DEAR BOYS ACT4【最新第18話】のネタバレと感想!

この記事では、2020年3月5日発売の『月刊少年マガジン』2020年4月号に掲載されたDEAR BOYS ACT4【最新第18話】のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • 先取点は森が決める
  • 柏木の連絡3ポイントシュート
  • チームの戦い方を問われる湘南台

という内容でした。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『DEAR BOYS ACT4』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

DEAR BOYS ACT4【最新第18話】ネタバレ

DEAR BOYS ACT4【最新第18話】

 

柏木の連続3Pシュートを警戒した聖エルモア学園は、センターラインを越えた瞬間に早くもダブルチームで塞がります。

本来ならばパスのところですが、柏木はワンドリブルで相手DFを一人引き剥がすと中央突破を図り、またもや3Pを放ちます。

さすがにこれは調子に乗りすぎたか、ブロックの指をかすめボールの軌道が変わりました。

 

柏木のシュートは得点ならず。

これを聖エルモアがリバウンドすべくジャンプしますが、そこに「ぐおぁ」とばかりに森がOFリバウンドでボックスアウトの外から飛び込んでは、リングに弾かれたボールを見事にキャッチします。

 

敵に囲まれる中、森は外にいる柏木にパスを出すと「後は任せろ」と本日3本目の3Pを決めるのでした。

 

柏木の強気のシュートに沸き立つ観客。

しかし、奥村たちは森のフォローが最高の援護射撃になると、どえらいオプションを作り上げたと湘南大相模のチーム作りに感心します。

 

結局、試合は91ー63で湘南大がBチームだけで聖エルモアに勝利を収めました。

光中女バスを連れてきた麗音が祝福する中、そこに本牧東を破った真崎中央が割って入ってきました。

 

湘南大のセレクション不合格という過去を持つ夏目は、輪島監督を目の敵にします。

しかし布施は、監督の方針に文句があるならばオレたちに勝ってからほざけと、クールに応えました。

 

それを聞いた真崎中央の選手たちは、勝つために布施を狙うつもりです。

スポンサーリンク



『DEAR BOYS ACT4』の最新話を含む月刊少年マガジンを無料で読む

DEAR BOYS ACT4【最新第18話】のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXT という動画配信サービスです。

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「月刊少年マガジン最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

 

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

 

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

 

DEAR BOYS ACT4【最新第18話】の感想

チームの全得点の半数以上を叩き出した柏木の鮮烈デビューとなった4回戦でした。

奥村の「これだから素人は」的な上から目線は未だ健在でしたが、柏木に隠れた森の活躍をしっかりと評価するなど、今まで2点ずつ重ねて得点する伝統的な湘南大とは違う新しい攻撃スタイルを感じたことでしょう。

 

最後に登場した夏目は完全に逆恨みでしたが、お約束の戦線布告も済んだことから、次回から決勝リーグ編が始まりそうです。

まとめ

ということで、

この記事では、2020年3月5日発売の『月刊少年マガジン』2020年4月号に掲載されたDEAR BOYS ACT4【最新第18話】のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 4回戦をBチームで勝利した湘南大相模。
  • 柏木は47得点を叩き出す。
  • 真崎中央からの戦線布告。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告