この音とまれ!【最新第89話】等身大ノート ネタバレと感想!

この記事では、2020年3月4日に発売の『ジャンプスクエア』2020年4月号で掲載されたこの音とまれ!【最新第89話】等身大ノートのネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • テレビ取材が始まる。
  • 邦楽デイズの塚地は、時瀬の普通過ぎる練習風景を見て期待外れだと感じた。
  • 塚地は、音に対して真摯に向き合おうとするチカの姿を見る。

という内容でしたね。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『この音とまれ!』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

この音とまれ!【最新第89話】等身大ノート ネタバレ

この音とまれ!【最新第89話】等身大ノート

 

チカの練習を見ている塚地。

そこにサネ、みっつ、コータもやってくる。

 

チカたちの練習量に驚く塚地。

チカたちは、さとわや一英の箏曲部に追いつくには、これでも足りないと言う。

 

ここでサネが、音符と音符の間について何か分かったのか?とチカに訊いた。

チカは、1つだけ気付いたことがあると言う。

それは、ソロの部分に小節の区切り線がないことだった。

 

塚地は楽譜を見せてもらう。

塚地はそれを見て、この楽譜が部員たちへの丸投げではないことが分かった。

この楽譜は筝曲部への信頼の証なのだと、塚地は言う。

 

放課後。

筝曲部は、みっつが帰る前に合奏練習をすることに。

ここで番組ディレクターの万が、みっつと桃谷、2人だけ練習時間が違うことについて衝突やすれ違いなどはないのか?と質問する。

 

蔵田は、たまにあるけどずっと一緒にいるだけでは得られないこともたくさんあると答える。

そして、これが今の時瀬の形なのだと言った。

 

時瀬の演奏は、まだ完成には程遠いようだが、それぞれの思いが確かに感じられた。

 

チカは、今の演奏がどうだったか?と塚地に訊いた。

塚地は、筝曲部の部員たちがこの曲をどう弾けばいいのか、思い悩んでいるように感じたと答える。

そして、みんながこの曲をどう完成させるのか楽しみだと微笑んだ。

 

 

取材が終り、番組スタッフが筝曲部の部員たちに礼を言う。

チカたちが、さらに別のところで練習をすると言ったところ、塚地が驚いた。

 

塚地は、呆れたように笑いながら、これが時瀬かと言った。

 

 

部活後の練習をしようと楽器屋に来たチカたち。

チカは、ばあちゃんに新しい爪を出してもらい、すぐさま練習に行く。

 

そこに後からやってきたさとわ。

ばあちゃんは、チカが今まで使っていた古い爪皮をさとわに預け、チカに渡しておいてくれと言う。

 

 

さとわは、預けられた爪皮をチカに渡そうとする。

しかし、以前手を振り払われたことを思い出し、それをそっと床に置いた。

 

そのことで口論になるチカとさとわ。

さとわは怒って部屋を出て行こうとする。

 

チカは、さとわの手を掴み、無意識のうちに本心を言ってしまう。

以前チカがさとわの手を振り払ったのは、さとわのことを避けているのではなく、チカ自身がさとわに手を出さないように、という想いがあったのだった。

スポンサーリンク



『この音とまれ!』の最新話が載っているジャンプSQを今すぐ無料で読む

この音とまれ!【最新第89話】等身大ノート のネタバレはどうでしたか?

 

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXTという動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「ジャンプSQ最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

この音とまれ!【最新第89話】の感想

番組取材も無事終了。

最初は、大会の時とのギャップに不安な気持ちになっていた塚地でしたが、取材が終わるころにはとてもいい顔をしていました。

筝曲部のみんなの箏に対するまっすぐな気持ちが塚地に伝わってくれてよかったです!

 

そして今回の合奏も、音は聞こえませんが、みんなの気持ちが伝わってくるようでした。

曲は聞こえないのに感動できるのが、この漫画のすごいところだといつも思わされます。

 

 

最後に、思いがけず自分の本心を言ってしまったチカ。

ここから2人の距離がどうなるのかも楽しみで仕方がないです!

まとめ

ということで、

この記事では、2020年3月4日に発売の『ジャンプスクエア』2020年4月号で掲載されたこの音とまれ!【最新第89話】等身大ノートのネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 塚地は、時瀬の箏に対する想いが伝わった。
  • 取材が終り、部活後の練習に楽器屋へと向かうチカたち。
  • チカが以前さとわの手を振り払ったことで口論になるチカとさとわ。
  • チカは、無意識のうちに本心を言ってしまう。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告