怪物事変【第11話】蜘蛛の糸 ネタバレと感想!

この記事ではジャンプコミックス『怪物事変』第3巻に収録された怪物事変【第11話】蜘蛛の糸のネタバレと感想をまとめています。

 

 

前回のお話は、

  • 怪物の力の存在を知った夏羽。
  • 野火丸登場。
  • 飯生は夏羽の命結石をあきらめてはいない。
  • 野火丸は飯生のことが嫌い。
  • 夏羽と紺のデート。
  • 野火丸は、夏羽の紺に対する警戒心の無さを見て心配する。

という内容でしたね。

 

 

 

 

命結石を狙う飯生や野火丸の登場など、これから警戒することも多いですね。

今回はどんな展開になるのでしょうか?

 

それでは『怪物事変』のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

怪物事変【第11話】蜘蛛の糸 ネタバレ

怪物事変【第11話】蜘蛛の糸

 

親捜し

バグバイト電子の一件によって自信が持てたシキは、自分の過去と向き合うことを決める。

 

隠神の情報をもとにやってきたのは群馬県にある金糸郷。

ここでは重という青年がクモを助けてお金持ちになったという昔話が残されていた。

 

村を散策するシキは、ここで幼い少女の姿を目にする。

 

シキのおじさん登場

村を散策する夏羽、シキ、アキラの元へ、隠神がある人物を連れてやってきた。

 

その人物は蓼丸昭夫(たでまる あきお)。

昭夫はシキの父親の弟で民俗学を研究する学者で、怪物の存在も知っている。

 

 

昭夫は大きくなったシキを見て、やんちゃばかりしていたシキが穏やかになったことを喜んだ。

 

シキの両親について

昭夫が初めて怪物の存在を知ったのは学生の頃。

金糸郷に伝わる昔話『錦蜘蛛伝説』のことを調べていたシキの父親についてきた時だった。

 

シキの父親と昭夫は、『錦蜘蛛伝説』の元になった「何か」を調べるために森へとやってきた。

そこで出会ったのがシキの母親であった。

 

 

ここまでの話はシキにも話していたところ。

続けて昭夫は、あえてシキには黙っていたことを話そうとする。

 

隠神たちは席を外し、シキと昭夫を2人きりにすることに。

 

 

昭夫はシキの両親について話し出す。

シキの父親は、シキがまだ母親のお腹にいる時に。

そして母親は、シキが5歳の時に病気でなくなったらしい。

 

続けて、シキがトラウマを抱えるようになったのは母親の遺体を直視してしまったせいだと話した。

 

 

隠神たちのところへ戻ってきたシキは、先ほどの話をみんなに話す。

シキは精一杯強がるが、みんなはそれを見抜いていた。

 

 

ここで隠神は、昭夫はどうした?と尋ねる。

シキは、昭夫がしばらく1人になりたいと言っていたことを話し、森の中へ置いてきたと言った。

 

野火丸登場

宿に戻り温泉に入る夏羽、シキ、アキラの3人。

そこへ野火丸がやってきた。

 

以前野火丸が現れた時には、シキとアキラは気絶していたので野火丸の存在を知らない。

ここで野火丸は、自分が狐だということをばらした。

 

野火丸は、3人にこれから森を探検しないか?と誘う。

 

シキは野火丸のことを胡散臭いと思いながらも、結局みんなで森の中を探検することにした。

 

揺さぶり

森へやってきた夏羽たち。

アキラは、たくさんのホタルを見て嬉しそう。

 

夏羽は、シキの両親の一件以来みんなの元気がなかったが野火丸のおかげで雰囲気が和んだことに礼を言う。

ここで野火丸は、それなら夏羽にとっても良かったと返す。

 

「良かった」という言葉に引っかかる夏羽。

野火丸は、もしシキの両親が生きていて夏羽の両親が死んでいたら、本当にシキのことを喜べたのか?と夏羽の心を揺さぶろうとする。

 

しかし、夏羽にはその言葉の意味が分かっていない。

野火丸は、夏羽には付け入るスキがないと呟いた。

 

よみがえる記憶

シキは森の中で見覚えのある気を見つける。

それは幼い頃に何かの目印にしていたもの。

 

そこからシキの遠い記憶がよみがえる。

この木を右に進むと、母親が仕事をしていた場所があることに。

 

 

シキはが走って仕事場を目指している時も記憶がよみがえってくる。

母親はシキを置いて昭夫のところへ仕事に行っていた。

シキがついていくと駄々をこねても、母親は絶対についてきてはダメだと言った。

 

トラウマの正体

母親が仕事をしていたという小屋へとやってきたシキ。

ここでシキはトラウマを抱えることになった出来事を思い出すことに。

 

それは昭夫が言う母親の遺体を直視してしまったせいでは無い。

言いつけを守らず、黙って母親の跡をついてきた幼いシキが見たものはもっとおぞましいもの。

 

なんとシキの母親は、強制的にいろいろな怪物との種付けをされていたのだった。

 

過去の報告書

小屋の中を見た野火丸は、過去の報告書にあった気になる事件のことを話しだす。

それは、人間達の市場に出回った「治癒する糸」というものに関するもの。

 

「治癒する糸」は、失われた細胞をつなぎ合わせて臓器までも作り出すことができる明らかに人間の力を超えたものだった。

野火丸が言うには、その糸は純粋な怪物の力ではなく人為的な何かが加えられたものだそう。

 

 

しかし、報告書にはそれ以上の情報は書かれてはいなかった。

野火丸は、飯生がこのことが公になる前に握りつぶし、ある人間をブラックリストに指定したのだと話す。

 

大人の話

とある部屋で「錦蜘蛛伝説」の本を読んでいる少女。

この少女は村でシキが見かけた女の子だった。

 

そこへやってきた隠神は、別の部屋にいるある人物の名前を呼ぶ。

それはシキの叔父である蓼丸昭夫の名前。

 

隠神は、大人の話があると昭夫に言った

スポンサーリンク



『怪物事変』の漫画を今すぐお得に読む方法!

怪物事変【第11話】蜘蛛の糸 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、2021年6月1日の18時までは特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
これだけあればお好きな漫画の単行本を2~3冊無料で読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ公式サイトへ!

2021年6月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!

怪物事変【第11話】の感想

過去と向き合うことを決めたシキですが、なかなか重たい現実が待っていましたね。

 

それでも、ここまで来ることができたシキの成長を感じることができてよかったです。

シキが夏羽たちのことを友達だと照れくさそうに言っているシーンがとても印象的でした。

 

今回のお話で気になったこと

今回の話で気になったのは

  • 女の子の正体
  • 野火丸の目的
  • シキの母親と「治癒する糸」の関係
  • ブラックリストに指定された人物

の4点です。

 

まずはシキが村で見かけた女の子。

この女の子は昭夫のところにいたようですが、もしかすると昭夫の子供?

しかし、昭夫は見るからに独身な感じがするのですが、となればいったいあの女の子は誰なんでしょう?

 

 

続いて野火丸についてですが、夏羽の心を揺さぶろうとする言動もありましたし、やはりまだまだ信用できませんね。

また、自分のことを「狐の中でも下の下」と言っていましたが、バグバイト電子の件を見ているとあきらかに嘘だと思います。

 

あと、シキが記憶を取り戻したことについても、野火丸はこのことを知っていて森の中へ誘ったように思えます。

野火丸が金糸郷までやってきた本当の目的が何なのか気になりますね。

 

 

そしてシキの母親と「治癒する糸」の関係について。

金糸郷に伝わる「錦蜘蛛伝説」は蜘蛛の怪物・アラクネであるシキの母親がモデルになっているのかもしれません。

 

また、野火丸が言う「治癒する糸は純粋な怪物の力ではなく人為的な何かが加えられたもの」という言葉から、シキの母親はそれを生み出すための実験体にされていた可能性も考えられますね。

 

 

最後に、飯生にブラックリストに指定されたという人物。

 

シキの母親は「おじさんのところへ仕事に行く」と言っていたこと。

最後にシーンで隠神が昭夫のところに行っていたこと。

以上のことから、これは間違いなくシキの叔父である昭夫だと思います。

 

また、もし昭夫がシキの母親を使って何かを企んでいるのだとすれば、「母親が死んだ」という話も実はウソだったという可能性もありそうです。

 

まとめ

ということで、

この記事ではジャンプコミックス『怪物事変』第3巻に収録された怪怪物事変【第11話】蜘蛛の糸のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • シキは自分の過去と向き合うことを決める。
  • 識たちがやってきたのは金糸郷では、「錦蜘蛛伝説」が伝えられている。
  • シキの叔父は、シキの両親はすでに亡くなっていると話す。
  • シキの中によみがえる記憶。
  • シキの母親は「治癒する糸」の事件に関係している?
  • シキの叔父・昭夫のもとを訪れる隠神。

という内容でした。

 

シキの母親の死の真相は何なのでしょうか?

 

次回も楽しみにしています。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告