ダーウィンズゲーム【最新第84話】のネタバレと感想!

この記事では、2020年5月12日発売の『別冊少年チャンピオン2020年6月号』に掲載されたダーウィンズゲーム【最新第84話】のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • シゲルのシギルは強力だが、不安要素もある。
  • オボロはカナメのところへ、シゲルはニューヨークへ転送された。
  • カナメたちがキャンプに到着。
  • リュージは、輸送バスの検疫を始める。
  • 検疫に引っかかった母子は、人型のグリードだった。

という内容でしたね。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『ダーウィンズゲーム』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

ダーウィンズゲーム【最新第84話】ネタバレ

ダーウィンズゲーム【最新第84話】

 

 

カナメたちの前に倒れる人型のグリード。

 

リュージとレインが経緯を話す。

カナメたちが海賊王とのイベントでシブヤを離れた直後、Dゲームでグリードをハンティングするイベントが告知されたと。

そのイベントは、最終的に自衛隊が介入するほどの一大事になったらしい。

その戦いはグリードに圧倒されて、シブヤは放棄されることになった。

 

それから約1か月後、日米両軍が再びシブヤを取り戻す奪還作戦が行われたものの、失敗に終わった。

 

この戦いで分かったことは、

  • グリード同士が情報を共有すること
  • グリードが目視した場所に、自由にグリードを転送できること

だった。

 

それに加えて、さらに厄介な事実も判明した。

グリードは人間を食べ、その人間そっくりに化けることができるのだと、リュージは言う。

 

そして、人に化けたグリードは、軍・官僚・政治家・マスコミに入り込み、社会に混乱を与えたのだった。

 

 

他の国では悲惨な状況になったが、日本は比較的マシな方だと、レインは言う。

 

それはDゲームのプレイヤーが多くいたからだ。

カナメは、その理由をレインに訊いた。

 

レインが言うには、リュージのようにグリードを判別できるシギル使いが、かなりの数いたらしい。

 

 

 

続いてカナメは、このキャンプとサンセットレーベンズの関係について質問した。

このキャンプを作ったのは、Dゲームをやっている宗教団体「くちなわ会」だと、リュージが答える。

 

「くちなわ会」の者たちは、なぜか教祖と同じシギルを持っており、その力を使って工事を行いこのキャンプを作り上げた。

サンセットレーベンズは、このキャンプの防衛と検疫を請け負う傭兵なのだと、リュージは言った。

 

 

 

複数の人間が同じシギルを持つことに疑問を抱くカナメ。

そして、ククリに言われたあることを思い出す。

 

自身に宿る力には、自分自身の想いだけでなく、祖先や家族、友人、敵といったあらゆるものの存在が関係しているのだと。

 

カナメは、そのことから「くちなわ会」の教祖の影響力のすごさを感じ、その教祖がタチの悪い人間でないことを願った。

 

 

 

カナメたちが話しながら歩いていると、新しいサンセットレーベンズのアジトが見えてきた。

 

アジトに着くと、カナメの帰りを出迎えたのはシーミンとオージだ。

シーミンは5年前の戦いで左足を失っていたが、いつものように元気な顔をカナメに見せてくれた。

 

 

 

アジトの中では、スイがご馳走を用意して待ってくれていた。

この夜はカナメの帰還をみんなで祝った。

 

それからカナメたちは、夜が更けるまで語り合う。

そこで分かったのは、この5年間でDゲームの機能が次々に停止したことだ。

 

ガチャもショップも使えなくなってしまい、新規プレイヤーの受付も終了し、新しいシギル使いもほぼ生まれないらしい。

 

 

 

 

パーティーはお開きとなり、ベッドに入ったカナメのスマホに連絡が入る。

カナメは、なるほどと言って、どこかへ出かけた。

 

 

後片付けをしているレインは、何かを思い出し、物置にある雑誌を探す。

そこで見つけた雑誌に写っているのは、至道イザヤという人物。

レインは、昼間に見せてもらった似顔絵から、多分この人物がゲームマスターだろうと推測する。

 

 

 

カナメがやってきたのは、とある神社。

そこにいたのはオボロだった。

 

オボロは、ゲームマスターからの依頼をカナメに話そうとする。

 

カナメは、刀を取り出しオボロに斬りかかった。

オボロを倒してゲームマスターの居場所を吐かせるつもりだ。

 

 

オボロは、カナメとは一度戦ってみたかったと言い、戦闘モードに入った。

スポンサーリンク



『ダーウィンズゲーム』の最新話を含む別冊少年チャンピオンを無料で読む

ダーウィンズゲーム【第84話】のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのが、フジテレビが運営する動画配信サービスFODプレミアムです。

あなたにFODプレミアムをおすすめする理由とは?

この漫画を無料で読みたいと思ったあなたにFODプレミアムをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 月額888円(税抜)のサービスを2週間無料でお試しできる!
  2. 無料期間中でも最大で900ポイントもらうことができる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

FODプレミアムは、無料お試しに登録するだけで100円分のポイントがもらえ、さらに8・18・28と8のつく日にサイトにログインしバナーをクリックすることで、各400ポイントずつもらうことができます。

 

この2週間のうち、8・18or18・28or28・8と8の付く日が2回かぶることで、最大900ポイントゲットすることができます。

注意

例えば、1~3、9~13、19~24日での登録の場合、2週間の無料期間中に8の付く日が1回しかないので、500ポイントしかもらえません。
無料お試し登録する場合は、日にちに注意が必要です。

 

すぐに読みたい漫画を読むことはできませんが、少しの間待つことで「別冊少年チャンピオン最新号」もしくは、1~2冊好きな漫画を無料で読むことができます。

また、フジテレビ系の動画も見放題(一部有料)で配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!無料で読むには注意することもあります。

  • Amazonアカウントでログインし、お支払い方法をAmazonPayに設定する(お支払い方法を設定しても料金が発生することはありません)
  • もらったポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

 

以上のことに気をつければ、どんなに楽しんでも料金が発生することはありませんので、FODプレミアムを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

 

無料期間中に付与されるポイント分の漫画を無料で読むことができます♪

 

 

また、

「ポイントが貯まるまで待てない」

「解約の手続きがめんどうだ」

という方には、ebookjapanという電子書籍サービスがおすすめです。

ebookjapanがおすすめの理由は?

ebookjapanをおすすめするのには以下の理由があります。

 

  1. 漫画の品揃えがたくさん
  2. 無料漫画が多数
  3. お得なキャンペーンやセールが豊富
  4. Tポイントが使える・貯まる
  5. 本棚の背表紙表示

 

ebookjapanは、漫画の品揃えに関しては世界最大級を謳うだけあって、漫画の配信作品数は電子書籍サイトの中でもトップクラス。

配信数約64万冊、全10ジャンルのうち、半数以上は漫画の取り扱いです。

過去の名作~話題の最新作や最新巻まで、他のサイトでは見つからないような古い漫画やマニアックな漫画などもebookjapanなら見つかる可能性大!

 

 

また、無料で配信されている漫画には、

  • 2000冊以上の常時無料タイトル
  • 一定期間丸ごと1巻~無料で読める無料キャンペーン
  • 曜日や月ごとに人気コミックの続きが更新される無料連載
  • 毎日提供されるチケットで、1日最大8話まで無料で読めるチケット無料

 

など、無料で読める漫画だけでもかなりの満足感があります。

そして、無料と言っても人気作品やビッグタイトルが多いのもebookjapanのいいところ。

 

 

さらにebookjapanの特徴でもある本棚の背表紙表示は、マンガ好きの方にもかなり好評です。

 

電子書籍の残念なところは、本棚に並んでいる漫画を見るといった所有欲を満たしにくいところでしたが、電子書籍をまるで本棚にしまっているかのようなこのデザインは、漫画好きの方なら必ず喜んでもらえると思います。

 

また、”背表紙が繋がって1つの絵になる”といったデザインのコミックなども揃えがいがありますね。

 

本棚の背表紙表示ができるのは、今のところebookjapanのみとなっています。

 

 

ebookjapanは会員登録も無料で、月額などもかかりません。

気になる方は公式サイトをチェックしてみてください!

 

初めての登録の方に限り、1冊50%OFF(最大割引額500円)クーポンがもらえます♪

ダーウィンズゲーム【最新第84話】感想

今回のお話で、この5年間に起こったことがようやく分かりました。

やはり人間に化けるグリードのせいで、こんなにメチャクチャなってしまったんですね。

 

今の状況では、リュージの様なグリードを見分けるシギル使いをたくさん増やしたいところですが、Dゲームが機能しなくなったことが悔やまれます。

まさか最悪だと思っていたDゲームが、今は世界を救う手立てとなっているのには何だか喜んでいいのかどうなのか?という感じです。

 

 

そして、とうとうゲームマスターの正体が至道イザヤという人物だと分かりました。

表向きは通信会社社長で投資家となっていますが、その技術を使ってDゲームを作り出したのでしょうか?

その辺の掘り下げも楽しみです。

 

最後にカナメとオボロの戦いの行方も気になります。

ククリのところで荒神力を上げる修行をしたカナメの不意打ちに、見事に反応したオボロの実力はどれほどのものなのでしょうか?

 

次回も気になることがいっぱいです!

まとめ

ということで、

この記事では、2020年5月12日発売の『別冊少年チャンピオン2020年月6月号』に掲載されたダーウィンズゲーム【最新第84話】のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • リュージとレインが、これまでの経緯をカナメに話す。
  • キャンプを作ったのは「くちなわ会」という宗教団体。
  • 現在のDゲームは、ガチャもショップも使えなくなってしまい、新規プレイヤーの受付も終了している。
  • カナメを呼び出すオボロ。
  • ゲームマスターの名前は至道イザヤ。
  • カナメとオボロの戦いが始まる。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです!

 

こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければご覧ください!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク