怪物事変【第15話】原宿竹下通りの執心 ネタバレと感想!

この記事ではジャンプコミックス『怪物事変』第4巻に収録された怪物事変【第15話】原宿竹下通りの執心のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • 生きていたクミ。
  • 昭夫がクミを生かしておいたのは、クミにはまだ利用価値があったから。
  • 野火丸によって消された昭夫。
  • クミが意識を取り戻し、シキたち家族に笑顔が戻る。

という内容でしたね。

 

 

 

 

クミを無事助けることができたシキたち。

今回はどんな展開になるのでしょうか?

 

それでは『怪物事変』のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

怪物事変【第15話】原宿竹下通りの執心 ネタバレ

怪物事変【第15話】原宿竹下通りの執心

 

その後のシキたち

クミが目を覚ました後、シキは家族の生活のことも考えないといけないので病院に残ることにした。

 

そして1週間後、シキは怪物屋に帰ってきた。

夏羽たちはシキが怪物屋をやめるのかと思っていたが、シキは夏羽が両親に会えるまでは怪物屋をやめないと言う。

 

 

また、アヤは金の糸を使って御花ばあさんのところで働くことに。

そこでアヤは、怪物の「治し屋」として隠神と契約をすることになった。

 

三角関係?

アヤは初めて会ったときから夏羽が気になっていた。

そこでアヤは、夏羽に付き合ってほしいと言う。

付き合うことの意味があまり分かっていない夏羽は、アヤの申し出を受け入れる。

 

その時、何とも言えないタイミングで紺がやってきた。

紺は夏羽と親しそうにするアヤを見て、嫉妬心が芽生えたようだった。

 

今回の仕事

ここで隠神から今回の仕事の内容が話される。

 

最近、原宿の竹下通りにて女性の顔が傷つけられる被害が報告されている。

隠神が言うには、これは怪物の仕業らしい。

報道では伏せられているが、実際の事件では顔が傷つけられるなどという優しいものではなく、顔のパーツがむしり取られているそうだ。

 

ここでさっそくアヤの出番が。

アヤは、被害者の女性たちに御花ばあさんの病院を紹介するようにと、隠神に言った。

 

 

そして、今回の任務は夏羽とアヤで行くことになったが、紺は夏羽とアヤが2人きりになるのが嫌なようで、自分もついていくと言う。

 

形無(カタナシ)

事件現場にやってきた事件3人。

アヤは相変わらず夏羽にベッタリだ。

 

それを見た紺は、嫉妬の心が増していく。

 

その時、紺に何者かからの声が聞こえると、アヤがいきなり見えない何かに襲われた。

 

夏羽がアヤの近くを殴ってみると、偶然にもその攻撃がヒットする。

すると、カタナシという怪物が姿を現した。

 

カタナシは、向かいにあるショップの男性店員と話をするために人間になりたかったのだと事情を話した。

要はカタナシはこの男性店員に恋をしたのだった。

 

しかしこの男性店員の側にはいつも女性がいる。

カタナシは、そのことが苦しくて女性たちを襲ったのだった。

 

嫉妬

カタナシの話を聞いた夏羽は、それは自分の知っている恋とは違うと言う。

それを聞いたカタナシは、「自分たち」の気持ちは夏羽には分からないと逆上した。

 

カタナシの言う「自分たち」の中に紺も含まれていることに気付いた夏羽とアヤ。

 

紺は、今自分の中にあるのが嫉妬の心だということが分からず混乱している。

そして、こうなったのはアヤのせいだと言ってアヤに襲いかかってきた。

 

夏羽はアヤをかばい、紺をなだめる。

ひとまず落ち着いた紺は、泣きながらその場を去っていった。

 

事件解決

夏羽とアヤは事務所に帰ってきた。

 

事件はアヤがカタナシに人間の体を与えることで解決。

夏羽は少し出てくると言って、紺のいる公園へと向かった。

 

 

紺は、アヤが夏羽の「一番」だと勘違いして泣いていた。

夏羽はそうではないと言って、紺の頬に手をそえる。

 

すると紺の心のモヤモヤが吹っ飛んだ。

そして、紺は今まで飯生の「一番」になりたいと思っていたが、今は夏羽の「一番」にもなりたいと言う。

 

 

次の日、事務所で出くわした紺とアヤ。

2人の恋のライバル関係はこれからも続きそうだった。

スポンサーリンク



『怪物事変』の漫画を今すぐお得に読む方法!

怪物事変【第15話】原宿竹下通りの執心 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、2021年6月1日の18時までは特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
これだけあればお好きな漫画の単行本を2~3冊無料で読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ公式サイトへ!

2021年6月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!

怪物事変【第15話】の感想

今回は夏羽とアヤ、紺の三角関係が印象的過ぎて事件の方はほとんど頭に入らなかったですね。

 

自分の中に生まれた感情が何か分からず泣きじゃくる紺が見ていてとてもかわいいし、そんな紺を心配する夏羽の優しさもかわいかったです。

紺とアヤの恋のライバル関係がこれからどうなっていくのかも注目ですね。

 

まとめ

ということで、

この記事ではジャンプコミックス『怪物事変』第4巻に収録された怪物事変【第15話】原宿竹下通りの執心のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • アヤは金の糸を使って怪物の「治し屋」を始める。
  • 今回の任務は竹下通りで起きた通り魔事件の解決。
  • 紺の中に嫉妬の心が生まれる。
  • アヤの力によって事件は解決。
  • 紺の中で夏羽の存在が大きくなっていく。

という内容でした。

 

夏羽と紺、アヤの三角関係がこれからどうなっていくのかも気になりますね。

次回も楽しみにしています!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告