虐殺ハッピーエンド最終回!【最新第55話】のネタバレと感想!

この記事では、

漫画アプリ『マンガPark』で11月28日に掲載された虐殺ハッピーエンド【最新第55話】のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

高所からの突き落としによる、他殺に見せかけた主人公の自殺、落下後のシーンで終了しました。

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『虐殺ハッピーエンド』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

虐殺ハッピーエンド 最終回!【最新第55話】 ネタバレ

虐殺ハッピーエンド【最新第55話】

 

主人公は本当に死んでいました。

 

そもそもこの主人公は妹と共に呪いにかかっており、一日に一回、零時までに人を殺さないと明日にならずその日をループします。

 

妹は大病を患い意識不明の状態なので主人公が連続殺人を行っていました。

妹の手術の日まで日付を進めなければ、呪いにかかっている兄妹の体だけが時間の進む状態なので、妹の体はどんどん衰弱していきます。

 

主人公である兄は、妹のために殺人を犯す以外の選択肢はありませんでした。

様々な葛藤の中、次々と人を殺してついに手術を成功させます。

 

しかし呪いは終わらない。

終わらせる為には、主人公が殺されるしかない事がクライマックスで判明します。

 

主人公は甘んじてそれを受け入れ、主要人物に殺してほしいと頼みます。

主要人物は、主人公が幼い頃に離れていった母親の種違いの妹でした。

 

この呪いは、日付が変わる零時に触れていた第三者も同じ呪いにかかるのですが、この義理の妹もループ状態にあります。

 

主人公の死によってループの全てが絶たれ呪いは消えたのか、残されたループに巻き込まれた人はまだ呪いを引き継いでいるのか。

 

主人公の死の翌日、その結果がわかる零時を迎える時計が23:59を描くシーンで終了です。

スポンサーリンク



虐殺ハッピーエンド【第55話】の感想・まとめ

ということで、

漫画アプリ『マンガPark』で11月28日に掲載された虐殺ハッピーエンド【最新第55話】のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 前述した呪いの結果とは別の問題ですが、まず、妹は手術が成功し生きながらえます。
  • しかし昏睡状態の間も意識はあり、なおかつ兄がしている殺人を理解していた。
  • 兄を止めることもできずに生かされた妹は、手術後それを背負いきれるのか。
  • 生き残った主要人物たちは悩むが、殺された人たちのためにも生きなければいけない

という内容でした。

 

まず、最初から全体的にスピーディーで無駄のない展開でした。

主人公のいたたまれない私生活に同情しながらも、明るくポジティブな主人公を応援するところから始まります。

 

しかし、連続殺人で精神が崩壊していく主人公に狂気を感じますが、そのホラー要素が見ごたえがあって良い。

最後の死に際も、もちろん殺してきた人たちと同様惨いもので、綺麗ごとじゃない惨たらしさが最後まで安定していました。

最終的に呪いは消えたのか謎が残る終わり方も、タイトルに反して全然ハッピーじゃない所が一味あってよかったです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告