グッバイ、ノーベル!【最新第10話】奇跡 ネタバレと感想!

この記事では、2019年10月26日発売の月刊スピリッツ2019年月12号に掲載されたグッバイ、ノーベル!【最新第10話】奇跡のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話では、

  • スランプ中の桜は、すずの学園祭に行く。
  • すずは、桜が作家だと知る。
  • すずが、帰り道で神社に立ち寄ると、そこには桜が。
  • 桜は、すずが「龍平すず」と知る。
  • 階段から落ちる桜。
  • 桜が目を開けると、そこにはナヲキの姿が。

という内容でしたね。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『グッバイ、ノーベル!』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

グッバイ、ノーベル!【最新第10話】奇跡 ネタバレ

グッバイ、ノーベル!【最新第10話】奇跡

 

目の前にナヲキが現れたことに驚く桜。

しかし、桜がナヲキに触れようとしてもすり抜けてしまう。

桜は、寝不足のせいだと思い、家に帰る。

 

別の日、出版社に打ち合わせに来た桜は、同じく打ち合わせに来ていたすずと出会う。

桜は、ナヲキがいないかと辺りを見回すが、その姿はない。

この間のことは幻覚だったと思って、ホッと胸をなでおろした。

 

が、廊下の角を曲がったところで、すずとナヲキが話している。

目の前にいるナヲキが厳格でないと知って涙する桜。

 

そこへ一ノ瀬が通りかかる。

一ノ瀬は、涙を浮かべる桜を見て、ナヲキが死んでしまったことからまだ立ち直れていないと勘違いする。

そして、今でも送られてくるナヲキ宛のファンレターを見せ、未来の文学界は2人にかかっていると言った。

 

それから2人は一ノ瀬と打ち合わせに入る。まずはすずから。

一ノ瀬は、『還らない手紙』の反響がとてもよく、次は長編の新作に取り掛かってほしいと言う。

すずは、今「龍平すず」と「龍平ナヲキ」の新作があったらどちらが読みたいかと一ノ瀬に訊く。

そして、一瞬考えた後、一ノ瀬の答えを聞かずにその場を後にした。

 

桜がすずたちを追いかけてくる。

すずは、自分がナヲキが見えるようになったこと、小説を書くようになったきっかけなどを桜に説明した。

それを聞いた桜は、死んだ者がよみがえるのは、ナヲキの作品の1つ『流星の一夜』のようだと言った。

 

『流星の一夜』は、13年前の今頃に城ケ島で見た流星群をきっかけに作られたのだとナヲキは言う。

そして、今年はその場所でナヲキの追悼会をファンが開くらしいと桜が言う。

すずは、それならみんなで行ってみようと言った。

 

 

ナヲキの小説の舞台となった場所に着いた3人。

そこは、ナヲキの作品の聖地巡礼スポットとなっており、ナヲキのファンからのメッセージもたくさんあった。

それを見て何かを思うすず。

 

3人は、ホテルにチェックインした後、流星群の観測スポットへ向かう。

奇跡のような流星群を見た後、すずは話し出す。

 

すずは、初めての小説が世に出た後、それを読んだ人たちのいろんな声が聞けて嬉しかったと言う。

そして、死んでしまった後も新作を読みたいと思われるなんて奇跡みたいだと言った。

続けて、今日の流星群も奇跡で、桜がナヲキを見れるようになったのも偶然ではない気がすると話す。

 

もしかすると、みんなが流れ星にした願いが届いたのかもしれない。

 

すずが何を言いたいのか分からないナヲキと桜。

すずは、「龍平すず」は今日で終わりにしようと言った。

スポンサーリンク



グッバイ、ノーベル!の最新話を含む「月刊!スピリッツ」を無料で読む

グッバイ、ノーベル!【最新第10話】奇跡 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、2021年6月1日の18時までは特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
これだけあれば『月刊!スピリッツ』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『月刊!スピリッツ』の最新号を読む!

2021年6月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!

グッバイ、ノーベル!【最新第10話】の感想

今回の話は何だか切ない感じでした。

「龍平すず」としてたくさんの声が聴けることが嬉しかったすず。

そして優しいすずだからこそ、ファンが出るはずもないナヲキの新作を待ち続ける気持ちが良く分かるんでしょうね。

 

すずにしてみれば、桜がナヲキのことを見ることができるようになったのは、そんなファンの気持ちが流れ星に乗り神様に届いて、「龍平ナヲキ」の新作を書くように。

と言われているような気がしたのかもしれません。

だからこそ、「龍平すず」は今日でおしまいだと言ったんですね。

 

それを聞かされたナヲキと桜はどう答えるのか?早く続きが読みたいです!

まとめ

ということで、

この記事では、2019年10月26日発売の月刊スピリッツ2019年月12号に掲載されたグッバイ、ノーベル!【最新第10話】奇跡のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • すずは、自分がナヲキが見えるようになったこと、小説を書くようになったきっかけなどを桜に説明した。
  • すず、桜、ナヲキの3人は、ナヲキの小説の舞台となった場所に行くことに。
  • 流星群を見た後、話し出すすず。
  • すずは、「龍平すず」をやめると言った。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク