怪物事変【最新第52話】突入 ネタバレと感想!

この記事では、2021年3月4日に発売の『ジャンプスクエア2021年4月号』で掲載された怪物事変【最新第52話】突入のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • 太三郎は花楓と赤城を道ずれにして、裏屋島とともに消滅しようとしている。
  • 赤城たちが屋島を襲った目的は、飯生に自分たちの力を思い知らせるためだった。
  • 夏羽たちが屋島に到着。
  • 夏羽たちは太三郎を助けるため、裏屋島に乗り込むことに。

という内容でしたね。

 

 

 

夏羽たちがいよいよ裏屋島へ突入!

激しいバトルを期待しています。

 

この漫画を絵付きで読みたい方は、U-NEXTという動画配信サービスの初回無料特典を利用すると今すぐ無料で読むことができますよ。

 

※31日間の無料お試し期間内に解約すれば料金は発生しません。

 

それでは『怪物事変』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

怪物事変【最新第52話】突入 ネタバレ

怪物事変【最新第52話】突入

 

突入の前

夏羽たちがとうとう屋島に到着。

そして、裏屋島突入の前に隠神が修行の成果をお福に確認する。

 

お福が言うには、夏羽の「あれ」はバッチリ。

ついでにシキとアキラの方も仕上げておいたそうだ。

 

 

今まで不安そうにしていた全吉も、信頼する隠神たちが来たことによっていつもの調子を取り戻す。

そして、多郎太とお福と共に伊予姫のところへと向かった。

 

ここで紺が隠神に話しかける。

自分の死を覚悟している紺は、飯生のことについて伝えたいことがあると言った。

 

しかし隠神は、生きのびるためには悔いは残しておいた方がいいと言って話を聞くのを断った。

 

夏羽は紺に対して、今回のことが終わったら一緒に飯生のところへ行こうと言う。

紺は夏羽の想いにこたえるように、頑張ると言った。

 

いざ突入!

そして、とうとう裏屋島へ突入する時がやってきた。

夏羽たちは、全吉の母・ヨシヱが用意した巨大なトランポリンによって上空へと飛ばされる。

 

すると今までとは景色が一変。

夏羽たちが上空から見下ろすと、花楓たちの炎から逃げ回る太三郎を見つける。

 

夏羽たちに気付いた花楓は、夏羽との再会に喜んでいる。

一方、赤城の方はシキの姿が見えないこと、また他にも何かの気配があることを警戒している様子。

 

隠神の想い

太三郎のところへやってきた隠神は、太三郎の今回のやり方について水臭いと話す。

そして、太三郎には大勢の狸の前で大往生してほしいと伝え、助太刀させてくれと言った。

 

太三郎はあきれながら、裏屋島を残しながら花楓たちを倒すのは骨が折れるぞと話す。

 

隠神は赤城の方を見ながら、あんまりタフそうには見えないと話す。

 

太三郎は、今の赤城はいつもと違い、自分たちの炎に陶酔していると言う。

そして、崩すのであれば炎の方からだと言い、そうすれば幻は消えると言った。

 

野火丸の分析

花楓の吐き出す炎にアキラは防戦一方。

紺は、花楓の炎は赤城の力によって大きくなっていると言い、厄介なのは花楓よりもむしろ赤城の方だと話す。

 

 

そんな状況を隠れてみているシキと野火丸。

 

野火丸が言うには、今までの赤城は自分なりにこの世界に折り合いをつけようとしていたらしい。

しかし、花楓の存在がそんな赤城の抑圧されていた本能に火をつけたようだと分析する。

 

続いて今の花楓と赤城の状態を見て、赤城の幻が花楓の炎を増幅させ、花楓の炎が赤城の精神を安定させる完璧な合体だと言った。

そして、これを突き崩すにはどうにかして分裂させる必要があると話した。

 

夏羽の新たな力

防戦一方のアキラに、六花権現の力のリミットが近付いてくる。

 

その時、太三郎の水の技と花楓の炎の技がぶつかり合い、強烈な熱風が発生する。

その状況を見た夏羽は、熱風が相手なら自分の再生速度の方が早いと言い、赤城のところへ乗り込むことに。

 

 

赤城は、自分のところへ向かってくる夏羽を見て、夏羽に敗北しなければ今の自分はなかったと話す。

そして、自分が求めていた安らぎを手に入れることができたと言う。

 

夏羽は、赤城の言葉に理解を示しつつも、やっていることは理解できないと言い放つ。

 

赤城の攻撃をかわした夏羽が狙うのは脚。

しかし、その狙いはばれてしまい、返り討ちにあってしまう。

 

夏羽は崩れた身体で、もっと強い身体が生えるようにと念じる。

すると、夏羽から人間とは思えないような身体が生えてきた。

スポンサーリンク



『怪物事変』の最新話が載っている「ジャンプSQ」を今すぐ無料で読む

今回紹介した 怪物事変【最新第52話】突入のネタバレはどうでしたか?

 

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXTという動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「ジャンプSQ最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

U-NEXTに登録済みの方はこちらもオススメ!

過去にU-NEXTのお試しをしたことがあるという方にはコミック.jpがオススメです。

こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービス。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、現在は特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
これだけあれば『ジャンプSQ』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『ジャンプSQ』の最新号を読む!

1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

怪物事変【最新第52話】の感想

まだまだ詳細が分からない福姫が夏羽に教えた「あれ」。

「あれ」が何なのかは分からないですが、夏羽の最後の姿を見て確実にパワーアップしているのが分かりました。

 

夏羽はどうやらクーラーの力を開放できるようになったみたいです。

今までクーラーの力を開放することを恐れていた夏羽でしたが、その壁をとうとう乗り越えたんですね!

 

また、今回少しだけヒントが出ましたが、「あれ」とは得意技らしいです。

夏羽のクーラーの力と「あれ」が合わさった時にどんな強さが発揮されるのか?今から気になりすぎです。

 

まとめ

ということで、

この記事では、2021年3月4日に発売の『ジャンプスクエア2021年4月号』で掲載された怪物事変【最新第52話】突入のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 夏羽たちが裏屋島に突入。
  • 花楓と赤城の合体を突き崩すには、まずは花楓の方からと考える太三郎。
  • 紺は、花楓の炎の威力を上げている赤城が厄介だと言う。
  • 野火丸は、花楓と赤城の合体がお互いを高め合う完璧な合体だと分析する。
  • 夏羽はタイミングを見計らって赤城のところへ向かう。
  • 夏羽の新しい力が発動!

という内容でした。

 

とうとう夏羽の新しい力が発動!

一体どれほどの強さを見せてくれるのか楽しみですね。

 

次回が待ち遠しいです!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告