神威事変-カムイジヘン-最終回!【最新第11話】ネタバレと感想!

この記事では、2020年3月9日発売の別冊少年マガジン2020年4月号に掲載された神威事変-カムイジヘン-【最新第11話】同じ光に包まれながらのネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • 白の神骸「蛇骨」に乗って戦う、都築と朝倉。
  • 黒の神骸には、姿を消す能力が。
  • 黒の神骸の攻撃により、白の神骸がやられる?
  • 朝倉が持っている刀で黒の神骸の左目を突く。

という内容でしたね。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『神威事変-カムイジヘン-』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

神威事変-カムイジヘン-【最新第11話】同じ光に包まれながら ネタバレ

神威事変-カムイジヘン-【最新第11話】同じ光に包まれながら

 

朝倉の刀が黒の神骸の左目に突き刺さる。

 

場面は少し前に戻り、朝倉が自分が思いついた作戦を都築に話す。

黒の神骸の攻撃は連続して使うには向いていない。

もし、都築がそれを受け止めることができたら、自分がそこに乗り移って一撃くらわしてやると。

 

朝倉は、黒の神骸の戦い方を見ていて、接近戦は得意ではないのかもしれないと考える。

そして、もし接近戦に持ち込めたなら勝つ見込みはあるか?と都築に訊いた。

 

 

場面は再び現在に戻る。

黒の神骸の手が朝倉に襲いかかる。

朝倉がそれをかわすと同時に、白の神骸・蛇骨の攻撃が黒の神骸に直撃。

 

黒の神骸はかなりのダメージを受けたようで、再び姿を隠そうとする。

しかし、それも叶わず、黒の神骸は蛇骨に喰われた。

 

 

今回おこなわれた旧最終防衛線奪還作戦では、雷電兵を20名失うことになってしまったが、朝倉たちによってこの国で初めて黒の神骸を倒すことに成功した。

その後は、統制を失った小骸の群れを一週間かけて駆逐。

作戦開始から12日後に、奪還作戦を完了した。

 

 

 

それから4カ月の月日が経った。

朝倉はいまだ神骸の操作にてこずっている様子。

ここで都築が、朝倉に的確なアドバイスをする。

 

朝倉は、都築のことを意外といい先生になるかもしれないと言った。

それに賛同する加賀美と剛田。

朝倉は、根拠はないが、その特殊な目で何かを感じているようだった。

 

 

それからまた月日が経ち、都築は本当に先生になっていた。

朝倉、加賀美、剛田は、その後の戦いで残念ながら死んでしまった。

 

都築はみんなの意志を受け継ぎ、この戦いに勝つことを決意する。

スポンサーリンク



『神威事変-カムイジヘン-』の最新話が載っている別冊少年マガジンを無料で読む

神威事変-カムイジヘン-【最新第11話】同じ光に包まれながら のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、2021年6月1日の18時までは特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
これだけあれば『別冊少年マガジン』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『別冊少年マガジン』の最新号を読む!

2021年6月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!

神威事変-カムイジヘン-最終回【最新第11話】の感想

個人的には面白いと思っていた神威事変も今回で最終回。

そして、朝倉たちは戦いで命を落としてしまったようですが、その辺の戦いもできれば見たかったのに残念です。

 

他にも、第3話で現れた龍骸との戦いの結果もきになったままですし、ほんともっと続いてほしかったです。

 

作者の秋山先生は次はどんな作品を描いてくれるのでしょうか?

次回作も期待しています!

まとめ

ということで、

この記事では、2020年3月9日発売の別冊少年マガジン2020年4月号に掲載された神威事変-カムイジヘン-【最新第11話】同じ光に包まれながらのネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 朝倉と都築は、黒の神骸を倒すことに成功。
  • 旧最終防衛線の奪還作戦が完了。
  • 朝倉、加賀美、剛田は、その後の戦いで死亡。
  • 都築はみんなの意志を受け継ぎ、この戦いに勝つことを決意する。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告