この音とまれ!【最新第86話】新たなる道 ネタバレと感想!

この記事では、2019年12月4日に発売のジャンプスクエア2020年1月号で掲載されたこの音とまれ!【最新第86話】新たなる道のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • 一英高校の全国での曲目は「戯(アジャラ)」
  • しかし、今回はリュカと美蘭のパートを入れ替える。
  • 練習に励む時瀬高校箏曲部。
  • 全国大会まであと2カ月。

という内容でしたね。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『この音とまれ!』最新話のネタバレをどうぞ!

 

スポンサーリンク

この音とまれ!【最新第86話】新たなる道 ネタバレ

この音とまれ!【最新第86話】新たなる道

 

みっつの家にやってきたのは、晶の兄・慧士。

 

慧士は、晶から頼まれてみっつに箏の指導にやってきた。

慧士の指導は、晶とはまた違ったやり方で、みっつにも分かりやすそうだ。

 

慧士は、自分が指導するにあたって、ある条件を出す。

それは、教えられたことをただやるのではなく、常に自分の頭で考えて箏と音楽に向き合うこと。

 

 

みっつは、学校の屋上で昨日あったことをチカたちに話す。

箏の練習が前よりも楽しくなった様子のみっつは、急いで昼錬へ向かう。

チカたちもみっつに続いて昼錬へ向かった。

 

 

職員室に一本の電話が。

電話を代わる教頭。

それはは、神奈川のテレビ局からだった。

 

 

部室では、滝浪から全員での演奏の録音を聞かされる。

その出来はあまりにひどいようで、全員が頭を抱えていた。

 

全員で現段階での課題をまとめる。

それぞれ、改善するところは分かったようだった。

 

チカは弦をスカすことが多くなった様子。

さとわは、チカの手を取り爪の確認をする。

原因は爪がすり減ったことのせいみたいだった。

 

桃谷は、由永の音が浮いているのが気になるようだ。

由永は、楽譜通りに弾いていると不安そうな顔で言った。

桃谷は、楽譜通りに弾くのはスタートラインだと言う。

 

ここでサネが、曲想について話し合った方がいいのではと言う。

滝浪は、部員たちがそれぞれ導き出した解釈でのソロを聞きたいと言った。

滝浪にとっては、この曲をイメージ通りに弾かれても面白みに欠けるようだ。

 

 

校長室に教頭がやってくる。

教頭が持ってきたのは、テレビ局からの時瀬校筝曲部についての企画書だった。

校長は、必要な許可さえとれば問題ないと言う。

 

それを聞いた教頭は、不敵な笑みを浮かべる。

スポンサーリンク



この音とまれ!最新話が載っているジャンプSQを今すぐ無料で読む

この音とまれ!【最新第86話】新たなる道 のネタバレはどうでしたか?

 

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXTという動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「ジャンプSQ最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

この音とまれ!【最新第86話】の感想

前回言っていた晶の案とは、お兄さんにお願いすることだったんですね。

一時期は箏をやめた慧士を毛嫌いしていた晶でしたが、やっと素直に向き合うことができたみたいですね。

そんな晶を包み込むような慧士の優しさがとても素敵でした。

 

みっつも慧士の指導が楽しいのか、さらに箏が好きになったようで何よりです。

 

また、部員のみんながこの曲に対してどんな想いを込めるのか、今から曲の完成が楽しみですね。

 

と、その前に教頭を何とかしなければ。

何か良からぬことを考えていそうですが、いったいどんな行動に出るのか?

 

次回も楽しみにしています!

まとめ

ということで、

この記事では、2019年12月4日に発売のジャンプスクエア2020年1月号で掲載されたこの音とまれ!【最新第86話】新たなる道のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 晶の兄・慧士がみっつの指導にあたることに。
  • 新しい曲の演奏はまだまだ改善するところがたくさん。
  • 時瀬高校筝曲部にテレビ取材の依頼が。
  • 何かを企んでいる様子の教頭。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告