この音とまれ!【最新第110話】『和(あい)』 ネタバレと感想!

この記事では、2022年2月4日に発売の『ジャンプスクエア2022年3月号』で掲載されたこの音とまれ!【最新第110話】『和(あい)』のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • 筝曲部の全国行きが決定。
  • チカがさとわに告白。

という内容でしたね。

 

 

みんなの前でチカの突然の告白。

それに対するさとわのリアクションは?

今回の展開が気になります!

 

この漫画を絵付きで読みたい方は、U-NEXTという動画配信サービスの初回無料特典を利用すると今すぐ無料で読むことができますよ。

 

※31日間の無料お試し期間内に解約をすれば料金が発生することはありません

 

 

それでは『この音とまれ!』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

この音とまれ!【最新第110話】『和(あい)』 ネタバレ

今回紹介する この音とまれ!【最新第110話】『和(あい)』 を簡単にまとめると、

  • チカの告白に眠れない夜を過ごしたさとわ。
  • 『和』の解釈を見つけることができた筝曲部。
  • チカは自身の演奏に手ごたえを感じる。

という感じでした。

 

詳しい内容は以下でお伝えしています。

スポンサーリンク



チカの告白を受けて

チカからの告白を受けたその夜、さとわはその意味を考え続けて全く寝ることができなかった。

そして、今は大会前だからと自信を戒めるものの、自分でもどうしていいのか分からない様子だった。

 

成長

一方、チカは、さとわへの告白のことを姉の衣咲から問われていた。

それに対してチカは、いつもと変わらない様子でそうだと答える。

 

それを聞いた衣咲は、チカの言う好きが仲間としてのことならば、さとわの乙女心をもてあそんでいると問い詰めた。

しかし、チカの想いはそうではない。

 

チカが堂々とそのことを言ったのは、この想いを『恥ずかしいこと』にしたくなかったからだそう。

そして、自分のことを好きといってもらえるのも、誰かにその想いを伝えることができるのも、幸せなことだと思えたからだと言った。

 

それを聞いた衣咲は、チカの成長を感じ涙を流して喜ぶのだった。

 

チカの気付き

その日の朝、チカは部室で箏の演奏について考えていた。

 

そこへやってきたさとわは、チカの顔を見るなり真っ赤になる。

ぎこちなさそうにするさとわに対して、チカは『和』というタイトルについての自身の解釈を話し出した。

 

チカは、曲のタイトルの仮題が『I』だったことについて、それは自分という意味があったのかもと言う。

そして、自分だけのパートがあるうえで、それがつながって『和』になっているのでは?とさとわに言った。

 

それを聞いたさとわは、今までなかった曲への解釈ができたことで、何かが見えてくるかもしれないと返す。

そして2人は、すぐに練習にとりかかることにした。

 

そこから続々と部員がやってくる。

その中には、今まで一度も朝練に顔を出さなかった桃谷の姿も。

そして、筝曲部はさらに練習へ力が入るのだった。

 

それぞれの『あい』

その日の夕方、いつもの仁科楽器に集まったチカたち。

そこでチカは、朝に気付いた『和』の解釈を他の部員たちに話した。

 

それを聞いて、滝浪なら考えそうだと言う部員サネ。

 

ここで蔵田は、自分は『愛』だと思っていたと言う。

それに対し来栖は、以前滝浪が陽の表現をするなら陰の表現も必要だと言っていたことから、『哀』もあるかもと言った。

 

みっつは、『I』はアルファベットで9番目の文字だから、筝曲部の人数と一緒だと言う。

 

 

ここでさとわは、『和』という漢字にとらわれずに考えれば、他にもいろんな意味がありそうだと言った。

そこから部員たちは、『あい』という言葉について考えてみる。

 

そこから浮かんできたのは、出逢いの『逢』

相棒や相方の『相』

桃谷が出したのは『間』これも『あい』と読むらしい。

 

 

他にもいろんな『あい』が見つかり、自分たちで曲への解釈を見つけていく。

その中で部員たちは、この曲は自分たちの曲だと言うことを再認識することができたようだ。

 

手ごたえあり!

次の日、チカは、昨日の解釈を元に自身のソロパートを弾いてみる。

その音はチカの思い描くものとぴったりだった。

スポンサーリンク



『この音とまれ!』の最新話が載っている「ジャンプSQ」を今すぐ無料で読む

今回紹介した この音とまれ!【最新第110話】『和(あい)』 のネタバレはどうでしたか?

 

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXTという動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「ジャンプSQ最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

U-NEXTに登録済みの方はこちらもオススメ!

過去にU-NEXTのお試しをしたことがあるという方にはコミック.jpがオススメです。

こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービス。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、現在は特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントが1200円分のポイントに!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
これだけあれば『ジャンプSQ』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『ジャンプSQ』の最新号を読む!

30日間の無料期間中に1200円分の漫画を読むことができます
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

この音とまれ!【最新第110話】の感想

チカの突然の告白に、あれからどうなったのかと気になっていましたが、その辺りのことは描かれていませんでした。

告白に対しさとわがどんなリアクションをしたのか、それはまた別の機会に描かれるかもしれませんね。

 

そして、チカが衣咲に対して言った言葉が良かったです。

こんなことを言えるようになったのは、今までたくさんの人に支えられていることを知ったチカだからこそですね。

 

そしてそして、とうとう『和』の曲想が完成です!

『和』を自分たちのものにした筝曲部が、どれほどレベルしたのか気になって仕方がありません。

 

とりあえずは滝浪先生に聞いてもらって、どんな感想が出てくるのかを楽しみにしています。

 

まとめ

ということで、

この記事では、2022年2月4日に発売の『ジャンプスクエア2022年2月号』で掲載されたこの音とまれ!【最新第110話】『和(あい)』のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • チカの告白に眠れない夜を過ごしたさとわ。
  • 『和』の解釈を見つけることができた筝曲部。
  • チカは自身の演奏に手ごたえを感じる。

という内容でした。

 

ついに見つけた『和』の曲想!

あとは練習あるのみ!

 

続きを楽しみにしています!!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

※31日間の無料お試し登録で600円分のポイントがもらえます!

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告