怪物事変【第22話】いざ屋島 ネタバレと感想!夏羽たちが次に目指すのは四国!

この記事ではジャンプコミックス『怪物事変』第6巻に収録された怪物事変【第22話】いざ屋島のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • 結は一命をとりとめ、事件は解決。
  • 1000年ちょっと前に起きた「怪物事変」をきっかけに、怪物たちは自身の存在を人間達から消した。
  • 夏羽の両親は高名な怪物一族の長の可能性も?
  • 結は夏羽たちに零結石を託す。
  • 飯生の任務が伝えられた紺。

という内容でしたね。

 

 

 

 

飯生からの任務を伝えられた紺の行動が気になります。

 

それでは『怪物事変』のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

怪物事変【第22話】いざ屋島 ネタバレ

怪物事変【第22話】いざ屋島

 

紺への任務

野火丸は飯生からの任務を紺へ伝える。

 

紺への任務は夏羽から命結石を回収することだが、強奪ではなく夏羽から譲ってもらうかたちにすること。

それが無理なら、狐の仕業と思われないように盗むことだった。

 

また、野火丸は夏羽たちが次に目指す場所に見当がついているので、それにスパイとして同行するように紺に言う。

 

これは警戒されていない紺にしかできないことだと野火丸は言い、飯生の期待を裏切らないようにとくぎを刺した。

 

怪物屋のそれぞれの行動

隠神が次の目的地は四国だと告げる。

四国には、怪物の結石を持っていてなおかつ隠神に協力してくれそうな怪物がいるらしい。

 

現在アキラは結の旅に同行していて怪物屋にはいない。

また、シキはこちらに残ってやりたいことがあるから今回は留守番をしておくと言う。

 

そこで四国には夏羽と隠神の2人で行くことになった。

 

紺が夏羽の前に現れる

四国に旅立つ前に、夏羽は紺のところに顔を出したいと言う。

 

するとタイミングよく紺が夏羽の前に現れた。

紺は、言われた通りスパイとして夏羽に同行しようとする。

 

しかし、紺のあからさまな嘘で、飯生からの命令だということは隠神にはバレバレだった。

隠神はそれでも、夏羽がいいのならいいと言って、紺の動向を許可するのだった。

 

そして隠神は、ようやく夏羽の依頼に取り掛かれると言って四国へと旅立つことに。

 

四国 屋島

四国にある屋島は狸たちの里。

そこに次期統領である伊予姫という女の子が人間の学校から帰ってくる。

 

そして、子供たちと遊ぼうとする伊予姫を捕まえたのは、従者である全吉という少年だった。

 

そんな全吉のもとに隠神からの連絡が入る。

隠神が屋島に変えることを告げると、狸たちは大喜びだった。

 

新幹線の中

新幹線の中で結石を見つめる夏羽。

紺はそれをよこせと言う。

しかし夏羽は、これは自分の両親につながるものだからとそれを断る。

 

ここで夏羽は、紺の両親について訊いてきた。

紺は、自分に両親はいないと言い、飯生が母親のようなものだと答える。

 

隠神がさらに問い詰めても、紺はいないの一点張り。

ここで隠神は、紺に親の記憶がないことを悟ったのだった。

 

屋島に到着

隠神たちは屋島にある寺へとやってきた。

一見観光地のようだが、実はここは狸の総本山。

 

隠神が特別な方法で幻を解くと、そこにはたくさんの狸たちがいた。

狸たちは隠神の帰りを盛大に迎える。

 

そして、隠神の元へ駆け寄る次期党首の伊予姫と全吉。

しかし、隠神が屋島に帰ってきた目的は伊予姫ではない。

 

隠神がここにやってきた本当の目的は、夏羽に太三郎という狸を合わせることだったのだ。

 

太三郎のもとへ

四国狸の三代目統領・太三郎のところにやってきた夏羽たち。

 

隠神は、夏羽のこと、命結石のことを話し、太三郎の持つ怪物の結石・幻結石をもらえないか?と言った。

しかし太三郎はここである条件を夏羽に出す。

それは自分から幻結石を奪ってみよというものだった。

 

老体の太三郎を見て気が引ける夏羽。

しかし隠神は、太三郎は見た目は老体だがまだまだ現役だと話し、本気で行けと夏羽に言った。

 

その言葉を聞いた夏羽は、本気で太三郎に向かって行く。

次の瞬間、夏羽はあっさりとやられてしまった。

 

太三郎はぐったりとした夏羽を見て、夏羽のことを弱すぎると言った。

スポンサーリンク



『怪物事変』の漫画を今すぐお得に読む方法!

怪物事変【第22話】いざ屋島 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、2021年6月1日の18時までは特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
これだけあればお好きな漫画の単行本を2~3冊無料で読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ公式サイトへ!

2021年6月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!

怪物事変【第22話】の感想

今回やってきた屋島はどうやら隠神の故郷のようですね。

それにしても隠神の人気っぷりといったら相当なものです。

隠神がここまで慕われるのは、やっぱり人柄のおかげですかね?

 

それにしても太三郎がは、見た目はちっちゃいおじいちゃん狸なのにえげつない強さをしていました。

あの夏羽が瞬殺されるなんて驚きです。

せっかくの幻結石ゲットのチャンスでしたが、そう簡単にはいかなさそうですね…

 

今回のお話で気になったこと

今回のお話で気になったことは、

  • 野火丸の右手
  • シキのやりたいこととは?
  • 紺の両親についての記憶

の3点です。

 

前回、零結石によって負傷してしまった野火丸の右手はまだ治っていませんでした。

かなり深い傷を負っていたので、治るには時間がかかると思います。

もしかすると野火丸の戦闘シーンは当分おあずけになるかもしれないですね。

 

そして、シキがあえて東京に残ってまでやりたいこととは何なのでしょう?

それを聞いた隠神が何かを察して笑っているところを見ていると、これから先で何か役に立つ事なのは間違いなさそうですね。

 

もしかするとアヤの金の糸に対抗して新しい技を考えるとか?も考えられます。

 

 

そして最後に紺の両親の記憶について。

紺には両親の記憶がないようですが、その原因は何なのでしょうか?

 

もしかすると小さい頃に紺は家族で事故にあったのかもしれませんね。

それで、両親は亡くなってしまい、紺は記憶し喪失になったところを飯生に拾われた?なんていうのも考えられます。

 

ただ、飯生が紺のことをあっさり切り捨てようとしたところなどを見ていると、飯生がそんなことをする人物とは思えません。

ということは、飯生が紺をさらってき両親の記憶を消してしまったなんてことも考えられますね。

 

まとめ

ということで、

この記事ではジャンプコミックス『怪物事変』第6巻に収録された怪物事変【第22話】いざ屋島のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 夏羽と隠神は四国へ向かうことに。
  • 紺はスパイとして夏羽たちに同行する。
  • 隠神が屋島にやってきた目的は、四国狸の統領である太三郎から幻結石をもらうこと。
  • 太三郎は、夏羽が自分から幻結石を奪うことを条件に、幻結石を渡すことに同意する。
  • 幻結石を本気で奪いに行く夏羽は、太三郎に瞬殺された。

 

という内容でした。

 

太三郎の驚くべき強さを前に、夏羽は幻結石を奪い取ることができるのでしょうか!?

 

続きを楽しみにしています!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告