ランドリオール【最新第221話】城代と騎士 ネタバレと感想!

この記事では、2021年11月27日発売の『コミックゼロサム2022年1月号』に掲載されたランドリオール【最新第221話】城代と騎士のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • リドのハイテンションはダンジョンのせい。
  • DXたちが今いる場所は、地上とはつながっていない。

という内容でしたね。

 

 

 

 

まさか今いるところが地上とつながっていないなんて…

石化して救助を待つと言うDXは、いったいどんな策を考えているのでしょうか?

 

この漫画を絵付きでしっかりと読みたい方は、U-NEXTという動画配信サービスの初回無料特典を利用すると今すぐ無料で読むことができますよ。

無料お試し登録で600円分のポイントがもらえます!

 

 

それでは『ランドリオール』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

ランドリオール【最新第221話】城代と騎士 ネタバレ

ランドリオール【最新第221話】城代と騎士 の内容を簡単にまとめると、

  • セイミザバードの禁書はメイアンディアでないと解読できない。
  • 地下へ向かうことになったメイアンディア。
  • 石化の時間が迫る中で転機が。

というような感じです。

 

詳しい内容は以下でお伝えしています。

スポンサーリンク



禁書を探すレイ

ダンジョンの起源を知るため、セイミザバードの禁書を探すレイ。

しかし、本を調べるにつれ、セイミザバードが途中から今までの主張とは正反対のことを書いていることに気付いた。

 

それを知った王は、当時は真実を記すことで破門になる時代だということを踏まえ、あえてそうしている可能性もあると考える。

 

レイは、ヒントとなりそうないくつかのワードを挙げるが、その真意には気づけない。

ここでレイは、これはメイアンディアの専門分野になることを告げ、彼女に頼ることにする。

 

DXが最終手段を出し渋っていた理由

『全員が石化して助けを待つ』という最終手段を切り出したDX。

 

ここで仲間たちが、なぜこの作戦を出し渋っていたのか、その理由をDXに問う。

それは、DXは竜創があるので、呪いが効かない可能性があったからだった。

 

地下へと向かうことになったメイアンディア

ゼクスレンのもとへ、メイアンディアとトリクシーがやってきた。

ここでメイアンディアは、自分たちはDXたちを救うために下層の杭に向かうことになったと、ゼクスレンに告げる。

そして、そのために騎士たちに護衛を頼みたいと言った。

 

20層まで下りることに対し、2人には危険すぎると返すゼクスレン。

これに対しメイアンディアは、DXたちは20層ではなく最下層にいることを告げる。

 

メイアンディアたちがなるべく下層に行きたい理由。

それは、メイアンディアとトリクシーが天恵を使えばDXたちに情報を伝えることができるから。

ただ、それにはかなりの無茶が必要なので、なるべく下層に言った方がその負荷を少しでも減らすことができるらしい。

 

これが王の命令であることを知ったゼクスレンは、自分を含めて11人の護衛騎士を集めたのだった。

 

リドの優しさ

DXは、絶対に助けが来ると信じていた。

 

ここでリドが、自分は石化の呪いを最後に受けることにすると言い出した。

それは、もしDXが石化しなかったときを考えて、2人で上を目指すため。

 

1人ぼっちになってしまう可能性が消えたDXは、一気に表情が緩む。

 

転機

こうしている間にも、決断の時は迫っている。

ティティは、本当であればこの作戦に反対したいと思っている。

しかし、天恵が使えない自分がいても足手まといになることは自覚しているようだった。

 

ここでフィルが、ティティを励ます言葉を投げかける。

すると、それを聞いたティティの目から大量の涙があふれ出てきた。

 

しかし、これは感動から来たものではなく、トリクシーとつながったために起きたこと。

また、この時スライムの味見をしたDXは、先ほどとは違う味がすることに気付いた…

 

スポンサーリンク



『ランドリオール』の最新話を含むコミックゼロサムを無料で読む!

今回紹介した ランドリオール【最新第221話】城代と騎士 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXT という動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「コミックゼロサム最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

 

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

 

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

 

U-NEXTに登録済みの方はこちらもオススメ!

過去にU-NEXTのお試しをしたことがあるという方にはコミック.jpがオススメです。

こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービス。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、現在は特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと1200円分のポイントに!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
これだけあれば『コミックゼロサム』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『コミックゼロサム』の最新号を読む!

30日の無料期間中に1200円分の漫画を読むことができます
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

ランドリオール【最新第221話】の感想

ダンジョンの起源はメイアンディアにしか解読できないと言う流れから、王の命によって下層へと向かうこととなったメイアンディアとトリクシー。

ということは、ダンジョンの起源がついに分かったということですね。

 

もしかすると、ジャムたちが秘密裏に行っていた作戦も、このことに関わっている可能性がありそうです。

また、スライムの味が変わったことも、メイアンディアとトリクシーのおかげかもしれません。

 

ということは、DXたちは石化しなくても助かる可能性が出てきたということでしょうか?

リドの優しさによって、1人ぼっちにならずに済んだことに喜ぶDXでしたが、みんな一緒に帰還できるとなれば嬉しさはさらに倍増ですね!

 

DXたちがここからどうやって帰還するのか?

これからの展開が気になります!

まとめ

ということで、

この記事では2021年11月27日発売の『コミックゼロサム2022年1月号』に掲載されたランドリオール【最新第221話】城代と騎士のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • セイミザバードの禁書はメイアンディアでないと解読できない。
  • 地下へ向かうことになったメイアンディア。
  • 石化の時間が迫る中で、DXたちに転機が。

という内容でした。

 

決断の時が迫る中で、DXたちに一筋の光が見えてきました!

DXたちがこれからどうやって帰還するのか気になって仕方がありません。

 

続きを楽しみにしています!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

今回のお話は、U-NEXTの無料お試し登録をすることで読むことができます。

無料お試し登録で600円分のポイントがもらえます!
スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告