魔女の怪画集6巻の続き!【最新第24話】正義のネタバレと感想!

この記事では、2019年10月4日に発売のジャンプスクエア2019年11月号で掲載された魔女の怪画集【最新第24話】正義のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • ミゲルの姿は、作品No3『黒の正義』
  • アスガルドの動力部にたどり着いたトウエンが見たものは…
  • ヴァクスが、アスガルドに向かう。
  • リチェは、全てのアンダーコートをロキに移す
  • 力を受け取ったロキの姿が変わる。

という内容でしたね。

 

こちらは、同じ日に発売された最新刊6巻の続きとなります。

それでは『魔女の怪画集』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

魔女の怪画集【最新第24話】正義 ネタバレ

魔女の怪画集【最新第24話】正義

 

過去のミゲルは、すべてを守れるほどの強さを欲しがっており、そのために財団に入り怪画の回収をしていた。

ミゲルは、日々の怪画との戦いで、自分を慕ってくれた部下を何人も失ってしまう。

 

そんな時、中級学芸員のチセが、怪画収集部隊の補佐としてやってくる。

チセは、以前イデア村での怪画事件で、村を救ってくれた財団に恩返しがしたいと学芸員になったらしい。

ミゲルの補佐になることができ、嬉しがるチセに、怪画の恐ろしさを伝えるミゲル。

チセは、ミゲルに救われた命は簡単に手放さないと強い目をして言う。

 

ある時、チセが怪画との戦いで右目を怪我してしまう。

ミゲルは、自分の弱さのせいで、チセを失ってしまうのは耐えられないからと、財団本部の極秘実験にその身を預けることにした。

 

ミゲルは、部屋から子供が出ていくのを見かける。

ミゲルがその部屋を覗くと、檻に入れられた何かと、助けてと言う声が聞こえた。

その背後にイシュカが現れ、能力を発動させた…

 

 

意識を取り戻したミゲルは、ロキの攻撃から何とか逃れた。

膝をつき頭を抱えるミゲルの元へ、チセがやってくる。

チセの目を見たミゲルは、自分がイシュカによって記憶を書き換えられていたことに気付いた。

 

 

アスガルドの動力部に到着したトウエンが見たものは、大量の輸血をされているアスガルドと一体化した人の姿だった。

トウエンは、アスガルドが血液を燃料にして動く絵画だと知る。

 

 

ロキたちの前にリチェを抱えたイシュカがやってくる。

イシュカは、ミゲルの洗脳が解けたことを知り笑う。

そして、ザクセンの記憶から得た情報で計画が早まったと言う。

イシュカがアスガルドとシンクロすると、アスガルドの床が崩れ、そこにいたすべての人間が外に落とされる。

 

ミゲルは、必死に仲間を助けようとするが、何もできない。

その時、ロキが絵画『小さな友人』の力を借り、みんなを助ける。

 

ロキは、アスガルドに戻りイシュカと戦う。

そこにミゲルがやって来て、イシュカに強烈なパンチを放った。

スポンサーリンク



魔女の怪画集 最新話が載っているジャンプSQを今すぐ無料で読む

魔女の怪画集【最新第24話】正義 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

そんな方におすすめしたいのがU-NEXTという動画配信サービスです。

 

あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは?

この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。

 

  1. 31日間無料でサービスを利用できる!
  2. 登録時に600円分のポイントがもらえる!
  3. 動画や雑誌の見放題サービスもあり!
  4. 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし!

 

無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに「ジャンプSQ最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。

また、見放題の動画もたくさん配信されているので、これから特に予定がない方には暇つぶしとしてもおすすめです♪

 

ただし!!

無料で楽しむには注意することもあります。

  • 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない
  • 無料期間内に解約の手続きをする

これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。

初めてお試しの方に限り31日間の無料トライアルと電子書籍の購入に使える600円分のポイントがついてきます♪

魔女の怪画集【最新第24話】の感想

今回は、ミゲルの過去について語られていました。

ミゲルが強さを求めたのは、今までたくさんの大切な人たちを失ってきたからだったんですね。

そんなミゲルも、実はイシュカによって歪んだ正義を植え付けられていたとは思いませんでした。

 

そして、今回も気になることができました。

ミゲルが見た部屋から出て行く子供がロルフのように見えました。ロルフ(ヴァクス)が今の姿になったのも、もしかするとミゲルと同じように実験に使われたのかもしれませんね。

そうなると、ヴァクスがイシュカに操られて、ビチョウの得た情報や計画がイシュカに流れていた可能性もありますが、その辺は大丈夫なんでしょうかね。

 

また、イシュカがザクセンから得た情報が何だったのか、記憶を改ざんされたザクセンのこれからも気になります。

 

他にも、覚醒したロキは『慈愛の泉』や『小さな友人』など、絵画の力を借りていますが、もしかして今まで封額した怪画の力をすべて使えるんでしょうか?

もしそうだったら、今のロキの強さはとんでもないですね。

 

アスガルド編も終盤に差し掛かってきたので、これからどうなるのか?早く続きが読みたいです!

まとめ

ということで、

この記事では、2019年10月4日に発売のジャンプスクエア2019年11月号で掲載された魔女の怪画集【最新第24話】正義ネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • チセはミゲルにとって大切な存在。
  • ミゲルは、過去にイシュカに記憶を塗り替えられていた。
  • アスガルドは血液を燃料にして動く絵画。
  • ミゲルがイシュカに強烈なパンチを放つ。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告