怪物事変【第21話】みんななかよし大作戦 ネタバレと感想!

この記事ではジャンプコミックス『怪物事変』第6巻に収録された怪物事変【第21話】みんななかよし大作戦のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • 結はアキラを守るために犠牲になることを決める。
  • 雪女子たちの裏切りを知った結は、零結石の力で里を滅ぼした。
  • 結の想いを知ったアキラ。
  • 命結石と零結石が一体化する。

という内容でしたね。

 

 

 

 

命結石と零結石がまさかの合体。

そして結の命はどうなってしまうのでしょうか?

 

それでは『怪物事変』のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

怪物事変【第21話】みんななかよし大作戦 ネタバレ

怪物事変【第21話】みんななかよし大作戦

 

事件解決

命結石と零結石が合体したことで、結の身体から零結石が外れた。

そして瀕死の状態ながらも結は一命をとりとめた。

 

 

そこに飯生が現れ、一つになった結石を手にする。

触れると危険な零結石だったが、命結石がその力を弱めているのか、今は触れても大丈夫なようだ。

 

野火丸はこのことを知っていたのか?と飯生に訊いた。

しかし飯生は、その質問をはぐらかす。

 

 

続いて氷が溶けた隠神とシキもこの場にやってくる。

そして隠神は、結石を持ち帰ろうとする飯生に対して、その石は夏羽のものだから返せと言った。

 

それを聞いた飯生は、隠神と何度かやり取りした後、結石をあきらめて帰っていった。

 

 

夏羽は、今回のことは野火丸のおかげだと言って、自分たちと一緒に行こうと言う。

しかし、野火丸はそれを断り、飯生と共に去っていった。

 

仲直り(夏羽とアキラ)

結を連れて御花ばあさんの病院にやってきた夏羽たち。

 

病室で眠る結と付き添いアキラを外から見ている夏羽。

アキラはそれに気づいて夏羽に話しかける。

 

夏羽は、結に聞きたいことがあったのだが、アキラに大嫌いといわれたことを気にしている様子。

ここでアキラは、自分がみんなを守るためについたウソだと話し、本当は大好きだと言った。

 

それを聞いて嬉しそうな夏羽。

2人はこれで仲直りすることができたのだった。

 

零結石について

ここで結が意識を取り戻す。

 

結は、自分を止めてくれた夏羽に感謝し、知っていることを話しだす。

 

雪の里の歴史はおよそ1000年。

零結石はその時からすでにあったらしい。

また、零結石を守るために里ができたとも伝えられているそうだ。

 

怪物事変

さらに結は、「怪物事変」について知っているか?と訊いてきた。

夏羽が知らないと答えたところで、隠神がこのことについて話し出す。

 

「怪物事変」とは1000年ちょっと前に起きた怪物と人間の戦争のことだ。

これを聞いた夏羽は、それなら怪物の存在が人間に知られていてもおかしくはないのでは?と質問する。

 

隠神は、昔は怪物と人間はお互いのことを認め合っていたと話す。

そして、それゆえに争いが起こったのだと言った。

 

続けて、その悲しい経験があったからこそ、怪物たちは人間達との付き合い方を改めるために総力を挙げてすべてのことをなかったことにしたらしい。

そうしてこの事実は怪物たちしか知らない歴史となり、それこそが「怪物事変」なのだと隠神は言う。

 

怪物の結石について

ここから結が話し出す。

 

このような争いをもう二度と起こさせないようにとの思いで作られたのが怪物の結石なのだと。

また、怪物同士がけん制し合い、力の均衡を保つための狙いもあったらしい。

 

そして、それほどの重要な意味をもつ結石を持っているのならば、夏羽の両親は高名な一族の長の可能性もあると言う。

しかし、それはただの推測で何の根拠もない。

 

 

そこで隠神は、それを確かめようと言う。

怪物の結石は日本各地にあり、結石を受け継ぐ怪物はその土地土地で強い力を持つ種族だと話す。

そして、そこには夏羽の両親がどうやって結石を手に入れたかについての記録が残っているはずだと言った。

 

交渉材料

両親についての希望がみえて嬉しそうな夏羽。

 

隠神は、今まで結石について訊いたことがあったが、誰も教えてはくれなかったと話す。

何故なら結石は所持者からすれば切り札みたいなものだから、よそ者がいきなり石について尋ねてもただで教えてくれるわけがなかった。

 

しかし隠神は、今回のことで交渉材料を手に入れることができたと話す。

何故なら、結石同士が合体するという事実は売れる情報だから。

 

 

それを聞いた結は、夏羽たちに零結石を託すことに。

 

仲直り(アキラと結)

結は自分のやったことに罪の意識を感じており、その思いを1人で抱え込んでいる様子。

 

アキラは、それは結が自分を助けるためにやったことだから自分にも責任があると言う。

しかし結はそれを認めようとはしない。

 

ここでアキラは、自分には笑っていてほしいと言っていた結が何も分かっていないと怒り出す。

アキラが笑う時、嬉しいときは、結と一緒の時なのだと。

そして、自分だけ何もさせてもらえないことが悲しいと言った。

 

それを聞いた結は自分の間違いを認め、アキラに謝った。

 

紺への任務

夏羽たちが話していたのと同じ時、紺のもとへ野火丸がやってきた。

 

野火丸は、飯生からの任務があることを紺に伝える。

飯生からの任務と聞いて嬉しそうにする紺。

 

そして野火丸が任務を伝える。

それは、夏羽を手なずけて怪物の結石を回収することだった…

スポンサーリンク



『怪物事変』の漫画を今すぐお得に読む方法!

怪物事変【第21話】みんななかよし大作戦 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、2021年6月1日の18時までは特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
これだけあればお好きな漫画の単行本を2~3冊無料で読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ公式サイトへ!

2021年10月31日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!

怪物事変【第21話】の感想

今回は【第16話】で野火丸が言っていた「狐が人間を信用するわけにはいかない理由」や、昔起きた怪物と人間の戦争についての伏線が回収されました。

ただ、この「怪物事変」が何をきっかけにして起こったのかはまだ分かっていないので、これからどういう風に明かされて行くのかも気になりますね。

 

そして前回の予想通り、これからは怪物の結石集めがメインの展開になっていきそうです。

これからどんな力を持った結石が出てくるのかも楽しみです。

 

また、飯生は野火丸の質問をはぐらかしていましたが、本当のところはどうなのでしょうか?

飯生が紺を使って怪物の結石を回収しようと考えるあたり、今回その事実を知ってさらに結石が欲しくなったのでは?と思ったりもします。

 

 

それにしても、【第10話】で野火丸が夏羽の紺に対する警戒心の無さを心配していたシーンがありましたが、やっぱり飯生は紺を使って結石の回収を計画してきました。

 

紺の中では今のところ夏羽と飯生の存在がどちらも大事になってきているので、紺がどちらを選ぶのか選択のときが迫られそうです。

紺が最終的にどちらを選ぶかによって、これからの展開も変わってきそうですね。

 

まとめ

ということで、

この記事ではジャンプコミックス『怪物事変』第6巻に収録された怪物事変【第21話】みんななかよし大作戦のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 結は一命をとりとめ、事件は解決。
  • 1000年ちょっと前に起きた「怪物事変」をきっかけに、怪物たちは自身の存在を人間達から消した。
  • 夏羽の両親は高名な怪物一族の長の可能性も?
  • 結は夏羽たちに零結石を託す。
  • 飯生の任務が伝えられた紺。

 

という内容でした。

 

みんな仲直りで事件が解決してよかったですね。

そして、飯生からの任務を伝えられた紺の行動も気になります。

 

続きを楽しみにしています!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告