この音とまれ!【最新第84話】雨のち笑み ネタバレと感想!

この記事では、2019年10月4日に発売のジャンプスクエア2019年11月号で掲載されたこの音とまれ!【最新第84話】雨のち笑みのネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • 桃谷は、自分の思っていたことをしっかりとみっつに伝える。
  • 本当の理由を知ったみっつは涙が止まらない。
  • みっつは、楽譜の変更をお願いした。

という内容でしたね。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょうか?

それでは『この音とまれ!』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

この音とまれ!【最新第84話】雨のち笑み ネタバレ

この音とまれ!【最新第84話】雨のち笑み

 

桃谷のスマホにみっつからメッセージが。

そこには、桃谷に感謝の言葉が書かれていた。

すると、教室に由永がやってくる。

由永は、桃谷に責めるような言い方をして傷つけてしまったことを謝る。

桃谷も、自分の言葉が足りなかったと謝った。

 

桃谷は、部室の前で退部届を見る。

それを見たチカは、退部届を取り上げ、やめるなと言う。

 

そこに、サネとコータもやってくる。

サネは、この間のことを謝った。

 

さらにみっつと由永もやって来て、行こうと言う。

桃谷は、とてもうれしそうな顔で部室に入っていった。

 

 

一英高校の邦楽科資料室で、顧問の先生が他行の演奏を見ている。

先生は、その映像を見てこのままでは一英高校の6連覇は厳しいかもと、嬉しそうに言った。

スポンサーリンク



この音とまれ!最新話が載っているジャンプSQを今すぐ無料で読む

この音とまれ!【最新第84話】雨のち笑み のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXTという動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「ジャンプSQ最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

この音とまれ!【最新第84話】の感想

前回桃谷とみっつが打ち解けたことによって、他の部員たちとのわだかまりも無くなり、本当に良かったです。

みんなに自分のことを分かってもらえたと感じた桃谷の表情がとても晴れやかで、こっちまで嬉しくなってきます!

 

みっつの件から、箏曲部にどんよりとした空気が流れていましたが、今はそれも無くなって心機一転という感じですね。

さらに一体感を増した筝曲部の演奏がどれほどよくなったのかも、これからの見どころだと思います。

 

そして、一英高校の顧問の先生が言っていた言葉ですが、今年の全国大会は一英高校を脅かすほどの強豪が要るみたいで、

これからの展開も楽しみですね。

まとめ

ということで、

この記事では、2019年10月4日に発売のジャンプスクエア2019年11月号で掲載されたこの音とまれ!【最新第84話】雨のち笑みのネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 桃谷と箏曲部のわだかまりが無くなる。
  • 桃谷は退部するのをやめる。
  • 今年の全国大会は強豪揃い。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告