JJM 女子柔道部物語【最新第72話】ベオグラード世界選手権 ネタバレと感想!

この記事では、2020年3月24日発売の『イブニング2020年8号』に掲載されたJJM 女子柔道部物語【最新第72話】ベオグラード世界選手権のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • 残り1秒で勝利したえも。
  • 旭川支部大会はカムイ南の独壇場
  • えもの写真は掲載されるも残念な姿

という内容でしたね。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『JJM 女子柔道部物語』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

JJM 女子柔道部物語【最新第72話】ベオグラード世界選手権 ネタバレ

JJM 女子柔道部物語【最新第72話】ベオグラード世界選手権

 

1989年に開催されたベオグラード世界選手権。

カムイ南の柔道部員たちは、地元北海道から越乃忠則選手が日本代表の60kg以下級で出場していることから校長室でTV観戦をしていました。

 

決勝まで勝ち残った越乃を知るえもたちは、勝負師の顔だと盛り上がり、一緒に観戦している九戸も優勝を期待します。

しかしながら、越乃はソ連のトカチシビリに谷落としで有効を奪われて惜しくも敗退し、銀メダルに終わりました。

 

その健闘に拍手を送る柔道部員でしたが、九戸は越乃の苦労を知るだけに涙を流します。

 

試合が終わり、佐藤監督に泣きながら膝をついと詫びる越乃でしたが、膝の状態を知る佐藤は凄いと褒め称えます。

 

 

この大会は男子が小川田、古賀山が金メダル。

えもと同じ61kg以下級は「石にかじりついて」もの執念で小林が敗者復活戦から銅メダル。

 

しかし、主役は金メダルのクリスティーヌ・フローリーでした。

美人柔道家にときめく男子でしたが、えもが「メルシー♡」とまたもや場をコケさせます。

 

 

そして秋も深まり春高の全道大会が近づいてきました。

えもにとっては二度目で最後の春高になります。

 

実戦形式の稽古を取り入れるカムイ南柔道部は、悲願の全道制覇に動き始めるのでした。

スポンサーリンク



JJM 女子柔道部物語の最新話を含む『イブニング』を無料で読む

JJM 女子柔道部物語【最新第72話】ベオグラード世界選手権 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXT という動画配信サービスです。

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「イブニング最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

 

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

 

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

 

JJM 女子柔道部物語【最新第72話】感想

出てくる出てくる有名人。

 

今回は実際の世界選手権をベースにした話だけあり、元ネタは誰か当てるだけでも楽しいです。

小川直也に古賀稔彦。

 

そして女子61kg級以下。

おフランスの人カトリーヌ・フローリがキター!

髪型までがっつり再現しています。

 

ちなみに原作者の恵本さんは、金メダルを獲ったバルセロナ五輪でカトリーヌと3回戦で実際に戦い勝利していますので、えもが自身のモデルとして描かれることから、今回の話は後々の伏線になることでしょう。

まとめ

ということで、

この記事では、2020年3月24日発売の『イブニング2020年8号』に掲載されたJJM 女子柔道部物語【最新第72話】ベオグラード世界選手権のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 世界選手権で越乃は銀メダル。
  • 女子61kg以下級はクリスティーヌ・フローリーが金メダル。
  • 全道制覇を目指すカムイ南柔道部。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです!

 

こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければご覧ください!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告