三日月のドラゴン【最新第16話】のネタバレと感想!

この記事では、2020年4月25日発売の『月刊スピリッツ2020年月6月号』に掲載された三日月のドラゴン【最新第16話】のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • 龍之介と不良たちの決闘開始!
  • まずは不良の1人・シャレ夫を見事な中段前回し蹴りでノックアウト。
  • 他の不良たちは驚きを隠せない。
  • 龍之介の体が武者震いする。

という内容でしたね。

 

 

 

 

今回はどんな展開になるのでしょう?

それでは『三日月のドラゴン』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

三日月のドラゴン【最新第16話】 ネタバレ

三日月のドラゴン【最新第16話】

 

 

シャレ夫が蹴り一発でやられたことに驚く他の不良たち。

それを遠目に見ていた愚太郎と菊代も驚きを隠せない。

 

しかし、凡拙だけは違った。

実は、龍之介はシャレ夫のパンチをかわすと同時に肝臓に突きを入れていたのだった。

 

その事実を知って、さらに驚く愚太郎と菊代だった。

 

 

 

続いて龍之介と戦うのは、関西弁の不良・哲。

哲は、ボクシングをかじっているらしく、いきり立って向かって行く。

 

そんな時でも落ち着いた様子で、相手に敬意を払う龍之介。

 

龍之介は、哲のパンチを次々と見事にかわす。

そんな時、龍之介がカウンターを当てるチャンスがやってくる。

 

哲は、カウンターをくらう覚悟をするが、龍之介は手を出さない。

そこで哲は、龍之介はやはり格好だけだったと思い、さらに責め立てる。

 

 

龍之介がなぜか攻撃をしないことに、もどかしさを感じる愚太郎と菊代。

ここで、またもや凡拙からの解説が入る。

 

なんと、龍之介は哲を相手に見切り(相手の攻撃を見抜く)の稽古をしていたのだった。

 

 

哲は、スタミナ切れで攻撃の手をやめる。

龍之介は、一撃で決めると言った。

 

哲は、その言葉にカチンと来て龍之介に向かって行く。

 

 

ここで龍之介の「三日月落とし」が見事に決まる。

哲はそのまま崩れ落ちた。

 

 

龍之介の「三日月落とし」の美しさに驚く愚太郎だった。

スポンサーリンク



『三日月のドラゴン』の最新話を含む「月刊!スピリッツ」最新号を無料で読む

三日月のドラゴン【最新第16話】 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、2021年6月1日の18時までは特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと2倍の1350ポイント!
これだけあれば『月刊!スピリッツ』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『月刊!スピリッツ』の最新号を読む!

2021年6月1日まで1350円分のポイントがもらえる特別キャンペーンを実施中!

三日月のドラゴン【最新第16話】の感想

前回のシャレ夫との対決で、実は突きも入れていたという事実にもビックリですが、今回のボクシング経験者の哲を相手に、見切りの稽古をするという余裕さにさらにビックリです。

 

始めは遊びのつもりで余裕があった残りの不良たちも、さすがに龍之介の強さが本物だと気づき始めたようです。

 

不良たちも残すは後2人。

次は色黒の男が相手になるのか?それともリーダー格の男が出てくるのか?

 

次回の戦いもアツくなりそうで、今から楽しみです!

まとめ

ということで、

この記事では、2020年4月25日発売の『月刊スピリッツ2020年月6月号』に掲載された三日月のドラゴン【最新第16話】のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 実は龍之介は、シャレ夫に2撃入れていた。
  • 龍之介の次の相手は、関西弁の不良・哲。
  • 龍之介は、哲の相手をしながら見切りの稽古をする。
  • 龍之介の「三日月落とし」が見事に決まり、哲をノックアウト。

という内容でした。

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告