怪物事変【第14話】金の糸 ネタバレと感想!

この記事ではジャンプコミックス『怪物事変』第4巻に収録された怪物事変【第14話】金の糸のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • 昭夫のところにいた女の子が隠神を助けた。
  • シキは昭夫を殺すことに迷いが生まれる。
  • 女の子の名前はアヤ。
  • アヤは自分の作った「まゆ」の隠し場所を昭夫から聞き出したい。
  • 「まゆ」の隠し場所は、隠神が傷をいやした泉。
  • 泉の底には「まゆ」に包まれたシキの母親・クミの姿が。

という内容でしたね。

 

 

 

 

泉の中でまゆに包まれたクミを発見したシキ。

今回はどんな展開になるのでしょうか?

 

それでは『怪物事変』のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

怪物事変【第14話】金の糸 ネタバレ

怪物事変【第14話】金の糸

 

アヤの想い

アヤは生まれた時から金の糸の力を持ってはいたが、それを自分の意思で使えるようになったのは3歳の頃。

 

昭夫はアヤのことをモノ用に扱ったが、貴重な存在だったので多少のワガママは許してもらえた。

 

アヤは昭夫の借りた賃貸住宅の地下でほとんどを過ごす。

そこには眠ったままのクミもいた。

 

ある日、アヤは自分に兄がいることを知る。

アヤは自分が呼んでいた本に出てくる王子様と兄の存在を重ね、いつかここから連れ出してくれると淡い期待を描いたこともあった。

 

しかし、アヤにとってそれは虫が良すぎる話。

何故なら、アヤは自分の存在が兄と母親の関係を壊した存在だったから…

 

クミは生きていた

泉の中でクミの姿を発見したシキ。

 

シキがクミに触れると命の鼓動を感じた。

そこにクミを守るために昭夫が仕掛けた怪物が現れ、シキを襲う。

 

シキは怪物を倒し泉の中から上がってきた。

そして、クミは生きているのか?とアヤに訊いた。

 

アヤは生きていると答え、自分の名前と自分が金の糸であることを明かす。

 

昭夫がクミを生かしておいた理由

シキがクミを泉から引き上げたところで、昭夫を連れた夏羽たちがやってくる。

 

ここで昭夫は、クミを生かしておいた理由を話し出す。

クミの存在はアヤを縛り付けるために必要なもの。

また、万が一アヤが使い物にならなくなった時のための保険でもあった。

さらにクミの母体を使って金の糸を量産することも考えていたらしい。

 

シキの制裁

昭夫の考えを知ったシキは、昭夫のことを殴る。

 

夏羽は、昭夫はまだ生きているがいいのか?とシキに訊いた。

 

シキは昭夫のことを許すつもりはない。

シキには昭夫が死ぬことよりもきついことが分かっていた。

それは何も残すこともなく誰にも認められないこと。

 

その為には、昭夫が残そうとしたものや昭夫が何か企んでもすべて潰すと言った。

 

シキはアヤとクミを連れて隠神の車へと戻っていく。

 

消えた野火丸

シキたちは隠神の車へと戻ってきた。

ここで夏羽が、野火丸がいつの間にかいなくなっていることに気付いた。

 

 

一方、森の中で目を覚ました昭夫は、自分の野望をあきらめてはいなかった。

しかし、そこに野火丸が現れる。

 

野火丸は炎の力で昭夫を消し去った。

 

隠神がクミを連れてきた場所は?

クミは身体の傷は完全に治っているのに目を覚ますことはない。

 

そこでクミを乗せた車は、隠神の古くからの知り合いがやっている病院へとやってきた。

この病院には御花ばあさんという人物がおり、怪物科というものが用意されていた。

 

クミを診療した御花ばあさんは、クミが目を覚まさないのは精神的なものだと言う。

それを聞いて一安心のシキ。

 

隠神たちは、御花ばあさんの好意で病院のベッドで休ませてもらうことにする…

 

目覚めるクミ

みんなが寝る中、一人でクミの看病をするシキ。

シキは病室の外にアヤがいることに気付き、中に入れと言う。

 

気まずそうに病室に入ってきたアヤは、なぜ負の遺産である自分を殺さないのか?とシキに言う。

シキは、アヤがクミを助けてくれたからだと答え、アヤに出会えてよかったと話す。

そして、アヤを自分の家族の一員だと言った。

 

その言葉に涙が止まらないアヤ。

その時、クミの意識が戻り目を覚ます。

 

クミは2人に対し、元気そうで良かったと涙を浮かべた。

そして、2人を抱き寄せる。

 

シキたち一家は笑顔を取り戻すことができたのだった。

スポンサーリンク



『怪物事変』の漫画を今すぐお得に読む方法!

怪物事変【第14話】金の糸 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、2021年6月1日の18時までは特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
これだけあればお好きな漫画の単行本を2~3冊無料で読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ公式サイトへ!

2021年6月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!

怪物事変【第14話】の感想

今回は、シキにとってもアヤにとっても母親のぬくもりを感じることができた温かいお話でしたね。

 

それにしても、怪物たちの命を軽視する昭夫はどこまでもゲスな人間でした。

正直野火丸が消してくれてスッキリしました。

本当は野火丸も昭夫のことが許せなかったのかもしれませんね。

 

とにかくこれでシキがトラウマにとらわれる心配もなくなりました。

これからのシキの戦いにも注目です。

 

また、アヤの金の糸の力もこれから夏羽たちを助けてくれる重要な存在になってくれそうです。

 

まとめ

ということで、

この記事ではジャンプコミックス『怪物事変』第4巻に収録された怪物事変【第14話】金の糸のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 生きていたクミ。
  • 昭夫がクミを生かしておいたのは、クミにはまだ利用価値があったから。
  • 野火丸によって消された昭夫。
  • クミが意識を取り戻し、シキたち家族に笑顔が戻る。

という内容でした。

 

家族3人笑っている姿がとても印象的でしたね。

次回も楽しみにしています!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告