魔女の怪画集【最新第28話】邂逅 ネタバレと感想!ジャンプ+で移籍連載スタート!

この記事では、『ジャンプ+』にて2020年2月4日に更新された魔女の怪画集【最新第28話】邂逅のネタバレと感想をまとめています。

 

前回のお話は、

  • 幼いノアリアムが、アイシャと出会う。
  • 18歳の誕生日を迎えたノアリアムは、久しぶりにクライブの元を訪れる。
  • ノアリアムはクライブを殺し、アイシャを自分の管理下に置く。
  • ノアリアムが、自ら命を絶ったアイシャを見つける。
  • ノアリアムは、アイシャを自殺に追いやったこの世界、欲深い人間たちを憎むようになる。

という内容でしたね。

 

 

今回から『ジャンプ+』での移籍連載スタート!

それでは『魔女の怪画集』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

魔女の怪画集【最新第28話】邂逅 ネタバレ

魔女の怪画集【最新第28話】邂逅

 

財団の目的はアイシャの復活。

ロキは、もう一度アイシャに触れたいと、その本心をリチェに告げる。

 

それを聞いたリチェは、ロキをぎゅっと抱きしめ、アイシャを助けに行こうと言った。

 

そこへ、トウエンとレーヴィがやってくる。

2人は、ロキと共に財団の本拠地に乗り込むつもりだ。

 

ロキは、アイシャを助け出すために立ち上がった。

 

 

財団本部では、幹部たちが緊急招集された。

ノアリアムは、幹部たちの前で計画を実行することを告げる。

 

ノアリアムの言葉を聞いた幹部の1人が、怪画の力を使ってロキたちを呼び寄せる。

そして、ロキたちの前に姿を現したノアリアムは、その素顔をさらす。

 

ノアリアムの顔を見たロキは、怒りが込み上げてくる。

そして、またアイシャのことを利用するつもりなのかと叫んだ。

 

ノアリアムは、なぜアイシャが死ななければならなかったのか?と思う気持ちは自分も同じだと言う。

続けて、このけがれた世界を、アイシャを神とした新しい世界に作り替えると話した。

 

それを聞いたロキは、アイシャは聖女なんかではなくただの人間だと返す。

そして、アイシャのことを一番近くで見ていた人間であるノアリアムが、なぜアイシャのことを救わなかったのか?と言った。

 

ノアリアムは、お前はこの世界のどん底を理解していない、自分はお前とは違うと、ロキに言う。

ノアリアムが手をかざすと、地面が震えだした。

 

すると、リチェが捕らわれ、四方に向かって光が放たれる。

 

 

大きな振動と共に大量の怪画がロキたちの前に現れた。

ノアリアムは、リチェを媒介にしてこの世界にあるすべての怪画を終結させたと言う。

 

 

ノアリアムは、ロキのことは気に入らないが、アイシャを復活させたいという想いだけは共感できるとらしい。

そして、この絵画たちを全部倒すことができれば、アイシャを復活させる方法を教えると言った。

 

 

その時、捕らえられたリチェが手を伸ばし、自分の力を使ってと言う。

ロキは、リチェの手を握り覚醒する。

 

ロキたちと怪画たちの戦いが幕を開けた。

スポンサーリンク



魔女の怪画集【最新第28話】の感想

今回から『ジャンプ+』にて移籍連載スタート!

開始早々、最終決戦を予感させる盛り上がりです。

ここに独自の活動を続けるビチョウが、何か秘策を持って加わったりしてくるのでしょうか?

 

そして、ノアリアムが知っているアイシャを復活させる方法とは?

もしこれがリチェの血だったとしたら…

ロキは、リチェかアイシャどちらかを選ばないといけないという究極の選択を強いられることになってしまいます。

できれば、この展開にだけはならないでほしいと思います。

まとめ

ということで、

この記事では『ジャンプ+』にて2020年2月4日に更新された魔女の怪画集【最新第28話】邂逅のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • ノアリアムが計画の実行を告げる。
  • 財団本部に呼び寄せられたロキたち。
  • リチェが捕らわれる。
  • ノアリアムは、リチェを媒介にして、この世界にあるすべての怪画を終結させた。
  • ロキたちと怪画たちの戦いが幕を開ける。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです!

 

こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければご覧ください!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告