K2【最新第374話】反乱 ネタバレと感想!

この記事では、2020年3月24日発売の『イブニング2020年8号』に掲載されたK2【最新第374話】反乱のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • プレッシャーのギエム王
  • 人智を超えた力は夜目?
  • オペを主張するTETSU
  • 響き渡る銃声!

という内容でしたね。

 

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『K2【最新第374話】反乱』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

K2【最新第374話】反乱 ネタバレ

K2【最新第374話】反乱

 

別荘に響く銃声。

発砲した若い待医のシタは、この行為は古き良き王室を守るためだと主張。

医師長のメルザを連行してルアン王妃の部屋に向かい、そこでギエム・ポー王と直談判をするつもりです。

 

1人で部屋に入り座り込むギエム王の背後に、先代ラジム王の姿を感じるメルザ。

一方、地下に監禁された医師達に窓の外から屋敷の様子を伝えるKですが、TETSUは今の茶番よりもこれからが大変だと懸念の表情です。

 

お腹の世継ぎは王家のしきたりを守る限り、助からないという事実を聞き愕然とするギエム王。

にもかかわらず禁忌の帝王切開に踏み切る医師団たちの決断を阻止すべく、蛮行に走ったとシタは言うのでした。

 

しかし、その後を考えていないシタを「甘い」と一喝するメルザ。

 

すると、今度は外で待機していたガードマンまでもが部屋に入り込んできたのです。

反乱とはこうやるのだと、黒幕として本性を現したメルザは瞬く間に邸内を制圧します。

 

金さえ積めば仕事をするTETSUを雇ったメルザでしたが、帝王切開だけでなく世継ぎを救う手立てを始めていたことに失望したと言います。

 

王家への忠誠を誓ったメルザの反乱を腑に落ちないK。

こうして5日が経過しました。

 

ショックのため食欲のない王妃が切迫早産の危機に陥り、監禁されている医師団からシタと看護婦3名が呼ばれます。

しかし、これを頃合いとみたTETSUとKがいよいよ動き出します。

スポンサーリンク



『K2』の最新話を含むイブニングを無料で読む

K2【最新第374話】反乱 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXT という動画配信サービスです。

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「イブニング最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

 

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

 

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

 

K2【最新第374話】の感想

若いながらも王家や国の未来を憂いての行動をしたシタでしたが、若いゆえに詰めが甘かったようです。

 

その後はメルザが反乱の見本とばかりの手際の良さでしたが、やはりK同様に何故に?と疑問は生じます。

 

これは想像ですが、王家のしきたりにこだわり過ぎている古い慣習を、敢えて自身が汚名を被ることで一度払しょくし、ギエムに新たな王室の在り方を期待するための行為なのかとも考えられます。

そのためには世継ぎには尊い犠牲となりかねないようですが、メルザはまだ本心を隠しているようにも見えますね。

 

まとめ

ということで、

この記事では、2020年3月24日発売の『イブニング2020年8号』に掲載されたK2【最新第374話】反乱のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 世継ぎ暗殺の黒幕はメルザ医師長。
  • 王妃は切迫早産の危機。
  • 監禁されたTETSUとKが動き出す。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです!

 

こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければご覧ください!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告