三日月のドラゴン【最新第14話】のネタバレと感想!

この記事では、2020年2月27日発売の『月刊スピリッツ』2020年月4月号に掲載された三日月のドラゴン【最新第14話】のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • 龍之介の山籠もり修行もいよいよ大詰め。
  • 千秋が大網水産の不良たちにさらわれる。
  • 龍之介は奥義・三日月落としを体得。

という内容でしたね。

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『三日月のドラゴン』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

三日月のドラゴン【最新第14話】のネタバレ

三日月のドラゴン【最新第14話】

 

千秋が帰ってこないことを聞かされた菊代は、凡拙と愚太郎に応援を頼むために、修行場所の山へと向かう。

 

その頃龍之介は、三日月落としの稽古に没頭中だ。

龍之介のひたむきな姿勢に感心する凡拙と愚太郎。

 

汗だくになった龍之介は、上着を脱いだ。

その体つきは、今までのひ弱な龍之介とは別物のようになっていた。

 

そこへ菊代がやってくる。

菊代は、千秋が行方不明なこと、そして白い車に乗った4人組の男たちが千秋を見ていたらしいことを伝える。

 

その話を聞いた龍之介は、その4人組が大網水産の不良たちであることに気付いた。

龍之介は、今まで見せたことがないような怒りの表情をしている。

 

そして、龍之介たちは下山して千秋を助けに向かうことに。

 

 

一方、不良たちに捕らわれている千秋は、今のところ無事のようだ。

その時、関西弁の不良に電話がかかる。

 

その相手は龍之介。

龍之介は、千秋を救うため、不良たちに決闘を申し込んだ。

スポンサーリンク



『三日月のドラゴン』の最新話を含む『月刊!スピリッツ』最新号を無料で読む

三日月のドラゴン【最新第14話】のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、現在は特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
これだけあれば『月刊!スピリッツ』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『月刊!スピリッツ』の最新号を読む!

1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

三日月のドラゴン【最新第14話】の感想

ひたむきに修行を続けた竜之介。

その肉体は良い仕上がりになっています。

そして、千秋をさらったのが不良たちだと知った時の怒りの表情も、男らしくなったなぁと思いました。

 

次回は、いよいよ不良たちとの戦い!

修行をがんばった龍之介がどれだけ強くなっているのか早く見てみたいです!

まとめ

ということで、

この記事では、2020年2月27日発売の『月刊スピリッツ』2020年月4月号に掲載された三日月のドラゴン【最新第14話】のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 菊代が、千秋が行方不明になったことを龍之介たちに知らせる。
  • 龍之介は、千秋をさらったのが大網水産の不良たちだと気づいた。
  • 急いで山を下りる龍之介たち。
  • 龍之介は、千秋を救うため、不良たちに決闘を申し込んだ。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告