菌と鉄【最新第2話】怒り ネタバレと感想!

この記事では、2021年4月9日発売の『別冊少年マガジン2021年5月号』に掲載された菌と鉄【最新第2話】怒りのネタバレと感想をまとめています。

 

 

前回のお話は、

  • ダンテのいるエリアD-18では、人間たちに寄生した『アミガサダケ』が脳をコントロールされていたが、ダンテだけはそのコントロールを受けずにいた。
  • ダンテの世界では、『アミガサ』という世界政府と『エーテル』という組織が対立している。
  • 任務で初めて外の世界を見たダンテは、『エーテル』のアオイと出会う。
  • ダンテはアオイとの出会いによって、今まで知らなかったことや、『エーテル』について知ることができた。
  • エリアD-18の総督は実は『エーテル』のリーダーで、『アミガサ』に潜伏していた。
  • ダンテは『アミガサ』の人類を滅ぼす計画を狂わせることができる存在なのかもしれない。

という内容でした。

 

 

『エーテル』に誘われたダンテ。

これからの展開が気になりますね。

 

この漫画を今すぐに絵付きで読みたいという方は、コミック.jpの初回お試し登録を利用することによって今すぐ無料で読むことができます。

 

今すぐ無料で『別冊少年マガジン』の最新号を読む!

現在1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

 

それでは『菌と鉄』最新話のネタバレをどうぞ!

 

スポンサーリンク

菌と鉄【最新第2話】怒り ネタバレ

菌と鉄【最新第2話】怒り

 

総督への答えは?

総督から『エーテル』へ入らないか?と誘われたダンテ。

総督はその証拠にアオイの写真を見せる。

そして、ダンテが『エーテル』に入った場合、その仕事は暗殺の身になると言う。

 

 

ダンテがそれでも構わないと答えたことで、ダンテは正式に『エーテル』のメンバーになることに。

ただ、ここで総督からの条件が。

 

ダンテは盗聴器をつけたうえ、監視もされるという。

なぜなら、ダンテのことがバレてしまえば総督の正体もばれてしまう。

そうなれば『エーテル』も終わりだ。

そのため、ダンテの行動次第ではダンテのことを切り捨てるつもりだった。

 

 

続けて総督は、ダンテに当面は今まで通り暮らすように言い、余計なことは一切するなと言った。

 

ダンテの怒り

次の日、ダンテは兵士たちをゴミのように扱う軍曹に怒りを覚え、手を出してしまう。

そして、すぐさま懲罰房送りに。

 

総督は、言いつけを破ったダンテに腹を立てながらも、殺すことはさせなかった。

軍曹たちはそのことに納得がいかない。

 

そこで軍曹は、トゲのある壁を一晩中殴り続けるようにダンテに言った。

 

しかし、ダンテにはこれがありがたくも思えた。

なぜならダンテは、生まれてから今までの怒りが爆発し、それを抑えることができなかったからだ。

 

それからダンテはひたすら壁を無くり続けた…

 

ダンテに話しかけてきた兵士

次の日、懲罰房から出てきたダンテは食堂に行った。

そこで1人の兵士がダンテに話しかけてくる。

 

その兵士は、ダンテが軍曹を殴った時にスカッとしたと言い、持っていたクラッカーを分けてくれた。

ダンテは、やせ細ったその兵士にクラッカーを返し、さらに自分のクラッカーを兵士に渡す。

そして、他の兵士のように処分されないようにと言った。

 

問題発生

総督はギンという男に連絡を取り、ダンテを使える暗殺者にしてほしいと話す。

しかしギンは、問題が起きて取り込み中だと言う。

 

ギンの言う問題とは、仲間が2人殺されてしまったこと。

このことから、アミガサが刺客を投入してエーテル狩りを始めたとしたら厄介だと話した。

 

そこで総督は、刺客が本当に存在した場合、位置や人数などの情報を集めてほしいとギンに言った。

 

あふれ出す感情

外を歩くダンテは、またしても兵士をゴミのように扱う軍曹に遭遇。

それに怒ったダンテは、過去に触って腹を壊した経験のあるキノコの軍曹の持ち物にコッソリと振りかけた。

 

軍曹は腹を壊した原因が分からず、そんな姿を見られないようにとひと気のない場所へ身を隠した。

そこへやってきたダンテは、腹を壊して兵として使えない自分はなぜ処分しないのか?と軍曹を問い詰める。

 

そして、そんなダンテの目から涙があふれ出す。

ダンテは、目の前で人が死ぬ悲しさと軍曹を殴り殺したいという気持ちが交錯し、この感情をどうやって抑えればいいのか分からなくなっていたのだった。

 

その時、何者かが撃った銃弾が軍曹の頭を撃ちぬいた。

 

刺客

軍曹を撃ったのは、以前ダンテが食堂で話したやせ細った兵士だった。

ダンテは、なぜ撃ったのか?と兵士に訊く。

 

兵士は、ダンテに死んでほしくなかったと答えた。

そして、自分もダンテと同じような感情を持っていたことを話す。

 

さらに兵士は、ダンテのことを『エーテル』じゃないのか?と訊き、自分も仲間になりたいと言った。

 

しかしダンテは、兵士のやったことを許すことができない様子。

そして、これ以上話したくないと兵士に告げる。

 

 

その言葉を聞いた兵士は、いきなりダンテに襲いかかってきた。

なんとこの兵士は、『エーテル』らしき人物に話しかけ、情報を引き出そうとする刺客だったのだ。

 

鉄化する刺客

ダンテがエーテル側だと確信した刺客は、自身の身体を鉄化させダンテを襲う。

ここでダンテは、刺客の予想外の戦闘力を見せる。

 

ダンテの攻撃は、鉄化した刺客の身体に対してもダメージを与える程のすごさだった。

そして、ダンテは刺客をあっさりと倒すことに成功。

 

思いがけない収穫

ここで、刺客の携帯に仲間からの連絡が入る。

その仲間は、ダンテが倒した刺客が電話を出たと勘違いし、これからの計画をベラベラと話し出す。

 

ダンテは、自分が刺客を倒したことを相手に伝え、宣戦布告した。

 

 

その時、ダンテの前に総督の姿が。

総督はダンテの身勝手な行動をとがめるつもりだったが、求めていた情報を手に入れることができたことで、それを帳消しにしてくれた。

 

また、総督はダンテの教育係を呼んだことを伝え、これから始まる戦いに備えるように言った。

 

女性区では…

女性区では、この中の何者かがエーテルの反乱に加担しているとの情報が入っていた。

そして、ここにいる者たちにはより一層厳重な管理が行われることが告げられる。

 

その時、本部からの緊急放送が。

それは、エーテルからの宣戦布告があったことの知らせだった。

 

そこから聞こえてきたのはダンテの声。

それを聞いたアオイは、ダンテがエーテルに無事入れたことを知ってコッソリと喜んだ。

スポンサーリンク



『菌と鉄』の最新話が載っている別冊少年マガジンを無料で読む

今回紹介した菌と鉄【最新第2話】怒り のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、現在は特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
これだけあれば『別冊少年マガジン』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『別冊少年マガジン』の最新号を読む!

現在1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

菌と鉄【最新第2話】の感想

前回のお話でアミガサがキノコ側でエーテルが鉄側なのだと勝手に思い込んでいましたが、今回のお話でアミガサの刺客が身体を鉄化していたのを見て、この物語の設定はそんな簡単なものじゃなかったことを改めて知ることができました。

 

また、ダンテの教育係となるギンという男も身体を鉄化させることができるようなので、この力は何かしらの訓練をすればできるようになるということなのでしょうか?

そして、これからは鉄化した状態で敵と味方が戦い合うのが当たり前になるんですかね?

これからのアミガサとエーテルの戦いにも注目したいと思います。

 

 

そして今回は、前回気になっていたことの1つである「エリアD-18ということは、他にも同じような場所がある?」という謎が解明されました。

ダンテが倒した刺客の仲間の話ではABCDのエリアがあることが確認できました。

また、エリアAに関しては、21まであることも確認できました。

 

それなら総督はなぜこのエリアD-18に潜入しようと考えたのでしょうか?

もしかすると、この場所には何か重要なことが隠されているのかもしれませんね。

 

 

そして、次回からはダンテの訓練編になるのでしょうか?

今の状態でもかなりの強さを持っているダンテが、訓練後にどれほどパワーアップするのかも気になります!

 

まとめ

ということで、

この記事では、2021年4月9日発売の『別冊少年マガジン2021年5月号』に掲載された菌と鉄【最新第2話】怒りのネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • ダンテはエーテルに入ることになった。
  • ダンテを襲うアミガサの刺客。
  • ダンテは刺客を倒し、アミガサに宣戦布告。
  • ダンテの暴走によって思いがけない収穫が。
  • 女性区にいるアオイは、ダンテがエーテルに入れたことを知って喜んだ。

という内容でした。

 

ダンテの暴走もありましたが、結果オーライ。

次回のお話も楽しみにしています!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

この漫画を今すぐに絵付きで読みたいという方は、コミック.jpの初回お試し登録を利用することによって今すぐ無料で読むことができます。

 

今すぐ無料で『別冊少年マガジン』の最新号を読む!

現在1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告