神威事変-カムイジヘン-【最新第8話】旧最終防衛線 ネタバレと感想!

この記事では、2019年12月9日発売の別冊少年マガジン2020年1月号に掲載された神威事変-カムイジヘン-【最新第8話】旧最終防衛線のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • 神骸の操作訓練を続ける朝倉。
  • 朝倉は無意識に攻鞭を使うことができた。
  • 1週間後に旧最終防衛線の奪還作戦が開始される。

という内容でしたね。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『神威事変-カムイジヘン-』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

神威事変-カムイジヘン-【最新第8話】旧最終防衛線 ネタバレ

神威事変-カムイジヘン-【最新第8話】旧最終防衛線

 

旧最終防衛線・名古屋では、奪還作戦が開始された。

 

 

1週間前。

指揮官である大迫は、今の雷電兵に足りないもの、それは実戦だと言った。

朝倉たちは本来実戦にはまだ早かったが、今の状況ではそうも言えなくなったと大迫は言う。

 

それは東京では1体しか確認されていなかった黒の神骸が4体も現れたからだ。

今まで国内に現れた3対に加え、欧州を落としたと言われる個体が加わったのだ。

さらに黒の神骸の戦闘能力は、白の神骸の約10倍もあると言われる。

 

大迫は、このままではこの国はあと4カ月ほどで落ちてしまうと言った。

 

続けて大迫は言う。

現在、旧最終防衛線に黒の神骸はいない。

さらに小型級のものは停滞期により動きが鈍い。

実戦経験を積むには今がうってつけだと。

 

 

場面は、旧最終防衛線に戻る。

実践が足りないと言われていた雷電兵たちだが、朝倉が見たところ全員普通に戦っていた。

しかし、朝倉自身は、自分の力不足に嫌気がさしていた。

 

 

朝倉は、他の班の戦いを見て、4人での本来の戦い方がどういうものなのかを知る。

剛田は、自分たちの班が都築を中心として戦っていることから、都築が戦闘不能になった場合、どうなるのかと考えてしまう。

しかし剛田は、次の戦いまでに自分たちが強くなればいいだけだと思った。

 

 

軽傷者が数名出たものの、計画は順調に進んでいた。

その時、朝倉の右目に異変が。

 

ここで、大月班の班長・大月が、朝倉に話しかける。

大月は、今までに6人が逃走したが、その恐怖を押し殺して戦っている朝倉のことを立派だと言った。

 

敵の巣に各班が続々と到着する。

朝倉達も遅れてやってきた。

 

敵の巣を目の当たりにした朝倉。

その時、また右目に異変が。

 

朝倉は、地面の下からとても嫌な気配を感じる。

 

地面を裂いて現れたのは、まだ確認されていない5体目の黒の神骸だった。

 

今回、比較的簡単だと思われていた今回の作戦が、黒の神骸の出現のせいで状況は一変した。

スポンサーリンク



神威事変-カムイジヘン-最新話が載っている別冊少年マガジンを無料で読む

神威事変-カムイジヘン-【最新第8話】旧最終防衛線 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、2021年6月1日の18時までは特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
これだけあれば『別冊少年マガジン』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『別冊少年マガジン』の最新号を読む!

2021年6月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!

神威事変-カムイジヘン-【最新第8話】の感想

順調に進んでいた今回の奪還作戦でしたが、新たな黒の神骸の出現によって状況は最悪になってしまいました。

雷電兵は、勝ち目のほとんどないコイツとどう戦えばいいのでしょうか?

 

また、朝倉の右目に異変がありました。

そういえば朝倉の能力タイプはまだ分かっていませんでしたね。

もし、朝倉に黒の神骸を操る能力なんかが目覚めれば、これからの戦いが面白くなりそうなんですけどね~。

 

妄想はここまでにしておいて、雷電兵たちがこの状況をどう切り抜けるのか?

続きを楽しみにしながら、次号を待ちたいと思います!

まとめ

ということで、

この記事では、2019年12月9日発売の別冊少年マガジン2020年1月号に掲載された神威事変-カムイジヘン-【最新第8話】旧最終防衛線のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 旧最終防衛線・名古屋で奪還作戦が開始される。
  • 朝倉の右目に異変が。
  • まだ確認されていない5体目の黒の神骸が出現する。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告