神威事変-カムイジヘン-【最新第6話】僅かな勝利 ネタバレと感想!

この記事では、2019年10月9日発売の別冊少年マガジン2019年11月号に掲載された神威事変-カムイジヘン-【最新第6話】僅かな勝利のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話では、

  • 朝倉が1ヶ月ぶりに目を覚ます
  • 日向を死なせたのは自分のせいだと落ち込む朝倉
  • 朝倉は、日向にもらった命を無駄にしないと誓う
  • 朝倉、都築、加賀美、剛田の4人は第1班として活動することに

という内容でしたね。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『神威事変-カムイジヘン-』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

神威事変-カムイジヘン-【最新第6話】僅かな勝利 ネタバレ

神威事変-カムイジヘン-【最新第6話】僅かな勝利

 

朝倉が神骸乗りになるための訓練をする。

朝倉の両手からは、わずかな電気が発せられた。

その時間は32秒。

朝倉を指導する牧によれば、この時間が、今の朝倉が神骸を動かすことができる時間らしい。

そして、自ら発電し電気を操ることから、神骸を操る者のことを雷電兵と言うそうだ。

 

東京が陥落してから2年。

日本の半分は人が住めるところではなくなった。

この間に総勢11人いた第一世代の雷電兵は、日向が戦死したことによって残り3人にまで減ってしまう。

第二世代は、数は多いが、まだまだ訓練の段階だ。

黒の神骸は、今のところ停滞期で動きはないが、敵が動き出す半年後に攻めてこられたら、こちらの戦力はひと月も持たないらしい。

 

 

牧が言うには、神骸を操るには最低でも30分はほしいそうだ。

朝倉は、他の雷電兵たちがどれくらいんの時間、神骸を操ることができるのかを訊く。

そこで、今の自分の実力がどれほどないかを知ることになった。

朝倉は、自分にできることを頑張るというが、心の中では悔しそうだ。

 

 

食堂に行った朝倉は、剛田と加賀美に話しかける。

2人は、この2週間、同じ班になった都築を説得しようとしているが、まだ会話もできていないようだった。

朝倉は、都築や山城と同じ第一世代である牧に、都築についての話を聞きに行く。

 

 

そこで牧が言うには、都築は個々のつながりを持たないようにしているらしい。

その時、檻に入れられた小型の黒の神骸が運ばれてくる。

これが、白の神骸にとって最適な餌になるのだと、牧は言った。

 

 

再び続きを探す朝倉、剛田、加賀美の3人。

朝倉は、都築が今も昔の仲間と戦い続けているのだと考える。

 

 

小型の黒の神骸が檻に入れられ、並べられている。

1人の兵士が、1つの檻にいる黒の神骸が大きくなっているのに気づいた。

どうやら小型の神骸が脱皮して成長したようだ。

 

黒の神骸が檻を破り、他の小骸も逃がす。

1体の小骸が子供を襲おうとしたところを、朝倉が助けに入る。

今度は朝倉が襲われそうになったが、剛田の電撃によって小骸を倒すことができた。

 

黒の神骸は、食堂の方にいることが分かった。

脱皮した黒の神骸には、剛田の電撃も効かないらしい。

朝倉は、自分が時間を稼ぐからと言って、剛田と加賀美に武器を取ってくるように言う。

 

 

朝倉が、黒の神骸のところに行くと、そこでは女性が襲われていた。

朝倉は、自分ではどうすることもできないことを知りつつも、反射的に女性を救い出そうとする。

しかし、素手で戦う朝倉は、黒の神骸に歯が立たない。

そこに都築がやって来て、いとも簡単に黒の神骸を倒した。

 

 

4日後、都築と話す朝倉、剛田、加賀美。

朝倉は、都築にこの間のことの礼を言い、これから強くなる努力をすると言う。

 

都築は、牧と話したことを思い出す。

また仲間を失うのが怖いのか?

関わらない方が楽だが、朝倉達は都築のことを必要としていると言われたことを。

 

都築は、朝倉達と戦うことにする。

スポンサーリンク



神威事変の 最新話を含む別冊少年マガジンを無料で読む

神威事変-カムイジヘン-【最新第6話】僅かな勝利のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、現在は特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
これだけあれば『別冊少年マガジン』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『別冊少年マガジン』の最新号を読む!

2021年6月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

神威事変-カムイジヘン-【最新第6話】の感想

今回から、神骸乗りになるための訓練を始めた朝倉。

しかし、黒の神骸と戦うためにはまだまだ訓練が必要ですね。

 

そして、都築が朝倉達を避ける理由も分かりました。

都築は、大事な仲間を失うのが嫌だからこそ、個々の関りを持とうとせずに1人で戦おうとしてたんですね。

都築は、口は悪いけど実は仲間思いの優しい奴だと言うことが伝わりました。

 

これで、朝倉達も4人の班で行動できるようになりそうですね。

次回はどんな展開になるのか?

今から楽しみです!

まとめ

ということで、

この記事では、2019年10月9日発売の別冊少年マガジン2019年11月号に掲載された神威事変-カムイジヘン-【最新第6話】僅かな勝利のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 朝倉は、神骸乗りになるための訓練を始める。
  • 都築は、朝倉たちと戦おうとしない。
  • 餌用の黒の神骸が逃げ出す。
  • 黒の神骸と戦う朝倉。
  • 都築が朝倉を助ける。
  • 都築は、朝倉たちと戦うことにする。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです!

 

こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければこちらもご覧ください!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告