ドラフトキング【最新第37話】それぞれの選手ファースト⑰ ネタバレと感想!

この記事では、2020年6月17日発売の『グランドジャンプ2020 No.14』に掲載されたドラフトキング【最新第37話】それぞれの選手ファースト⑰のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • 知念を三振に取る仲眞。
  • 興章実業の継投に無得点の石垣商。
  • 9回のヒットで崩れるノーヒットノーラン。

という内容でした。

 

 

 

まずは結論からですが、ノーヒットノーランが遂に破られボロボロの仲眞を再び興章クリーンナップが襲います。

今回の内容を文章ではなく漫画で読みたい方は、U-NEXTという動画配信サービスの初回無料特典を利用すると今すぐ無料で読むことができますよ。

 

※31日間の無料お試し期間内に解約をすれば料金が発生することはありません

 

それでは気になる『ドラフトキング』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

ドラフトキング【最新第37話】それぞれの選手ファースト⑰ ネタバレ

ドラフトキング【最新第37話】それぞれの選手ファースト⑰

 

興章実業の9回の攻撃。

快進撃を続けた仲眞のノーヒットノーランが遂に破られました。

 

レフト前ヒットを打ったのは7回から登板した渡嘉敷です。

この手の試合展開には途中出場のフレッシュな選手が一番ややこしいのです。

 

球場は興章ムードに傾きかける中で次のバッターは早くも送りバント。

王者がなりふり構わない手強い展開になってきました。

 

送りバントを軽快なフィールディングで捌く仲眞。

ワンアウト2塁で打順は1番砂川です。

 

ここで比嘉監督はタイムを取りますが、郷原は仲眞が単なる疲労ではなく何らかの異変が生じたことを危惧します。

そして控え投手がアップに向かいはじめたことから、どこかを痛めたことを直感するのでした。

 

比嘉監督はもう見守るしか出来ません。

仲眞はボールが先行し球速も140kmを下回り始めました。

 

肘を痛めない投げ方を模索する仲眞を見て、頭では理解していながらも涙を流す神木。

ですが、郷原は自分が惚れ込んだ選手がスーパースターとして伝説を生むかもしれない瞬間に目を逸らすなと叱咤します。

 

砂川は下辺が唸るほどのセーフティバントを敢行しますが、これも仲眞に阻まれます。

 

ツーアウト3塁。

しかし野球というのは不思議なもので、このピンチに興章の打順はクリーンナップに回ってくるのでした。

 

郷原は仲眞の肘のケガが再発していないことを祈るばかりです。

スポンサーリンク



『ドラフトキング』の最新話を含むグランドジャンプを無料で読む

ドラフトキング【最新第37話】それぞれの選手ファースト⑰ のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXT という動画配信サービスです。

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「グランドジャンプ最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

 

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

 

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

 

ドラフトキング【最新第37話】の感想

たった1本のヒットから事態は急変しました。

郷原が懸念していた仲眞の肘に違和感の気配です。

神木は仲眞が石垣島から上京する度にリハビリの面倒を見てきただけに、泣くまいと頭では分かっていますが厳しい現実に涙を流さずにはいられなかったようです。

郷原は腹をくくったように構えて試合を観戦していますが、神木へのアドバイスはまるで自分に言い聞かせているようにも感じられました。

 

試合はツーアウト1・3塁。

ダブルプレーが無い限り、超高校スラッガーの4である知念との四度目の対決は避けられません。

次回がとても気になります。

まとめ

ということで、

この記事では、2020年6月17日発売の『グランドジャンプ2020 No.14』に掲載されたドラフトキング【最新第37話】それぞれの選手ファースト⑰のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 仲眞のノーヒットノーランを破ったのは相手もピッチャーの渡嘉敷。
  • どこかを痛めた様子の仲眞。
  • 仲眞VS興章クリーンナップ再び!

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告