神威事変-カムイジヘン-【最新第5話】一の代償 ネタバレと感想!

この記事では、2019年9月9日発売の別冊少年マガジン2019年10月号に掲載された神威事変-カムイジヘン-【最新第5話】一の代償のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • 朝倉の前に黒の神骸を前にして自分の無力さを知った。
  • 黒の神骸の前に白の神骸が現れる。
  • 白の神骸は戦いに敗れ、中にいた日向、朝倉は致命傷を負う。
  • 日向は、朝倉を助けるため、白の神骸・白刃に朝倉を食わせる。
  • 朝倉が目を覚ますと、そこには都築がいた。

という内容でしたね。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『神威事変-カムイジヘン-』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

神威事変-カムイジヘン-【最新第5話】一の代償 ネタバレ

神威事変-カムイジヘン-【最新第5話】一の代償

 

朝倉が目覚めたのは京都襲撃から1ヶ月後だった。

あの日以来、黒狐の神骸は姿を見せずない。

 

外を眺める朝倉に、加賀美と剛田が話しかける。

加賀美たちは、朝倉に京都士官学校の中を案内し、最近できた見晴らし台へと連れて行った。

そこには、加賀美の妹・じゅんと弟・あきらがいた。

 

ここでは、満6歳以上は全員士官学校に入るように法改正されていた。

虎児を受け入れるためにやむを得ずされたことだった。

 

朝倉は、加賀美から逃げようとするじゅんとあきらを見て、どこかで見たことがあるようだと思った。

 

 

京都の事件から1ヶ月。

朝倉は、このままだとまたあの神骸と戦うことになるのかと思うと、手が震える。

 

そんな時、朝倉は墓のようなものを見つけた。

そこには、朝倉を助けた日向の名前も書かれていた。

 

ベンチに座る朝倉に、都築が話しかける。

都築は、日向が死んでしまったのは朝倉のせいだと責め立てる。

そこで朝倉が何かを話すと、都築は怒って、朝倉を投げ飛ばした。

 

それを助けたのは、山城(やまぎ)という教官。

山城は、朝倉と都築の争いの仲裁に入る。

都築は、何もできない朝倉の正義感のために、朝倉の何万倍もの人間を救うことができた日向が死んでしまったことに怒り、大声をあげる。

 

日向を死なせたのは自分のせいだと落ち込む朝倉を、山城が連れ出す。

朝倉が連れてこられたのは、白の神骸・白刃が保管されている場所。

朝倉は、日向が白刃に喰われたことを思い出す。

 

日向は、自分を糧にすることで、朝倉の傷を治す可能性に賭けたのだった。

朝倉は、自分を食わせて日向が生き残ればよかったのにと言う。

山城は、日向は絶対にそんなことをする人間ではないと言った。

 

事情を知ってさらに思いつめる朝倉。

それを見た加賀美は、日向にもらった2度目の人生を無駄にすることは許さないと言う。

 

 

朝倉は、もう一度都築の元へ行き、自分は日向のために戦うと言った。

朝倉の言葉がキレイごとにしか聞こえない都築は、朝倉の顔に突きを入れる。

その腕を掴む朝倉の目は、普通の人間ではないようだった。

 

敵を倒し、東京を取り戻すと言う朝倉に、簡単に言うなと返す都築。

朝倉は、そんなことは百も承知、だからお前たちの力を貸して欲しいと言う。

山城は、自分もその案に載ると言った。

 

これからの戦いは、白の神骸を中心としたものになるという山城。

そしてこれからは、4人一組で作戦に当たってもらうと言う。

 

山城は、ここにいる朝倉、都築、加賀美、剛田の4人に第1班として活動してもらうと言った。

スポンサーリンク



神威事変-カムイジヘン-の最新話が載っている別冊少年マガジンを無料で読む

神威事変-カムイジヘン‐【最新第5話】一の代償のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、現在は特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
これだけあれば『別冊少年マガジン』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『別冊少年マガジン』の最新号を読む!

現在1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

神威事変-カムイジヘン-【最新第5話】一の代償 感想

日向に命を救われた朝倉。

日向のためにも、日向がこれから先倒すはずだった敵を倒してもらいたいです。

そうすれば、都築もだんだん朝倉のことを認めてくれるかもしれませんね。

 

また、今回のお話から徐々に話の細かい設定も見えてきました。

  • 白の神骸は、単独では戦うことができず、人間とつながることで力を発揮することができる。
  • 神骸乗り?には、強襲型、観測型、特異型などが存在する。

 

前回気になった、朝倉がなぜか知っていると感じた、黒の神骸、白の神骸、都築のことについての答えはまだ分かりませんでしたが、次回あたりで分かればいいなと思います。

次回はどんな展開になるのか?今から楽しみですね。

まとめ

ということで、

この記事では、2019年9月9日発売の別冊少年マガジン2019年10月号に掲載された神威事変-カムイジヘン-【最新第5話】一の代償のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 朝倉が1ヶ月ぶりに目を覚ます
  • 日向を死なせたのは自分のせいだと落ち込む朝倉
  • 朝倉は、日向にもらった命を無駄にしないと誓う
  • 朝倉、都築、加賀美、剛田の4人は第1班として活動することに

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです!

 

こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければこちらもご覧ください!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告