JJM 女子柔道部物語【最新第76話】最後の春高 ネタバレと感想!

この記事では、2020年6月23日発売の『イブニング2020年14号』に掲載されたJJM 女子柔道部物語【最新第76話】最後の春高のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • 中島体育センターに到着したえもたち。
  • 最強の漢、三四郎と記念写真。
  • 全道大会の開催が宣言される。

という内容でしたね。

 

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

ちなみに、こちらの漫画を絵付きで読みたい方は、U-NEXTという動画配信サービスの初回無料特典を利用すると今すぐ無料で読むことができますよ。

※31日間の無料お試し期間内に解約すれば料金は発生しません

 

それでは『JJM 女子柔道部物語』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

JJM 女子柔道部物語【最新第76話】最後の春高 ネタバレ

JJM 女子柔道部物語【最新第76話】最後の春高

 

全道柔道大会が開催される札幌中島体育センターは、初戦から凄い熱気に覆われています。

去年の大会で5階級制覇をした極大は3年生が引退し、全国大会チャンピオンの五十嵐と常森も引退していることから、今年はどんな道産子の星が出てくるのか報道席も楽しみのようです。

 

まずは、女子48㎏級以下です。

カムイ南は二瓶と米倉がエントリーしています。

 

米倉は般若のような表情で息絶え絶えになりながらも見事一本勝ち。

これには応援に来た3年生OBのあややも喜びます。

 

今度は女子52㎏級以下で、こちらには有本と井堀が参戦しています。

井堀の相手は三度笠高校の杉山です。

 

解説席にいながら教え子の登場にヒートアップする九戸ですが、井堀は素早い小内で相手を倒すとそのまま抑え込みで一回戦を突破。

 

次は56㎏以下の会場はカムイ南からの出場選手はいませんが、えもたちは見たことのある選手たちの活躍を目にします。

進学が決まった常森から声援を受ける旭竜の鶴田と、大声が響く網走東の水町の2人です。

 

元々は61㎏級以下の選手でしたが、えもとの対戦を避けるために階級を落としてきたようです。

しかし、えもの同階級には旭川支部大会の再選を熱望する和泉がいます。

耳の腫れなど気にしない。

 

えもを王座から引きずり下すつもりで、決勝まで勝ち残る気満々です。

スポンサーリンク



『JJM 女子柔道部物語』の最新話を含むイブニングを無料で読む

JJM 女子柔道部物語【最新第76話】最後の春高 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXT という動画配信サービスです。

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「イブニング最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

 

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

 

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

 

JJM 女子柔道部物語【最新第76話】の感想

話の構成としてはスポーツ番組にダイジェストのように半ば駆け足気味の展開となりましたが、痩せた水町の姿は予想通りに61㎏級以下を避けて、56㎏級以下に参加するための減量でした。

剣道と違い階級別があるスポーツではよくある話で、レスリングでいえば当時“霊長類最強”とうたわれた吉田沙保里との対戦を避けるため階級を変えた伊調馨など、その例は枚挙にいとまがありません。

 

かつての対戦相手が別の階級に移り少し寂しそうなえもでしたが、打倒に燃える和泉のリベンジ決戦が楽しみです。

まとめ

ということで、

この記事では、2020年6月23日発売の『イブニング2020年14号』に掲載されたJJM 女子柔道部物語【最新第76話】最後の春高のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 順調に勝ち進むカムイ南の選手たち。
  • 審判中でも髪型を気にする国友先生。
  • 打倒えも!に燃える和泉。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告