を突く形でイザヤに襲いかかってきた。

しかし、カナメの忠告を聞いていたイザヤは、エミュレーターにカウンターをくらわせる。

だが、エミュレーターを仕留めきるまでには至らなかった。

 

続けて、ウィッチとタワーもこの場に現れる。

ウィッチは飛行型グリードを多く従え、イザヤ狙いでこちらを攻撃。

これに対し、レインが自身のシギル・ラプラスを使って応戦する。

 

タワーも自身のシギルでイザヤを狙うが、これをセイゲンが自身のシギル・アザゼルではね返した。

 

 

そんな中、ビルの屋上でイザヤにやられた傷を回復しているエミュレーター。

エミュレーターには、カナメとオボロがコンビで襲いかかる。

スポンサーリンク



ダーウィンズゲームを含む「別冊少年チャンピオン」最新号を無料で読む

今回紹介した ダーウィンズゲーム【第101話】のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、現在は特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
これだけあれば『別冊少年チャンピオン』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『別冊少年チャンピオン』の最新号を読む!

現在1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

ダーウィンズゲーム【最新第101話】の感想

いよいよカナメたちとグリードとの戦いが始まりました!

出だしではカナメたちの方が優勢に見えましたが、これからどうなるかはまだまだ分かりません。

グリードたちがセイゲンの知らない隠し玉を持っていないことを祈るばかりです。

 

また、グリードたちのねらいは完全にイザヤの持つシギルのようです。

セイゲンいわく、イザヤは不意さえ突かれなければ力で負けることはないそうなので、そこだけは油断せずにいてほしいですね。

 

そして、セイゲンがイザヤに対して言った気になる言葉、「近すぎる世界線だったとしたら?」というのも気になりますね。

イザヤはあり得ないと言いますが、灯台下暗しという言葉もあるように、あまりに近すぎる世界線は逆に見えにくいのかもしれません。

このあたりの謎も早く知りたいところです。

まとめ

ということで、

この記事では、2021年10月12日発売の『別冊少年チャンピオン2021年月11月号』に掲載されたダーウィンズゲーム【最新第101話】のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • カナメたちが目指す地点は、世界線が極めて不安定な状態。
  • セイゲンの予言した大きな地震の後、カナメたちの前にグリードが出現。
  • カナメたちとグリードの戦いが始まる。

という内容でした。

 

とうとう始まったカナメたちとグリードとの戦い。

セイゲンの作戦通り、このままうまくいってくれればいいのですが…

 

続きが気になって仕方がありません!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

この漫画を今すぐに絵付きで読みたいという方は、コミック.jpの初回お試し登録を利用することによって今すぐ無料で読むことができます。

 

今すぐ無料で『別冊少年チャンピオン』の最新号を読む!

現在1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!

※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
スポンサーリンク