カーニヴァル【番外編】そして雪を堪能した ネタバレと感想!ゼロサム2月号は本編お休み

この記事では、2019年12月28日発売のコミックゼロサム2020年2月号に掲載されたカーニヴァル【番外編】そして雪を堪能したのネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • ケシキは、過去2度にわたって作り直された人類を見守っていた。
  • この星は、ナイという「調整者」と「始まりの科学者」がいる操縦塔、ケシキによって回っている。
  • ナイの役割は、人類を殺すかの判断をすること。
  • 「カイヒ」を購入した「由昭・オルベレー」という人物が特定される。

という内容でしたね。

 

 

今回は気になる本編はお休み。

それでは『カーニヴァル』番外編のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

カーニヴァル【番外編】そして雪を堪能した ネタバレ

カーニヴァル【番外編】そして雪を堪能した

 

とある任務にやってきた壱組。

 

ジキとキイチは、艇を飛び出す。

雪原に降りたジキは、一度でいいから本気で雪で遊んでみたかったと言い出した。

 

キイチは、ジキの話をよそにせっせと雪を握り、ジキの顔に向かって投げた。

雪玉には少し水が含ませており、ジキがそれは反則技だと言う。

そこから2人の雪合戦が始まる。

 

 

艇を止め、ジキたちのところに向かうツキタチ。

いつも仕事で殺伐としている2人が、雪を踏みたいと言い出したことは、ツキタチを安心させた。

 

 

ツキタチが2人ところにやってくる。

目の前には雪に覆われた2人の姿が。

 

バレバレな嘘をついて言い訳するジキ。

 

3人はかまくらの中で話をする。

ジキは、さっきのことはキイチが悪いと言い出した。

キイチはそれに反論し、ジキを突き飛ばす。

 

すると、かまくらが崩れ3人は雪に覆われた。

スポンサーリンク



カーニヴァル 最新話を含むコミックゼロサムを無料で読む!

カーニヴァル【番外編】そして雪を堪能した のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXT という動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「コミックゼロサム最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

 

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

 

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

カーニヴァル【番外編】の感想

今回は気になる本編はお休みでした。

 

雪合戦で本気になるジキとキイチが子供っぽくていいですね。

その後の2人の気持ち悪い雪だるまのようになった姿や、しょうもない言い訳も面白かったです。

 

前回の続きが読めないと知った時にはちょっとショックでしたが、3人のほのぼのとした姿を見ていると、心がほっこりしました。

 

次号は本編なので、前回の続きを楽しみに待ちたいと思います!

まとめ

ということで、

この記事では、2019年12月28日発売の『コミックゼロサム』2020年2月号に掲載されたカーニヴァル【番外編】そして雪を堪能したのネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 雪合戦をするジキとキイチ。
  • そこにやってきたツキタチが見たものは…
  • かまくらの中で話をする3人。
  • かまくらが崩れ、3人は雪の下敷きに。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告