三日月のドラゴン【最新第11話】のネタバレと感想!

この記事では、2019年11月27日発売の月刊スピリッツ2020年月1号に掲載された三日月のドラゴン【最新第11話】のネタバレと感想をまとめています。

 

 

前回のお話では、

  • 山籠もり修行を続ける龍之介たち。
  • 龍之介に忘れていた野生の感覚が戻ってくる。
  • 攻撃を当てるためには心を無にしろと言う凡拙。
  • 龍之介は、愚太郎の予想を裏切る成長を見せる。

という内容でしたね。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『三日月のドラゴン』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

三日月のドラゴン【最新第11話】のネタバレ

三日月のドラゴン【最新第11話】

 

取った魚を焼いて食べる龍之介たち。

今日の凡拙はとても機嫌が良さそうだ。

愚太郎が理由を訊くと、龍之介の成長が何よりも嬉しいと言う。

 

龍之介は、自分が強くなっているのかと凡拙に尋ねる。

凡拙は、ほんの少しと言い、しかし道はまだまだ長いから謙虚に行けと続けて言った。

 

愚太郎は、武の道はとても長い、自分もまだまだだと言う。

ここで凡拙が、愚太郎は武道家としてどんな景色が見えるかと質問する。

 

愚太郎は、やっと戦いが楽しいと思えるようになったと答えた。

今度は愚太郎が凡拙に同じ質問をする。

 

凡拙は、武の心は恋と同じ、それがやっと分かってきたと話す。

 

龍之介は、凡拙の言葉の意味が分からず、その意味を尋ねる。

凡拙は、いつか分かるようになるからそんなに焦るなと言った。

 

 

話が盛り上がっているところで、凡拙と愚太郎が、林の奥から何者かの気配を感じ取る。

 

そこに現れたのは、お腹を空かせて気が立っている1匹の熊だった。

 

熊はゆっくりと龍之介たちのところに向かってくる。

愚太郎は自分が行かせてもらうと言い、熊の方へ歩いていく。

 

熊と対峙する愚太郎。

凡拙は、愚太郎の蹴りをよく見ておけと龍之介に言う。

 

熊の攻撃を避け、放たれる愚太郎の蹴りは熊の上段に決まった。

熊はそのまま仰向けに倒れた。

 

愚太郎の蹴りは龍之介が今まで見たこともないものだった。

凡拙は、あれはうちの奥義の1つだと言う。

 

熊を倒し宴の続きをしようとする愚太郎。

凡拙は、それには気が早いと言う。

 

なんと熊は意識を取り戻しこちらに襲いかかってくる。

 

今度は凡拙が熊に向かって走りだした。

凡拙がやられると思い目を覆う龍之介。

 

だが、龍之介が目を開けると熊が凡拙になついている。

どうやらあれが凡拙の言っていた、武の心は恋と同じということのようだ。

スポンサーリンク



三日月のドラゴン 最新話を含む『月刊!スピリッツ』最新号を無料で読む

三日月のドラゴン【最新第11話】 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、現在は特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
これだけあれば『月刊!スピリッツ』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『月刊!スピリッツ』の最新号を読む!

1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

三日月のドラゴン【最新第11話】の感想

龍之介の成長に心から喜ぶ凡拙。

山籠もり修行の成果は着実に出ているようですね。

 

そして、愚太郎が見せた奥義の蹴り。

この山籠もりでの課題は、龍之介がこの蹴りを習得することでしょうか?

これからの展開も気になりますね!

 

しかし、僕が今回印象に残ったのは奥義の蹴りではなく、「MAMA」と書かれたエプロンが意外と似合っている愚太郎の姿の方でした。笑

まとめ

ということで、

この記事では、2019年11月27日発売の月刊スピリッツ2020年月1号に掲載された三日月のドラゴン【最新第11話】のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 龍之介が強くなっていることに喜ぶ凡拙。
  • そこにお腹をすかせた熊がやってくる。
  • 愚太郎が見せる奥義の蹴り。
  • 次は凡拙が熊と戦う。
  • しかし、熊は凡拙になついていた。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告