十字架のろくにん【最新第6話】余波 ネタバレと感想!2人目のターゲットは誰!?

この記事では、2020年9月9日発売の『別冊少年マガジン2020年10月号』に掲載された十字架のろくにん【最新第6話】余波のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • 1人目の復讐が終了。
  • 学校ではカツミが行方不明になったことが告げられる。
  • カツミのことを調べ出す刑事。
  • カツミの名前に聞き覚えがある刑事・安西。
  • 安西はシュンの家族の事故について調べていた?

という内容でしたね。

 

 

 

カツミへの復讐を果たしたシュン。

次のターゲットとなるのはいったい誰なのでしょうか!?

 

この漫画を今すぐに絵付きで読みたいという方は、コミック.jpの初回お試し登録を利用することによって今すぐ無料で読むことができます。

 

今すぐ無料で『別冊少年マガジン』の最新号を読む!

現在1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

 

それでは『十字架のろくにん』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

十字架のろくにん【最新第6話】余波 ネタバレ

十字架のろくにん【最新第6話】余波

 

2人目のターゲット

ようやく1人目の復讐を終えたシュンは、次は油断せずに徹底的にやると決める。

そんなシュンが2人目の復讐相手として選んだのは右代 悠牙(ウシロ ユウガ)。

 

15歳になったウシロは私立高校に通うかたわら、売春あっせんに麻薬の売買と悪の限りを尽くしていたのだった。

 

来客

不良との接点を持たないシュンが現在抱える問題としては、ウシロにどうやって近づくかということ。

そんな時、玄関のチャイムが鳴った。

 

シュンが玄関の扉を開けると、そこには橋田署刑事課の安西と太田の姿が。

俊が安西と会うのはあの事件以来四年ぶり。

 

安西はシュンの雰囲気の変わりように驚いた様子だ。

 

安西の目的は?

今回安西がここにやってきたのはカツミの捜査のため。

カツミが失踪する前にシュンとカツミが良く話していたという情報を掴んだからだった。

 

シュンはクラスメイトだったから話くらいすると答える。

それを聞いた安西は、自分をいじめていた人間となぜ仲良くできるのか?と訊いた。

 

それに対してシュンは、自分はいじめられてなどいないと四年前と同じように答える。

 

 

ここで安西がシュンに質問をする。

もしも四年前の事件が事故ではなく、両親を殺した挙句、弟を植物状態にした人間がいるとすればどうするか?と。

 

シュンは殺すと答える。

シュンのその目を見て恐ろしさを感じる安西と太田。

そして安西は今回の事件がただ事ではないと悟った。

 

 

ここでシュンのおじいちゃんが顔を出し、過去の事件から前を向き始めたシュンの邪魔をするのなら帰ってくれと言う。

 

安西たちが帰った後、おじいちゃんは安西たちがシュンのことを疑っていると言った。

シュンは証拠は何も残さないと返す。

 

集会

高架下に集まったキョウ、ウシロ、クガ、マドカ。

 

今回4人が集まったのはカツミがいなくなったことについてだった。

 

キョウの中で考えられるのは

  1. 生きていた連絡はできるがしていない。
  2. 生きてはいるが何らかの理由で連絡できない。
  3. 死んでいる。

の3つ。

 

ここでクガが、カツミがシュンのことで思いつめているようだったことを話す。

それを聞いてキョウは3だと呟いた。

 

数日後

夜のコンビニにたむろしている不良たち。

そこに女を乗せたウシロがバイクで現れる。

 

ウシロは、女を今度から新しく働く子だと不良たちに紹介する。

その女の姿はチヅルだった。

スポンサーリンク



『十字架のろくにん』の最新話が載っている別冊少年マガジンを無料で読む

十字架のろくにん【最新第6話】余波 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、現在は特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
これだけあれば『別冊少年マガジン』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『別冊少年マガジン』の最新号を読む!

2021年6月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

十字架のろくにん【最新第6話】の感想

2人目の復讐相手はウシロに決定しました。

ウシロは高校生とは思えないようなことをしていて、今回も同情の余地はなさそうです。

 

それにしても今回のことと言い、チヅルちゃんが巻き込まれすぎじゃないですか?

 

これってもしかしてシュンがウシロとの接点を持つために仕組んだことじゃないですよね?

もしそうだとしたらシュンもやりすぎなような気もします…

 

そしてカツミの失踪について何か勘付いたようなキョウ。

また、そのことに対して少し嬉しそうなところも不気味です。

 

キョウは昔シュンのことを実験体と呼んでいましたが、もしかしてシュンが復讐に来ることを狙っていたのでしょうか?

 

まとめ

ということで、

この記事では、2020年9月9日発売の『別冊少年マガジン2020年10月号』に掲載された十字架のろくにん【最新第6話】余波のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • シュンが2人目の復讐相手として選んだのは右代 悠牙(ウシロ ユウガ)。
  • 刑事課の安西はシュンのことを疑っている。
  • キョウは、カツミが消えたのがシュンの仕業だと気づいた。
  • またしてもチヅルが巻き込まれる?

という内容でした。

 

2人目の復讐相手が決まったシュン。

シュンがウシロをどうやって追い詰めていくのか?

次回も楽しみです!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

この漫画を今すぐに絵付きで読みたいという方は、コミック.jpの初回お試し登録を利用することによって今すぐ無料で読むことができます。

 

今すぐ無料で『別冊少年マガジン』の最新号を読む!

現在1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告