地縛少年花子くん【最新第68話】スミレ 其の三 ネタバレと感想!

この記事では、2020年7月18日発売の『月刊Gファンタジー2020年8月号』に掲載された地縛少年花子くん【最新第68話】スミレ 其の三のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話では、

  • スミレは六番目の依代だった。
  • スミレと間違われて連れて行かれる八尋。
  • 結婚式とは神様の生贄になることだった。
  • 花子くんが八尋を助けに来る。

という内容でしたね。

 

 

 

六番のことを思い続けるスミレ。

そんなスミレに言った八尋のまさかの一言とは⁉

 

この内容を文章ではなく漫画で読みたい方は、U-NEXTという動画配信サービスの初回無料特典を利用すると今すぐ無料で読むことができますよ。

 

※31日間の無料お試し期間内に解約をすれば料金が発生することはありません

 

 

それでは『地縛少年花子くん 』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

地縛少年花子くん【最新第68話】スミレ 其の三 ネタバレ

地縛少年花子くん【最新第68話】スミレ 其の三

 

スミレが背負ってきたもの

この村では、スミレが生まれるずっと前から彼岸へと通じる穴が開いていた。

そこからは度々植えた妖怪が現れて人々を食べたそうだ。

 

そこで村人たちは、若い女を生贄として穴に放り込んだ。

そうすれば数年の間は、妖怪に怯えることなく暮らせたから。

 

村人たちは、生贄となった者は神様のもとで永久の幸せを得ることができると言っていたそうだった。

 

しかし、スミレは知っていた。

穴の底にはそんなものなどないということを…

 

結局何も変わらない。

花子くんに襲いかかる村人たちを見て、スミレはそう言った。

 

 

八尋を守る花子くんの前に黒い煙が現れる。

その煙に触れた村人たちは、体が腐り白骨化した。

 

その時、花子くんたちの足元が崩れ崖下に転落しそうになった。

八尋を抱え、必死に耐える花子くん。

 

ここでスミレが現れ、自ら穴へと落ちていった。

 

時の牢獄

花子くんたちが目を覚ますと、そこは昨日この世界にやってきた場所。

不思議そうな顔をする2人の前にスミレが姿を現す。

 

スミレは、この世界が最初に戻っただけだと言った。

花子くんは、スミレや六番の目的を聞き出そうとする。

 

この世界はスミレのために創られた時の牢獄。

スミレが死ぬとこの世界はリセットされるそうだ。

 

スミレは依代として目覚めた時から、同じ1日を何度も繰り返しているのだと言った。

そして、六番には命を落として以来一度も会っていないから思惑など分からないと言う。

 

 

ここにいればいつかは六番が合いに来てくれると思っているスミレ。

何故なら依代として選ばれるのは、もっとも思い入れのあるものだから。

 

しかし、スミレが何度死を繰り返しても六番は現れない。

今回、八尋を生贄の代わりにしてみても結果は変わらなかったようだ。

 

八尋の率直な意見

スミレは六番を待つことをあきらめたのか、依代の札をはがせば花子くんたちは元の世界に戻れるかもしれないと言う。

 

ここで八尋からまさかの一言が。

最低、六番のどこがいいのか?と。

 

その一言に固まるスミレ。

 

前回薬を飲まされた時にスミレの思い出を共有した八尋は、六番のいいところが全く分からないと言う。

そして、そんな六番を好きになってしまうのはこの陰気な村のせいだと言い、一緒にこの世界から逃げ出そうと言い出した。

 

花子くんは、余計なことをせずにお札をはがした方がいいと、八尋を説得する。

 

八尋は、この世界で起きたことを見た事ことによって、スミレと葵が同じような状況になっているのではと考えていた。

もしその考えが正しければ、今の学園がこの村と同じ状況になっており、赤根が生贄にされようとしていることになる。

 

しかし、今まで学園内ではそんなことをしたことはない。

そこで八尋が導き出した答えは、葵を犠牲にしなくてもいい方法があるということだった。

 

ただ問題なのは、お札をはがす以外にこの世界から出る方法が分からないこと。

 

花子くんはため息をつきながら、例のエレベーターを出す。

 

茜と葵

茜は葵を背負って歩いている。

しかし、体力の限界でその場に倒れこんだ。

 

葵は辺りを見回しどこかへ行こうとする。

だが茜は葵の手を掴んで離さなかった。

 

スポンサーリンク



地縛少年花子くんの最新話を含む「月刊Gファンタジー」を今すぐ無料で読む

地縛少年花子くん【最新第68話】スミレ 其の三 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXT という動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「月刊Gファンタジー最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

 

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

 

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

 

U-NEXTに登録済みの方はこちらもオススメ!

過去にU-NEXTのお試しをしたことがあるという方にはコミック.jpがオススメです。

こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービス。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、現在は特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
これだけあれば『Gファンタジー』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『Gファンタジー』の最新号を読む!

1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

地縛少年花子くん【最新第68話】の感想

スミレが八尋を身代わりにしようとしたのは、何度も繰り返される毎日を変えるため、そして六番に会いたいためだったんですね。

しかし、そんな一途なスミレに対して八尋のまさかの一言。

思わず「確かに!」と言ってしまいました。笑

 

でも、時の牢獄でスミレを生かし続ける六番にも何か思いがあるのは間違いないです。

もしかすると六番はスミレを助ける方法を必死に探しているのかもしれません。

 

それとも、スミレを生贄にしてしまったことへの後悔から?

もしそうなら、あまりにも勝手すぎてさらに「最低」と思ってしまいそうです。

 

そんな中、八尋が思いついた作戦。

具体的なことはまだ分かりませんが、葵とスミレどちらも救えればいいなと思います。

 

そして別の世界にいる茜と葵。

次回はこの2人がメインになりそうな予感です。

次回も楽しみ!

まとめ

ということで、

この記事では、2020年7月18日発売の『月刊Gファンタジー2020年8月号』に掲載された地縛少年花子くん【最新第68話】スミレ 其の三のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 花子くんたちが連れてこられた場所は時の牢獄だった。
  • スミレはこの場所で六番を待ち続けていた。
  • 八尋はスミレを連れてこの世界から逃げ出そうと考える。
  • 葵の手を放さない茜。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告