この音とまれ!【最新第97話】いいっすよ ネタバレと感想!

この記事では、2020年11月4日に発売の『ジャンプスクエア2020年12月号』で掲載されたこの音とまれ!【最新第97話】いいっすよのネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • 苦戦していた4パートがバチっとはまる。
  • 今までにない曲の仕上がりに感動する時瀬筝曲部。

という内容でしたね。

 

 

 

今までにない曲の仕上がりに感動する筝曲部。

その中で桃谷にも少しずづ変化が…

 

今回の漫画を絵付きで読みたい方は、U-NEXTという動画配信サービスの初回無料特典を利用すると今すぐ無料で読むことができますよ。

 

※31日間の無料お試し期間内に解約すれば料金は発生しません

 

 

それでは『この音とまれ!』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

この音とまれ!【最新第97話】いいっすよ ネタバレ

この音とまれ!【最新第97話】いいっすよ

 

大喜びの筝曲部

今までにない最高の演奏ができた筝曲部。

その功労者である桃谷に皆が集まって、桃谷のすごさを伝える。

 

そんな中、「すごく楽しかった」という由永の言葉が、今のみんなの気持ちを一番に表していた。

 

そしてチカたちは、今の感覚を忘れないようにともう一度演奏することにする。

嬉しそうなチカたちの姿を目にした桃谷は今までにない感情を抱いてるようだった。

 

はしゃぐ部員たちを見て、生徒たちの成長に驚く晶。

しかし滝浪は、まだまだこれからと言った。

 

部活の終わり

部活の終わり、桃谷はいつものように誘いを断って1人別方向に歩き出す。

 

帰り道で桃谷が思い出すのは、嬉しそうに笑う由永、部員たちの顔だった。

桃谷が振り返ると、そこには楽しそうに笑っているみんなの姿がある。

 

それを見て桃谷はまた何か感じているようだった…

 

 

一方、チカたちの方の帰り道では桃谷の話題が上がる。

サネやコータたちは演奏を思い出して、「あの桃谷が…」と喜んだ。

 

来栖は、滝浪が合宿で言っていた「ちゃんと関わらないと分からないこともある」という言葉の通りだったと話す。

 

 

そんな中、チカには1つ気がかりなことが。

それは桃谷がまだ一度もアドリブのフレーズを入れてないこと。

 

だが、他のみんなは桃谷なら大丈夫だろうと、たいして気にしていない様子だった。

 

いいっすよ

次の日。

滝浪から部員たちに、前に受けた取材のテレビ放送が来週の土曜日に決まったことが知らされた。

 

それを聞いた部員たちは、みんなで一緒に鑑賞会をしようと提案する。

大喜びではしゃぐ部員たちの中、コータは桃谷に気をつかう。

 

しかし、意外にも桃谷の返事はOKだった。

 

その桃谷の変化に更に喜ぶ部員たちだった。

スポンサーリンク



『この音とまれ!』最新話が載っている「ジャンプSQ」を今すぐ無料で読む

この音とまれ!【最新第97話】いいっすよ のネタバレはどうでしたか?

 

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXTという動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「ジャンプSQ最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

この音とまれ!【最新第97話】いいっすよの感想

演奏が良くなるにつれて深まっていく部員たちの絆がとても良かったです。

特に桃谷がみんなの輪に加わろうとするところなんて、今までの桃谷からでは考えられないことなので、そりゃみんなも大喜びしますよね。

 

ただ、チカが気がかりにしていた桃谷のアドリブの話。

他のみんなはあんまり気にしていないようでしたが、桃谷のように感情を表に出すのが苦手だと音楽で自分の感情を表現するのも実は苦手なのかもしれません。

もしかすると滝浪が言っていた「まだまだこれから」という言葉はこのことを意味しているのかもしれませんね。

 

そしてとうとう取材の様子がテレビで放送されます。

部員たちがテレビの中の自分たちを客観的に見て何を思うのかも気になります。

もしかするとこの放送をきっかけに、それぞれの曲想が思い浮かんでくるかもしれませんね。

 

次回が楽しみです。

まとめ

ということで、

この記事では、2020年12月4日に発売の『ジャンプスクエア2020年11月号』で掲載されたこの音とまれ!【最新第97話】いいっすよのネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 筝曲部の笑顔を見て今までにない感情を抱く桃谷。
  • チカが気がかりなのは、桃谷がまだ一度もアドリブのフレーズを入れてないこと。
  • 桃谷に少しずつ変化が…

という内容でした。

 

少しずつ変わっていく桃谷が何ともほほえましい回でした。

次回も楽しみにしています!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告