十字架のろくにん【最新第5話】1人目 ネタバレと感想!

この記事では、2020年8月7日発売の『別冊少年マガジン2020年9月号』に掲載された十字架のろくにん【最新第5話】1人目のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • カツミたちの悪意は底なしだと実感するシュン。
  • シュンの反撃によってカツミは気絶。
  • カツミが気付くと、そこは何もない部屋。
  • シュンの復讐相手1人目はカツミ。

という内容でしたね。

 

 

 

いよいよ1人目の復讐の始まり。

シュンはカツミにいったいどんなことをしようとしているのでしょうか!?

 

この漫画を今すぐに絵付きで読みたいという方は、ebookjapanの初回登録の特典を使うと半額で購入することができます。

 

 

それでは『十字架のろくにん』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

十字架のろくにん【最新第5話】1人目 ネタバレ

十字架のろくにん【最新第5話】1人目

 

復讐の始まり

カツミが目を覚ましたところは一面にビニールが張られた蒸し暑い部屋。

その部屋には鏡と机に置かれたピーラーが。

 

 

自分はこれから何をされるのか?

カツミはとても不安そうだ。

 

ここでシュンが話し出す。

ビニールシートを辺り一面に張っておけば、何が散っても後処理が簡単だと。

 

そして、取り出したのはカツミが幼い頃にシュンを撃っていたものと同じモデルの改造エアガン。

シュンの腹部にはその時撃たれた傷が今もくっきりと残っている。

 

鏡に映った自分の姿

カツミは泣きながら、あの時のことは本意ではない、リーダー格のキョウに洗脳されていただけだと、苦し紛れの言い訳をする。

 

シュンはもうカツミの言うことを信じない。

ここでシュンがカツミの汗がすごいことを話す。

 

カツミはすごく蒸し暑いからと言うが、シュンは汗一つかいていない。

シュンは、それは神経が過敏に反応しているせいかもと言った。

 

ここでシュンが大きな鏡をカツミの方に向ける。

するとそこには胸と腹、両方の太ももの皮がはがれたカツミの姿が映し出された。

先ほど見たピーラーはこのために使われたのだった。

 

 

鏡に映った自分の姿を見て悲鳴を上げるカツミ。

それと同時に麻酔が切れた体は、神経がむき出しになったことによって触れられただけで激痛が走る。

 

そして命乞いをするように必死に謝るカツミだった。

 

本音

シュンがエアガンでカツミの体を撃つ。

あまりの傷みに悶絶するカツミ。

 

そしてカツミの本音が口から出る。

自分がエアガンで虫を撃とうとしたのを拒絶したシュンが悪いのだと。

キョウはそんな自分を認めてくれたと。

 

カツミはさらに言う。

シュンの苦しむ姿をもっと見たい。

弟が死んだときの顔も見ものだろうと。

 

そう本音で話すカツミにシュンはエアガンを向けた。

 

その後

シュンは小屋にチヅルを迎えに来た。

なんともなさそうなシュンを見てホッとするチヅル。

 

シュンは、今回は約束ではなく脅迫だと言い、ここで起きたことを黙っているか死ぬかの選択をチヅルに迫った。

 

 

その後、学校ではカツミが先週の金曜日から行方が分からないことが担任から告げられた。

それを聞いてざわつく教室。

 

友達に話しを振られたチヅルは、黙って誰も座っていない席を見つめていた…

 

 

シュンは弟のカケルの見舞いに来ていた。

痛々しい姿のカケルは、あれからずっと意識不明のままだった…

 

くせ者刑事登場

刑事課では、巡査長の太田が巡査部長の安西を探している。

 

休憩所にいた安西に、千光寺カツミという高校生が行方不明になったことを太田が知らせた。

その名前に聞き覚えがある安西。

 

安西が内ポケットから取り出した手帳には、シュンの家族の事故についてのことが記されていた。

スポンサーリンク



『十字架のろくにん』の最新話が載っている別冊少年マガジンを無料で読む

十字架のろくにん【最新第5話】1人目 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方は、フジテレビが運営する動画配信サービスFODプレミアムの無料お試し期間をうまく利用すれば『別冊少年マガジン』の最新号を無料で読むことも可能です。

 

ただ、無料で読むためには

  • AmazonPayのアカウントを持っていない方は新規作成する必要がある
  • 1~4、9~14、19~26日以外の日に無料登録する必要がある
  • 無料期間中、8の付く日にサイトにログインしてポイントをもらう必要がある(お試し期間中に2回必要)
  • 無料期間内に解約をしなければ自動継続となり月額が発生してしまう

など、かなり面倒な手続きが必要となります。

 

さらに、漫画雑誌が購入可能なポイントが貯まるまで待つ必要があるので、もちろん今すぐに読むことも出来ません。

 

 

ここまでの説明で、大半の方は

 

「そこまでして無料で読むくらいならお金を払って読んだ方がマシだ!」

 

と思うはず。

 

そこでオススメしたいのが、Yahoo!が運営するebookjapanという電子書籍サービスです。

こちらでは初めて会員登録された方に50%OFFクーポンをプレゼントしてくれるので、『別冊少年マガジン』を半額で購入することができます!

ebookjapanがおすすめの理由は?

ebookjapanをおすすめするのには以下の理由があります。

 

  1. 漫画の品揃えがたくさん
  2. 無料漫画が多数
  3. お得なキャンペーンやセールが豊富
  4. Tポイントが使える・貯まる
  5. 本棚の背表紙表示

 

ebookjapanは、漫画の品揃えに関しては世界最大級を謳うだけあって、漫画の配信作品数は電子書籍サイトの中でもトップクラス。

配信数約64万冊、全10ジャンルのうち、半数以上は漫画の取り扱いです。

過去の名作~話題の最新作や最新巻まで、他のサイトでは見つからないような古い漫画やマニアックな漫画などもebookjapanなら見つかる可能性大!

 

 

また、無料で配信されている漫画には、

  • 2000冊以上の常時無料タイトル
  • 一定期間丸ごと1巻~無料で読める無料キャンペーン
  • 曜日や月ごとに人気コミックの続きが更新される無料連載
  • 毎日提供されるチケットで、1日最大8話まで無料で読めるチケット無料

 

など、無料で読める漫画だけでもかなりの満足感があります。

そして、無料と言っても人気作品やビッグタイトルが多いのもebookjapanのいいところ。

 

 

さらにebookjapanの特徴でもある本棚の背表紙表示は、マンガ好きの方にもかなり好評です。

 

電子書籍の残念なところは、本棚に並んでいる漫画を見るといった所有欲を満たしにくいところでしたが、電子書籍をまるで本棚にしまっているかのようなこのデザインは、漫画好きの方なら必ず喜んでもらえると思います。

 

また、”背表紙が繋がって1つの絵になる”といったデザインのコミックなども揃えがいがありますね。

 

本棚の背表紙表示ができるのは、今のところebookjapanのみとなっています。

 

 

ebookjapanは会員登録も無料で、月額などもかかりません。

気になる方は公式サイトをチェックしてみてください!

 

初めての登録の方に限り、1冊50%OFF(最大割引額500円)クーポンがもらえます♪

十字架のろくにん【最新第5話】の感想

とうとう1人目の復讐が終わりました。

 

それにしてもシュンの拷問がひどい!

剥き出しの神経をエアガンで撃たれるっていったいどれほどの傷みなんでしょう?

考えただけでも恐ろしいです。

 

ただ、その相手であるカツミが最後の最後まで腐った人間すぎて、まったく同情できませんでした。

シュンがされたことや、今回の発言をを考えたらこれでも生ぬるい気がします。

 

それにしてもここでシュンの過去を知る刑事が登場ですか…

このまま残りの4人も行方不明になっていくと確実にシュンが疑われることになりますね。

 

また、今回のことを知っているチヅルが果して黙っていられるでしょうか?

チヅルが黙っている気でいても、安西に言い寄られたりすればすぐに顔に出てしまいそうな気がします。

 

安西という邪魔者の登場で、シュンの復讐が上手くいくのか?

これからの展開が楽しみになってきました!

まとめ

ということで、

この記事では、2020年8月7日発売の『別冊少年マガジン2020年9月号』に掲載された十字架のろくにん【最新第5話】1人目のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 1人目の復讐が終了。
  • 学校ではカツミが行方不明になったことが告げられる。
  • カツミのことを調べ出す刑事。
  • カツミの名前に聞き覚えがある刑事・安西。
  • 安西はシュンの家族の事故について調べていた?

という内容でした。

 

安西という邪魔者の登場でこれからの展開が楽しみになってきましたね!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告