空母いぶき GREAT GAME【最新第6話】一隻の船 ネタバレと感想!

この記事では、2020年3月10日発売の『ビックコミック2020年6号』に掲載された空母いぶき GREAT GAME【最新第6話】一隻の船のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • 謎の物体はロシアのソナー
  • 早期解決を決断し曳航を認める日本政府
  • 「しらぬい」の行動はニュースになる

という内容でした。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『空母いぶき GREAT GAME』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

空母いぶき GREAT GAME【最新第6話】一隻の船 ネタバレ

空母いぶき GREAT GAME【最新第6話】一隻の船

 

曳航される「ディオサ号」の舵は30%も動かず「しらぬい」は鉄塊を引っ張るようなものです。

ロシアのソナーは、大容量のメモリーに各国の潜水艦の音紋データだけではなく、ロシア潜水艦の移動記録までも記録されています。

さらに、核弾頭を搭載した原潜の位置がバレる可能性もあるため、ロシアは「ディオサ号」を北極海から脱出させないでしょう。

 

日本では柳澤総理の緊急会見が始まりました。

「しらぬい」が魚雷を発射した理由を記者たちから追求されますが、目の前で溺れている人を助けるのに理由がいるかと、質問を退けてソナーの件を触れない総理。

それを目にした秋津は、総理を強い人だと感想します。

 

そのころ蕪木は、スカイプでは他国に受信されるため、アニタと直接会話をしようと「ディオサ号」に向かいました。

ボーフォート海に向かうと、航海予定を説明して連絡を密にと要請する蕪木。

 

北極海の現状を見て覇権争いをしている世界を嘆きながら、北極海と世界を守りたいとするアニタ。

仲間を守るためには日本を守るしかないと入隊希望を語る蕪木。

 

2人は、万が一の場合、ソナーのことを公表する考えで一致します。

ついにボーフォート海へ曳航を始める「しらぬい」

蕪木は、ロシアからの攻撃はあると、気を引き締めるのでした。

スポンサーリンク



空母いぶき GREAT GAME【最新第6話】の感想

総理の会見は汗を流すことなく、ソツなくこなした印象を受けました。

「沈黙の艦隊」や前作のいぶきなど、かわぐち作品では芯の強いリーダーが描かれることが多いです。

これならば現場も安心して仕事が出来ることでしょう。

 

蕪木はロシアの再攻撃を危惧していますが、例のソナーには自国以外の潜水艦のデータがメモリーされている可能性もあります。

ということは、ロシアと他の国が結託したり、もしくは責任をロシアに押し付けて攻撃する第三国、というケースが起こり得るかもしれませんね。

まとめ

ということで、

この記事では、2020年3月10日発売の『ビッグコミック2020年6号』に掲載された空母いぶき GREAT GAME【最新第6話】一隻の船 のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • ロシアのソナーは超優秀
  • 堂々とした総理会見
  • ボーフォート海に向けた曳航開始

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク