この音とまれ!【最新第88話】時瀬の音 ネタバレと感想!

この記事では、2020年2月4日に発売のジャンプスクエア2020年3月号で掲載されたこの音とまれ!【最新第88話】時瀬の音のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • 練習に励む筝曲部。
  • 筝曲部のテレビ出演が決定。

という内容でしたね。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『この音とまれ!』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

この音とまれ!【最新第88話】時瀬の音 ネタバレ

この音とまれ!【最新第88話】時瀬の音

 

部室に集まるチカたち。

そこへ、テレビ局の万、八尋と邦楽デイズの塚地がやってきた。

 

まずは朝練の取材から。

時瀬独自の練習方法を期待する塚地だったが、朝練の風景はいたって普通だった。

 

塚地は、さとわのひときわ際立つ演奏を聴いて他の部員とのレベルの違いを感じる。

次に注目したのはチカだったが、『天泣』の時との違いに少しがっかりした様子だった。

 

 

塚地は、時瀬の練習方法に何か隠されたものはないかと、取材を続ける。

しかし、自分の思ったものとは違いがっかりする。

 

塚地は、『天泣』で聞いた時瀬の音が頭から離れない。

そして、『天泣』を演奏したのが本当に時瀬なのか信じられなくなっていた。

 

 

テレビ取材班が生徒の昼食風景や昼錬の流れを取材しに行く中、塚地は昼錬が見れればいいと先に部室に向かう。

 

部室に向かう途中、塚地は、自分か時瀬に対して過度に期待しすぎていたことを反省し、これからは偏見なしで練習風景を見ることにした。

 

塚地が部室につくと、チカがすでに練習を始めていた。

チカの練習は、塚地が朝練で見たものと同じで、ただ一音を弾いている。

 

塚地は、チカがまだ暗譜できてないのかと思い、何の練習をしているのかと、つい訊いてしまう。

チカは、音符と音符の間にある無音をどう弾けばいいのかを考えていると言う。

 

音に対して真摯に向き合おうとするチカの姿を見て、塚地は姿勢を正した。

スポンサーリンク



この音とまれ!最新話が載っているジャンプSQを今すぐ無料で読む

この音とまれ!【最新第88話】時瀬の音 のネタバレはどうでしたか?

 

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXTという動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「ジャンプSQ最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

この音とまれ!【最新第88話】の感想

今回からテレビ取材が始まりました。

テレビ出演ということでキメッキメにしている、サネ、みっつ、コータの3人が、相変わらずあほやなぁとほっこりしました。

また、その3人を見て、自分も浮かれていることに恥ずかしそうにする来栖に対し、倉田がかわいいと言った2人がとてもかわいかったです。

 

そして、前回桃谷に言われた「音符と音符の間にある無音」について必死に考えているチカ。

それを見た塚地は、崩していた姿勢を正し、真剣にチカの練習を見ていました。

ここでやっと、時瀬だからこそ『天泣』を弾けたと感じたのだと思います。

 

最後の全体演奏で塚地たちがどんな表情をするのか、今から楽しみですね。

次回が待ち遠しいです。

まとめ

ということで、

この記事では、2020年2月4日に発売のジャンプスクエア2020年3月号で掲載されたこの音とまれ!【最新第88話】時瀬の音のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • テレビ取材が始まる。
  • 邦楽デイズの塚地は、時瀬の普通過ぎる練習風景を見て期待外れだと感じた。
  • 塚地は、音に対して真摯に向き合おうとするチカの姿を見る。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告