グッバイ、ノーベル!【最新第12話】未練 ネタバレと感想!

この記事では、2019年12月27日発売の『月刊スピリッツ』2020年月2月号に掲載されたグッバイ、ノーベル!【最新第12話】未練のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話では、

  • すずはナヲキに出会う前までの生活に戻るが、何か物足りない様子。
  • すずは、ナヲキと一緒にもう一度「龍平すず」としてやっていくことにする。
  • 東頭が来月日本に帰ってくる。

という内容でしたね。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『グッバイ、ノーベル!』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

グッバイ、ノーベル!【最新第12話】未練 ネタバレ

グッバイ、ノーベル!【最新第12話】未練

 

編集部にて、担当の一ノ瀬に「龍平すず」をやめることをやめると宣言したすず。

そんなことなど特に気にしていない様子の一ノ瀬が、新しい提案をする。

 

今回の提案では、コミカライズで広まった『還らない手紙』をさらに世に広めるための第2弾、ある人物に書評をお願いすることだった。

その人物の名前とは、東頭 未来だ。

 

 

家に帰ったすずは、さっそく東頭についてググってみる。

東頭は現在海外に住んでおり、本業は翻訳家。

ある時、翻訳を手掛けた作品のあとがきを書いたところ、それが高く評価され書評家としても活動をしているらしい。

 

 

ナヲキは、幼い頃一緒に図書館へ通っていた東頭が、本に関係する仕事をしているのが嬉しいようだった。

ちなみに、すずがググってみると、ナヲキの作品についての書評は一切していない。

 

ナヲキは、実は自分が東頭に嫌われていたのでは?と考え、東頭に会うのが怖くなってくる。

 

そんな時、すずのスマホに一ノ瀬からの連絡が。

それは東頭との顔合わせの際に、待ち合わせをする場所の希望はあるか?というものだった。

東頭は書評を書くにあたって、作者の思い入れのある場所で話を聞きたいらしい。

 

 

すずが東頭との顔合わせに選んだ場所は、ナヲキが東頭と一緒に来ていた図書館だった。

先に来ていた一ノ瀬が、すずに東頭を紹介する。

 

すずと楽しそうに話す東頭を見て、もし自分が生きていたら東頭と再会することはなかったかもしれないと、人生の不思議な巡り合わせについて考えるナヲキ。

 

ここですずが、ナヲキのことを知っているかと、東頭に尋ねる。

東頭は、ナヲキとの思い出を楽しそうに話すが、ナヲキが自分のことを覚えていないのを残念がった。

その言葉を聞いて、え?となるナヲキ。

 

ナヲキと出会って少しして、海外に引っ越すことになった東頭。

東頭は、その際に連絡先を渡していたと言うが、ナヲキからの連絡はなかったらしい。

そのことから、自分はナヲキに忘れられていると思っているようだった。

 

連絡先と聞いても、何のことだか分からないナヲキ。

 

すると、本棚を見ていた東頭が、「あの本」が無いと言い出す。

その本には、自分の連絡先を挟んでいたらしい。

 

実は東頭は、ナヲキが次に借りようとしていた本に連絡先を挟んでいたたのだった。

ナヲキは、東頭が引っ越したことがショックすぎて図書館に行くことはなっかた。

東頭は、勇気を出してナヲキに連絡をしていればと後悔する。

 

しかし、そのすれ違いがあったからこそ、『還らない手紙』は生まれたのだった。

 

東頭は、『還らない手紙』の書評を今ここで書いていいかと、すずに言った。

 

書評が書き終わる頃には、すずは寝てしまっていた。

 

東頭は、ナヲキがいたからこそ今の自分がいることを、ナヲキに伝えたかったと呟く。

ナヲキは、すずの体を介して自分の思いを伝える。

 

目を覚ましたすずは、何が起こったのか分からない。

東頭は、何でもないと言いながらも、ナヲキの存在を感じていたようにみえた。

 

 

東頭と別れた後、ナヲキが成仏しないことを不思議がるすず。

ナヲキは笑いながら、小説でも書くかと言った。

スポンサーリンク



グッバイ、ノーベル!の最新話を含む『月刊!スピリッツ』最新号を無料で読む

グッバイ、ノーベル!【最新第12話】未練 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、現在は特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと1200円分のポイントに!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
これだけあれば『月刊!スピリッツ』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『月刊!スピリッツ』の最新号を読む!

30日の無料期間中に1200円分の漫画を読むことができます
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

グッバイ、ノーベル!【最新第12話】の感想

今回のお話では、ナヲキの想いを東頭に伝えることができました。

そして2人のすれ違いの原因も。

 

あの時東頭が普通に連絡先を教えていれば、こんなことにならなかったのかもしれませんが、幼い東頭には本好き同士にしか分からない特別な渡し方だったのかもしれないですね。

そして、そのことがあったからこそ今の東頭がいたり、『還らない手紙』が生まれてナヲキと東頭が再会できたことを考えると、決して無駄なことではなかったということが良く分かりました。

2人が想いを伝えるシーンはとっても素敵でした。

 

ところで、目的を果たしたはずのナヲキは、どうして成仏しないんでしょうか?

もしかしてナヲキには、すずと小説が書けなくなることが未練になってしまっているのかもしれませんね。

 

次回はどんな展開になるのか?

続きを楽しみに待ちたいと思います!

まとめ

ということで、

この記事では、2019年12月27日発売の月刊スピリッツ2020年月2月号に掲載されたグッバイ、ノーベル!【最新第12話】未練のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • すずと東頭の顔合わせ。
  • ナヲキと東頭のすれ違いの原因が明らかに。
  • ナヲキの思いが、東頭に伝わる。
  • それでもナヲキは成仏しない。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク