ダーウィンズゲーム【最新第78話】のネタバレと感想!

この記事では、2019年10月12日発売の別冊少年チャンピオン2019年11月号に掲載されたダーウィンズゲーム【最新第78話】のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • カナメは、一度もとの世界に戻してもらうという条件付きで、皇室護衛官の話を受ける。
  • おキクの死体が見つかる。
  • ウラジの元へ、強力な仲間がやってくる。
  • ククリに案内された場所には、マンモス型グリードの壁画が。

という内容でしたね。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『ダーウィンズゲーム』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

ダーウィンズゲーム【最新第78話】ネタバレ

ダーウィンズゲーム【最新第78話】

 

壁に描かれた絵を見たカナメは、この絵が千年も前のものということに驚く。

何故ならこの風景が自分たちが住んでいた東京そのものだったからだ。

カナメは、ここに描かれたマンモス型グリードの絵を見て、ドウメという化け物を連想した。

 

カナメは、ここに描かれていることが本当に起こるのかとククリに訊く。

ククリは、今までは予知が外れたことはないと返す。

そして、カナメたちをもといた世界に帰すことは可能だと言った。

しかし、準備に時間がかかるため、早くても3か月はかかるらしい。

 

カナメは、待つしかできないことにうなだれる。

ククリは、カナメたちが今は自分の護衛官なのだから、その間訓練をしてもらうと言った。

 

 

次の日。

コウウのもとにウツロギがやって来て、ウラジミールというスパイについての報告をする。

そして、このウラジミールと、先日死体で発見されたキクの事件、コハクの予言にはつながりがありそうだと言う。

 

報告を終え仕事に戻ろうとするウツロギを、コウウが引き留め、頼みごとを言う。

それは、コウウも断ることができない人物からの依頼らしい。

何かを察したウツロギは、その頼みを快諾する。

 

 

エンリに連れられ、訓練の場所に向かうカナメとシュカ。

やってきたのは、城内にある神社のようなところだった。

 

エンリは、ここでウツロギの名を呼んだ。

しかし、3人が辺りを見回してもウツロギの姿はどこにもない。

 

次の瞬間、3人の背後にウツロギが現れ襲いかかる。

エンリは、その攻撃に吹き飛ばされた。

カナメとシュカは、反撃にでる。

 

ウツロギとの攻防の末、参ったと言わせるカナメ。

そしてウツロギは、ククリからの命令でカナメとシュカの訓練をすることを告げた。

ウツロギは、先ほどの戦いでカナメとシュカには基礎や武術に関しては教える必要はなさそうだと言い、対象を荒神力だけに絞って訓練すると言った。

カナメは、前回のダーウィンズゲームでの戦いから、ウツロギたちの実力を知っており、その強さの秘密が少しでも分かるのはありがたいと思う。

 

カナメたちは、神社の中にある部屋へと案内され、神仙水と呼ばれるものを飲むよう言われた。

それを飲んだカナメは、不思議な感覚におちいる。

カナメの視界はブレたように見えるが、ウツロギの動きが手に取るように分かるほど感覚が鋭くなっていた。

 

ウツロギは、カナメをろうそくが一本だけある薄暗い部屋に連れて行き、その火を消した。

真っ暗な部屋の中、カナメの鼓動が激しくなる。

すると、スポットライトにあてられたような光を感じた。

 

カナメが目を開けると、そこは見覚えがあるような田舎の風景。

一軒の家を見つけたカナメは、ここがどこか思い出す。

この家は、カナメが幼い頃に一度だけ来たことがある父親の実家だった。

 

カナメが昔の記憶を頼りに離れの小屋に行くと、そこには刀を打つ男の姿が。

スポンサーリンク



ダーウィンズゲームの最新話を含む別冊少年チャンピオンを無料で読む

ダーウィンズゲーム【第78話】のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方は、フジテレビが運営する動画配信サービスFODプレミアムの無料お試し期間をうまく利用すれば『別冊少年チャンピオン』の最新号を無料で読むことも可能です。

 

ただ、無料で読むためには

  • AmazonPayのアカウントを持っていない方は新規作成する必要がある
  • 1~4、9~14、19~26日以外の日に無料登録する必要がある
  • 無料期間中、8の付く日にサイトにログインしてポイントをもらう必要がある(お試し期間中に2回必要)
  • 無料期間内に解約をしなければ自動継続となり月額が発生してしまう

など、かなり面倒な手続きが必要となります。

 

さらに、漫画雑誌が購入可能なポイントが貯まるまで待つ必要があるので、もちろん今すぐに読むことも出来ません。

 

 

ここまでの説明で、大半の方は

 

「そこまでして無料で読むくらいならお金を払って読んだ方がマシだ!」

 

と思うはずです。

 

そこでオススメしたいのが、ソフトバンクが運営するebookjapanという電子書籍サービスです。

こちらでは初めて会員登録された方に50%OFFクーポンをプレゼントしてくれるので、『別冊少年チャンピオン』を半額で購入することができます!

ebookjapanがおすすめの理由は?

ebookjapanをおすすめするのには以下の理由があります。

 

  1. 漫画の品揃えがたくさん
  2. 無料漫画が多数
  3. お得なキャンペーンやセールが豊富
  4. Tポイントが使える・貯まる
  5. 本棚の背表紙表示

 

ebookjapanは、漫画の品揃えに関しては世界最大級を謳うだけあって、漫画の配信作品数は電子書籍サイトの中でもトップクラス。

配信数約64万冊、全10ジャンルのうち、半数以上は漫画の取り扱いです。

過去の名作~話題の最新作や最新巻まで、他のサイトでは見つからないような古い漫画やマニアックな漫画などもebookjapanなら見つかる可能性大!

 

 

また、無料で配信されている漫画には、

  • 2000冊以上の常時無料タイトル
  • 一定期間丸ごと1巻~無料で読める無料キャンペーン
  • 曜日や月ごとに人気コミックの続きが更新される無料連載
  • 毎日提供されるチケットで、1日最大8話まで無料で読めるチケット無料

 

など、無料で読める漫画だけでもかなりの満足感があります。

そして、無料と言っても人気作品やビッグタイトルが多いのもebookjapanのいいところ。

 

 

さらにebookjapanの特徴でもある本棚の背表紙表示は、マンガ好きの方にもかなり好評です。

 

電子書籍の残念なところは、本棚に並んでいる漫画を見るといった所有欲を満たしにくいところでしたが、電子書籍をまるで本棚にしまっているかのようなこのデザインは、漫画好きの方なら必ず喜んでもらえると思います。

 

また、”背表紙が繋がって1つの絵になる”といったデザインのコミックなども揃えがいがありますね。

 

本棚の背表紙表示ができるのは、今のところebookjapanのみとなっています。

 

 

ebookjapanは会員登録も無料で、月額などもかかりません。

気になる方は公式サイトをチェックしてみてください!

 

初めての登録の方に限り、1冊50%OFF(最大割引額500円)クーポンがもらえます♪

ダーウィンズゲーム【最新第78話】感想

せっかく元の世界に帰れると思ったのに、準備に3か月もかかるとは。

じっとしていられないカナメですが、ククリがいい提案をしてくれましたね。

この世界で、絶対にカナメたちの能力が上がる展開になると思っていたので、その時がやっと来たっていう感じです。

ウツロギの指導によって、カナメとシュカのシギルがどこまでパワーアップするのか今から楽しみです!

 

また、今回出てきた刀を打つ男って、確かはじめの頃に花屋との戦いで出てきたような気がするんですが…

記憶があいまいです。

 

この男が誰だなのか?早く答えを知りたいです。

次回も楽しみにしています!

まとめ

ということで、

この記事では、2019年10月12日発売の別冊少年チャンピオン2019年月11号に掲載されたダーウィンズゲーム【最新第78話】のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • カナメたちが元の世界に戻るには最低でも3か月かかる。
  • カナメとシュカは、ウツロギから訓練を受けることに。
  • 神仙水を飲んだカナメ。
  • カナメが目を開けると、そこには父親の実家の風景が。
  • カナメが離れにある小屋に行くと、そこには刀を打つ男が。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです!

 

こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければこちらもご覧ください!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク