怪物事変【第16話】夏羽の長い一日 ネタバレと感想!

この記事ではジャンプコミックス『怪物事変』第5巻に収録された怪物事変【第16話】夏羽の長い一日のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • アヤは金の糸を使って怪物の「治し屋」を始める。
  • 今回の任務は竹下通りで起きた通り魔事件の解決。
  • 紺の中に嫉妬の心が生まれる。
  • アヤの力によって事件は解決。
  • 紺の中で夏羽の存在が大きくなっていく。

という内容でしたね。

 

 

 

 

今回はドタバタ劇から一転、この物語の核心に迫るようなお話でした。

 

それでは『怪物事変』のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

怪物事変【第16話】夏羽の長い一日 ネタバレ

怪物事変【第16話】夏羽の長い一日

 

見つかった

緊急の依頼が入って事務所は大忙し。

事務所の人手が足りないことから、夏羽は今回初めて一人で任務をこなすことになった。

 

ここで隠神は、怪物のことは口の軽そうな人間にだけは見つからないようにと、夏羽に念を押した。

 

1人でする初めての任務を終わらせた夏羽。

しかし、ここで恐れていたことが起こる。

 

なんと、勇馬という少年に見られていたのだった。

勇馬は、友達のお兄ちゃんがやっているユーチューブに出演することに憧れており、夏羽の動画で出演は確実だと大喜び。

 

隠神の忠告が守れなかった夏羽は、隠神に余計な仕事をさせまいと、一人でこの件を解決しようと考える。

ここで勇馬が、夏羽みたいな知り合いは他にいないのか?と訊いてきた。

 

夏羽はいないと答えるが、そのウソはすぐに見抜かれる。

そして勇馬は、すごい動画が取れるまで夏羽に密着すると言う。

 

助け舟

困っている夏羽のところに野火丸が現れた。

野火丸は、自分を「夏羽の仲間にいれる」ことを条件に夏羽のことを助けてあげると言う。

 

ここで野火丸は、狐の力を使って勇馬を消すと言い出した。

夏羽は野火丸を止める。

 

泥沼?

夏羽は、これ以上動画をとられないように何もしないことにする。

勇馬が家に帰らないといけない時間まで五時間弱。

 

夏羽はそれまで何もせずにやり過ごそうという考えだ。

 

 

そんな時、夏羽の前にアキラがやってくる。

何も知らないアキラは、勇馬に乗せられて怪物の力を披露する。

 

動画がとられたところで、自分がとんでもないことをしたことに気付いたアキラ。

 

さらにここに紺がやってくる。

紺は狐の姿になって飛んできた鳥を捕まえた。

 

続いて最悪のタイミングでシキたち一家も登場。

クミは何の警戒心もなく夏羽に怪物の目を見せようとするが、夏羽は必死にそれを隠す。

 

うろたえる夏羽を見て、何か起こっていることを察知するシキ。

ここでシキが、勇馬を敵だと勘違いして糸を使って勇馬を捕まえる。

 

事態はさらに悪くなっていくかに見えたが、そんなものは力ずくで黙らせればいいとシキは言った。

 

怪物が人間に見つかってはいけない理由

夏羽の中に素朴な疑問が湧いてきた。

 

「どうして怪物は人間にみつかってはいけないのか?」

 

この質問に野火丸が答える。

 

野火丸は、極端にいうと戦争が起こると言う。

何故なら、人間は自分たちとは違う種族を本能的に差別するからだ。

 

続けて、もし怪物と人間の間に築ける関係があるのだとすれば、それは「征服」か「服従」のどちらかだと言った。

 

 

しかし、野火丸が言うには、怪物が人間に見つかってはいけないルールというものは存在しないらしい。

そこで、飯生は「支配」を「共存」を望んでいるのだそうだ。

これが隠神と飯生が仲が良く、仲が悪い理由だった。

 

問題解決!

疑問の解けた夏羽は勇馬のことを説得することに。

 

その後、勇馬は公園で目を覚ます。

間が覚めた遊真には、先ほどの記憶がない様子。

これは、野火丸の幻によって夢だったと思わされているからだった。

 

野火丸は最初からこうすることができたが、夏羽の慌てる姿が面白くて遊んでいたらしい。

 

狐は人間を信用するわけにはいかない

夏羽は、勇馬の記憶を消さなくても分かってくれたと思うと野火丸に言う。

野火丸は、狐は人間を信用するわけにはいかないので、最終的にはこうするしか方法は仲ッと答えた。

 

夏羽はその理由を尋ねるが、野火丸は詳しいことは話さずに帰っていった。

 

 

 

事務所に戻った夏羽たち。

夏羽は、野火丸が言っていたことを隠神に話し、事情を聞いた。

 

隠神は、それっぽい言葉で夏羽を納得させるが、隠神が何かを隠していることにシキは気付いていた…

 

昔話

野火丸が電柱の上で独り言を言っている。

 

その昔、人間と怪物が共存していた時代に大きな戦争が起こった。

そして醜い争いの果てに、強く賢い怪物の長たちが自分の力を込めた結石を作り出して混沌を治めたと…

 

そしてこれこそが命結石の秘密だと言った。

スポンサーリンク



『怪物事変』の漫画を今すぐお得に読む方法!

怪物事変【第16話】夏羽の長い一日 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、2021年6月1日の18時までは特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
これだけあればお好きな漫画の単行本を2~3冊無料で読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ公式サイトへ!

2021年6月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!

怪物事変【第16話】の感想

今回は物語とはあまり関係ないドタバタ劇かと思いましたが、一転してこの物語の核心に迫るような内容になりましたね。

それにしても、困っている夏羽のところに次々とやってくる仲間たちのタイミングの悪さには、わざとじゃないのかなと思ってしまいました。笑

 

記憶を失ってしまった勇馬の中に夏羽の言葉が残っていたのも素敵でした。

 

今回のお話で気になったこと

今回のお話で気になったことは、

  • 野火丸が夏羽に付きまとう理由
  • 野火丸は本当に飯生のことが嫌い?
  • 狐は人間を信用するわけにはいかない理由
  • 命結石の秘密

の4点です。

 

夏羽の前にちょくちょく姿を現す野火丸。

一応命結石を持つ夏羽の監視という名目ですが、夏羽のことを助けたり、何かのヒントになりそうな言葉を言ったりしているのを見ていると、本当は別の目的があるのではないかと思ってしまいます。

もしかすると野火丸は夏羽を何かの真相に近づけようとしているのかもしれませんね。

 

また、野火丸の話を聞いていると、野火丸は飯生のやり方が気に入っていないように思えます。

以前野火丸が「飯生のことが嫌い」と言っていたのは本当かもしれません。

 

 

そして、「狐が人間のことをするわけにはいかない」という言葉。

これには野火丸が話していた昔話が関係しているのは間違いなさそうです。

もしかすると、過去に起きた戦争のきっかけは人間と狐にあるのかもしれないですね。

 

最後は野火丸が言っていた命結石の秘密について。

野火丸の話では、強く賢い怪物の長たちが自分の力を込めた結石を作り出して混沌を治めたとのこと。

この話からすると、命結石以外にもいろんな結石があるということになります。

 

命結石は怪物の渇きを防ぐ効果がありましたが、他にもいろんな効果を持った結石がありそうです。

これからはこの結石が物語のカギになってくるかと思われます。

 

まとめ

ということで、

この記事ではジャンプコミックス『怪物事変』第5巻に収録された怪物事変【第16話】夏羽の長い一日のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 怪物のことが人間に見つかってしまう。
  • 夏羽が困っているところに現れた野火丸。
  • 野火丸のおかげで問題は解決。
  • 野火丸は、狐は人間を信用するわけにはいかないと言う。
  • 隠神は事情を知っている?
  • 野火丸の話す昔話。

という内容でした。

 

今回は野火丸がいろんなヒントをくれました。

これからの展開がさらに気になりますね。

 

次回も楽しみにしています!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告