怪物事変【第20話】ひとり ネタバレと感想!結の過去が明らかに!

この記事ではジャンプコミックス『怪物事変』第6巻に収録された怪物事変【第20話】ひとりのネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • 夏羽はアキラのもとへ。
  • 野火丸VS結。
  • 野火丸が零結石を手にした瞬間、零結石の力で腕が破壊される。
  • 夏羽が野火丸に加勢。
  • 野火丸の炎をまとった夏羽VS結。
  • 零結石がエネルギー切れを起こし、結の身体が壊れ始める。
  • 結によみがえる過去の記憶。

という内容でしたね。

 

 

 

 

今回は結の過去の記憶が明らかになります。

それを知ったアキラはどうするのでしょうか?

 

それでは『怪物事変』のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

怪物事変【第20話】ひとり ネタバレ

怪物事変【第20話】ひとり

 

結の記憶

アキラが結の胸にある零結石を手にした瞬間、過去の記憶がアキラの頭の中に入ってくる。

 

幼い頃からアキラは泣き虫で、結がアキラのことを守っていた。

雪女子の氷雨は、吹雪の中で遊ぶ2人にいつも注意していた。

2人になにかあった時はこの雪の里が滅ぶのだと。

 

雪の里は200人ほどの雪女子と100年に一度しか生まれない雪男子で成り立つ怪物の里。

アキラと結のように雪男子が2人も産まれるのは、今までの歴史の中でも初めてのことだった。

 

2人に母親の記憶はない。

何故なら雪男子を産んだ雪女子は例外なく死んでしまうから。

そして父親は正気を失い隔離されている。

 

結は、その父親の姿が自分たちの将来の姿だとうすうす感じ取っていた。

しかし結は、自分たちは父親のようにならないと信じている。

何故なら自分たちは双子だったから。

1人では耐えられないことも2人でなら耐えられると信じていたのだった。

 

 

ある日、そんな2人は人間の落としたカバンを拾う。

2人はカバンの中にあった雑誌を見て、東京での華やかな生活にあこがれを抱いた。

 

そして2人は、いつか雪の里を抜け出して東京に行き、静かに暮らす夢を見るのだった…

 

結が雪の里の長に

2人が東京に想いを馳せてから数年。

14歳になった結が雪の里の長となることに。

 

雪の里の長のやる仕事とはこの里に子種を残すこと。

毎晩雪女子に抱かれ、女同士の闇を知ることで結の心はすさんでいく。

 

そんな中、アキラの笑顔だけが結の救いだった。

 

 

ある日、結の仕事を知ったアキラは、結のつらそうな顔を見て何か手伝いたいと言い出す。

しかし結は、アキラが弱虫なのをよく知っているので、つらいことは自分がやると言う。

そしてアキラだけは絶対に汚れないでほしいと話した。

 

アキラの精通に気付いてしまった結

ここでアキラは、自分はもう汚れていると話し出す。

それは今朝おねしょをしたという話だった。

 

それを知って一安心する結だったが、実はアキラも精通していることに気付いたのだった…

 

 

雪の里では、種を残すのは長だけという決まりがある。

しかし、子作りに躍起になっている雪女子たちがその掟を守るとは思えない結。

 

そこで結は里の雪女子を集め、自分がすべての女たちに子種をさずけることを条件にアキラの里抜けを決めさせる。

 

 

結は以前、東京には隠神という怪物屋がいると雪女子たちが話していたのを聞いたことがあった。

そこで、自分も後からいくからと、先に東京の隠神のところで待っているようにとアキラに言う。

 

雪女子の裏切り

これで何もかもうまくいくと思っていた結。

 

しかしそれから1年後、結は雪女子たちにはめられていたことを知ることになる。

雪女子の中でも高い権力を持つ氷雨は、アキラの里抜けを認めたが命の保証をするとは言っていないと話す。

 

 

それを聞いて起こった結は、里に祀られている零結石を手に取り里を滅ぼしたのだった・・・

 

結石が1つに!?

結の過去の記憶を知ったアキラは、結のことを何が何でも助けようとする。

 

そんなアキラを手伝おうとする夏羽は、自身の命結石を口から吐き出した。

その瞬間、結石が光り出し、2つの結石が一体化した。

スポンサーリンク



『怪物事変』の漫画を今すぐお得に読む方法!

怪物事変【第20話】ひとり のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、2021年6月1日の18時までは特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
これだけあればお好きな漫画の単行本を2~3冊無料で読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ公式サイトへ!

2021年6月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!

怪物事変【第20話】の感想

今回は結の重たい過去が明らかになりました。

 

それにしても雪男子の存在意義が子種を残すだけとは何とも悲しい種族です。

零結石に心を捕らわれてしまった結が、アキラのことをかたくなに守ろうとしたのはこのためだったんですね。

 

こんなにもアキラのことを思いやる結なので、何とか助かってほしいと思います。

 

 

そして、今回気になったことはなんといっても命結石と零結石の合体です。

怪物の結石は複数あることが判明していますので、もしかするとすべての結石を一つにすると何かが起こるということなのかもしれません。

 

それによって何が起こるのかは全く想像できませんが、これからは怪物の結石集めがメインの展開になっていきそうな気がします。

 

また、このことは飯生も知らなかったようなので、この事実を知った飯生がこれからどんな行動に出るのかも気になります。

 

まとめ

ということで、

この記事ではジャンプコミックス『怪物事変』第6巻に収録された怪物事変【第20話】ひとりのネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 結はアキラを守るために犠牲になることを決める。
  • 雪女子たちの裏切りを知った結は、零結石の力で里を滅ぼした。
  • 結の想いを知ったアキラ。
  • 命結石と零結石が一体化する。

という内容でした。

 

命結石と零結石がまさかの合体。

これからどんな展開になるのか気になりますね。

 

続きを楽しみにしています!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告