電子書籍といえば、お手持ちの端末で気軽に読めたり、本の置き場所が必要なくかさばらないなど、いろんなメリットがあり市場規模も拡大中で、電子書籍を取り扱う会社もどんどん増えています。

 

そういったこともあり、電子書籍を取り扱うほとんどの会社は、新規の会員獲得のためにお得な初回特典があるキャンペーンをやっています。

 

今回は、電子書籍サイトとしても有名な

  • ebookjapan
  • ReaderStore
  • DMM電子書籍(FANZA)
  • honto
  • 楽天Kobo
  • BookLive!
  • BOOK☆WARKER

7社の初回特典のキャンペーンを比較してみました。

 

これから電子書籍を利用したいけれど、どこを使っていいか分からないという方のは、電子書籍サイト選びの判断材料にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

7社の初回キャンペーン一覧と比較

上で挙げた7社がどんな初回キャンペーンをやっているのか一覧にしてみました。

 

電子書籍サイト 特典 上限 その他
ebookjapan 1冊が50%OFF 500円まで
ReaderStore 1冊が90%OFF 500円まで
DMM電子書籍(FANZA) 1冊が50%OFF なし クーポン取得後、有効期限が1時間
honto 初回購入なら何冊でも30%OFF 5000円まで
楽天Kobo 初回2000円以上購入で1000円分のポイント(エントリーが必要) 楽天カード新規入会&利用で5000円分のポイント
BookLive! 1冊分50%OFF なし
BOOK☆WARKER 初回購入分の合計金額の50%のポイント還元 なし

 

一見すると90%の割引があるReaderStoreが一番お得なように見えますが、注目していただきたいのは上限です。

例えば1000円の本を買った場合、90%OFFで900円の割引ではなく上限の500円割引なので、実質50%OFFと同じになってしまいますね。

 

試しに900円までの買い物を例に挙げてみると、

通常価格 割引額 初回支払額 割引率
500円 450円 50円 90%
600円 500円(上限) 100円 83.3%
700円 500円(上限) 200円 71.4%
800円 500円(上限) 300円 62.5%
900円 500円(上限) 400円 55.6%

という感じになり、値段が高くなるにつれて割引率が低くなってしまいます。

ReaderStoreでの初回特典を活かすのであれば、900円までの買い物がいいでしょう。

 

1000円を超える金額の場合は、50%OFFでも上限のないDMM電子書籍(FANZA)BookLive!がお得になってきます。

 

また、まとめて購入したい本があり、購入金額が数千円になる場合には、30%OFFながらも最大5000円までの割引があるhontoや、割引ではなくポイントの還元になりますが、購入金額の50%(上限なし)が戻ってくるBOOK☆WARKERもおすすめです。

 

そして、意外に注目なのが楽天Kobo

こちらは、初回2000円以上の購入で1000円分のポイントがもらえる(要エントリー)という特典ですが、今まで楽天カードを使ったことがない方は、新規入会&利用で5000円分のポイントがもらえます。

5000円もあればいろんな本が買えるので、楽天カードを持っていない方にはこちらが一番お得だと思います。

 

結果

ここまで7社の初回キャンペーンを比較してみた結果です。

 

  • 900円までの電子書籍を1冊購入するのであれば、ReaderStoreの90%OFFが一番お得。
  • 1000円以上の電子書籍を1冊購入するのであれば、50%OFFでも上限のないDMM電子書籍(FANZA)BookLive!がお得。
  • まとめて購入したい本があり、購入金額が数千円になる場合には、30%OFFながらも最大5000円までの割引があるhontoや、割引ではなくポイントの還元になりますが、購入金額の50%(上限なし)が戻ってくるBOOK☆WARKERがお得。
  • 楽天カードを持ったことがない方には、新規入会&利用で5000円分のポイントがもらえる楽天Koboが一番お得

     

    という結果になりました。

     

    ただし、これらのキャンペーンは、予告なく終了することがありますのでご注意ください。

    電子書籍サイト7社の特徴やデメリット

    こちらでは、今回比較した7社の特徴やデメリットを紹介していきます。

    初回特典とあわせて、こちらも参考にしてみてください。

     

    ebookjapan

    ebookjapanは、Yahoo!の子会社が運営している電子書籍サイト。

     

    特徴としては、漫画の取り扱い数に関しては世界最大級!

    また、電子書籍を本棚に並べているような背表紙での表示の仕方も好評です。

     

    デメリットとしては、小説、実用書などの取り扱いが少ないことや、Yahoo!プレミアム会員でない方のポイント還元が少ないところでしょうか。

    ただ、独自のセールや無料で読める漫画も多いので、マンガ好きの方にはぴったりのサイトです!

     

    こちらは、初回ログインで50%OFF(上限500円)のクーポンがもらえるので、割引を最大限に活かすのであれば、1000円くらいの買い物をするのがおすすめ。

     

     

     

    ReaderStore

    ReaderStoreは、PSや音楽などでおなじみのソニーが運営する電子書籍サイト。

     

    こちらの特徴は、2.5次元の舞台をテーマにしたフリーマガジンや、BLなどの独自コンテンツ、書籍を音声で読み上げてくれるオーディオブックの取り扱いもあるところです。

    その他にも50%以上の割引キャンペーンが多いことや、購入数に応じて会員ランクがアップする制度もあります。

     

    デメリットは、

    • クレジットカード
    • ドコモ、auのキャリア決済
    • nanacoギフト

    しかない支払方法の少なさがあります。

     

    ReaderStoreは、新規登録で90%OFF(上限500円)のクーポンがもらえます。割引を活かすのであれば、900円までの買い物がいいと思います。

     

     

     

    DMM電子書籍(FANZA)




    DMM電子書籍は、動画やゲーム、FXなど多方面での事業を手がけるDMM.comが運営する電子書籍サイトです。

    DMMでは、一般向けが「DMM電子書籍」アダルト向けが「FANZA」という名前で分けられていますが、基本的なシステムは同じです。

     

    こちらの特徴は、なんといってもアダルトコミック・雑誌・写真集に加え、同人コミックなどのアダルトコンテンツに強いことが有名です。

    アダルト作品を見るならここが一番だと言えます。

     

    デメリットとしては、小説や実用書の取り扱いが少なめなこと。

    クーポンの有効期限が取得から1時間と短いことです。

    なので、クーポン取得の際には、どの作品を購入するのかしっかりと決めてからにしましょう。

     

    こちらでは、初回購入の電子書籍1冊が50%OFF(上限なし)のクーポンがもらえるので、最初の買い物はなるべく高めの本を購入した方がお得です。

     

     

    honto



    hontoを運営しているのは、大日本印刷株式会社。

     

    電子書籍、紙の書籍通販に加え、丸善・ジュンク堂・文教堂などのリアル書店とも連携しており、ポイントを共有できることがメリットです。

    漫画にもメモ機能がある専用アプリの多機能さもおすすめポイントです。

     

    デメリットとしては、電子書籍のみを利用する場合は、ポイント面であまりお得感がないことや、Amazonkindle・楽天Kobo・BookLive!・ebookjapanといった大手電子書籍サイトに比べて品揃えが劣るところが挙げられます。

    電子書籍、紙の書籍、両方使いたい方にはおすすめのサイトです。

     

    hontoでは、初回購入分が何冊でも30%OFF(上限5000円)のキャンペーンをやっているので、初回はたくさん買い物をした方がお得感があります。

     

     

     

    楽天Kobo

    楽天Koboは、誰もが知っている楽天が運営する電子書籍ストアです。

     

    こちらの特徴は、書籍以外の買い物でもポイントが貯まることや、英語・フランス語の洋書も多く取り扱っており、書籍の品揃えがトップクラスなところがあります。

    Amazonkindleに比べると割高感がありますが、電子書籍の専用端末があるのも嬉しいですね。

    特に、楽天の他のサービスと併用することでポイントが貯まりやすくなり、そのポイントを使って電子書籍を購入すればとってもお得です。

     

    デメリットとしては、多すぎるメルマガと、購入時に毎回メルマガを配信しないようにチェックを外さなければいけない作業が挙げられます。

     

    普段の買い物や、光熱費などの支払いを楽天カード払いにするだけでもたくさんのポイントが貯まるので、楽天Koboを使う場合は「楽天カード」と合わせて使うことをおすすめします。

     

    楽天Koboは、初回に電子書籍を2000円以上購入(エントリーが必要)で1000円分のポイントがもらえます。

     

     

    また、楽天カードを持っていない方は、新規入会&利用で5000円分のポイントがもらえます。

    楽天カードを今まで使ったことがない方は、

     

     

    BookLive!


    BookLive!は、印刷業界でも1、2を争う「凸版印刷株式会社」の子会社が運営しており、国内でも最大手の電子書籍サイトです。

     

    こちらの特徴は、漫画・雑誌・一般書籍の品揃え充実していること、Tポイントが貯まる・使えること、毎日引けるお得なクーポンガチャ機能です。

    特に、毎日引けるクーポンガチャは、気に入らないクーポンが出た場合にはSNSでシェアすることによって引き直すこともできるのが嬉しいシステムです。

     

    デメリットとしては、小説・ビジネス書・実用書の取り扱いが少ないので、活字をメインで読む方にはあまりおすすめできません。

     

    BookLive!では、初回登録時にどの作品でも1冊50%OFF(上限なし)になるクーポンがもらえます。クーポンを使うときは、なるべく高い買い物の方がお得感がありますね。

     

     

     

    BOOK☆WARKER


    BOOK☆WARKERは、角川出版で有名なカドカワグループが運営する電子書籍ストアです。

     

    こちらの特徴は、コミック・ラノベに強い、角川系の本の電子化が早いこと、一般同人誌の取り扱いがあることが挙げられます。

    特に角川作品は、他の電子書籍サイトでは電子化がされるのが遅かったりするので、角川作品が好きな方は重宝するでしょう。

     

    デメリットとしては、毎月たくさんの本を購入しないとポイント還元率が低いこと、ソフトバンクのキャリア決済ができない、などがあります。

     

    BOOK☆WARKERは、コミック・ラノベが好き、角川作品をいち早く読みたい方にはおすすめといえます。

     

    こちらでは、初回購入分の料金の合計金額の50%が、割引ではなくポイント還元(上限なし)されます。

    もし、2万円分かったら、1万円分のポイントが還ってくることになるので、初回購入はできればたくさんの方がお得感があります。

     

     

    まとめ

    今回は、電子書籍サイトとしても有名な

    • ebookjapan
    • ReaderStore
    • DMM電子書籍(FANZA)
    • honto
    • 楽天Kobo
    • BookLive!
    • BOOK☆WARKER

    7社の初回特典のキャンペーンを比較してみました。

     

    個人的な結果としては、電子書籍サービスをはじめて使うのであれば、

    楽天カードを持ったことがない方には、新規入会&利用で5000円分のポイントがもらえる楽天Koboが一番お得だと言えます。

    すでに楽天カードを持っている方も、2000円以上の購入で1000円分のポイントが還元されます(エントリーが必要!)ので、特典としては、そこまで悪くないと思います。

     

    続いて、

    まとめて購入したい本があり、購入金額が数千円になる場合には、30%OFFながらも最大5000円までの割引があるhontoや、割引ではなくポイントの還元になりますが、購入金額の50%(上限なし)が戻ってくるBOOK☆WARKERがお得。

     

    ほしい電子書籍を1冊購入するのであれば、

    • 900円までの電子書籍であれば、ReaderStoreの90%OFFが一番お得。
    • 1000円以上の電子書籍であれば、50%OFFでも上限のないDMM電子書籍(FANZA)BookLive!がお得。

    という結果になりました。

    ※これらのキャンペーンは、予告なく終了することがありますのでご注意ください。

     

    最後に今回比較した7社の電子書籍サイトの特徴・デメリットを簡単にまとめておきます。

     

    電子書籍サイト 特徴 デメリット
    ebookjapan 漫画の取り扱いが世界最大級

    購入した本を背表紙で表示できる

    小説・実用書の取り扱いが少ない

    Yahoo!プレミアム会員でなければポイント還元が少ない

    ReaderStore 独自コンテンツあり

    オーディオブックの取り扱いあり

    会員ランクアップ制度

    支払方法が少ない
    DMM電子書籍(FANZA) アダルト作品が特に充実 小説・実用書の取り扱いが少ない

    クーポンの有効期限が短い

    honto 電子・紙の書籍、リアル書店と連携 電子書籍のみ利用の時はポイント還元が少ない
    楽天Kobo 品揃えがトップクラス

    書籍以外の買い物でもポイントが貯まる

    メルマガが多すぎる
    BookLive! 品揃えが充実

    Tポイントが貯まる・使える

    クーポンガチャ

    小説・ビジネス書・実用書の取り扱いが少ない
    BOOK☆WARKER! 角川作品の電子化が早い

    一般同人誌の取り扱いあり

    ランクアップ制度

    ソフトバンクのみキャリア決済の取り扱いなし

    毎月たくさんの本を購入しないとランクアップしない

     

    あなたの電子書籍サイト選びの参考になれば幸いです。

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    スポンサーリンク
    関連記事と広告