三日月のドラゴン【最新第22話】のネタバレと感想!

この記事では、2020年10月27日発売の『月刊スピリッツ2020年12月号』に掲載された三日月のドラゴン【最新第22話】のネタバレと感想をまとめています。

 

 

 

前回のお話は、

  • Jは空手の実力者。
  • 龍之介はJとの力の差に心が折れてしまう。
  • 菊代と愚太郎は龍之介を応援する。
  • 2人の想いは龍之介に届くのか?

という内容でしたね。

 

 

 

 

Jの実力の前に心が折れてしまった龍之介。

はたしてこの壁を乗り越えることができるのでしょうか?

 

この漫画を今すぐに絵付きで読みたいという方は、コミック.jpの初回お試し登録を利用することによって今すぐ無料で読むことができます。

 

今すぐ無料で『月刊!スピリッツ』の最新号を読む!

30日の無料期間中に1200円分の漫画を読むことができます
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

 

それでは『三日月のドラゴン』最新話のネタバレをどうぞ!

スポンサーリンク

三日月のドラゴン【最新第22話】 ネタバレ

三日月のドラゴン【最新第22話】

 

愚太郎と菊代の応援が響く中、空手の実力者であるJの前になすすべがない龍之介。

それでも龍之介は、千秋を助け出すために諦めることはしなかった。

 

そんな中、師匠である凡拙の声が響く。

凡拙は、自分が言った言葉を龍之介に思い出せと言う。

 

 

龍之介はその言葉を必死に思い出そうとする。

そこで龍之介の頭の中に思い浮かんだのは、「相手を好きになれ」という言葉だった。

 

 

龍之介は立ち上がり、凡拙の言葉を実践してみる。

すると龍之介の中から今までにない気迫のようなものが現れる。

 

Jは龍之介の変化を感じ取り恐怖を感じた。

 

凡拙の言葉通りに敵を好きになろうとする龍之介は、先ほどまでとは世界が違って見えるようになる。

そして今までかわされていた攻撃が面白いように決まった。

 

 

先ほどまではJに対して恐怖を感じていた龍之介だが、今は逆に楽しさがこみあげてくる。

 

 

夜明けが近くなり、激しく降っていた雨が止む。

ここにきてJがバテてきた。

 

空手の実力者だがこれまで鍛錬をおこたってきたJ。

一方龍之介は今まで山籠もりで鍛えてきた現役。

 

2人の体力の差がここではっきりと現れてきた。

 

 

ここで龍之介が勝負に出る。

龍之介が繰り出したのは必殺の「三日月落とし」。

 

その三日月落としが鮮やかに決まる。

スポンサーリンク



『三日月のドラゴン』の最新話を含む「月刊!スピリッツ」最新号を無料で読む

三日月のドラゴン【最新第22話】 のネタバレはどうでしたか?

 

ここまで読んでいただいた方の中には

  • 「文章だけでは分かりにくい」
  • 「登場人物の動きや表情も気になる」

 

と、思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい!」

 

 

という方にお勧めしたいのがコミック.jpです。
こちらはmusic.jpでもおなじみのエムティーアイが運営する電子コミックサービスです。
こちらで30日間の無料お試し登録をすると675円分のポイントがもらえるのですが、現在は特別キャンペーンを実施しています
特別キャンペーン期間中は、通常675円分のポイントがなんと1200円分のポイントに!
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
これだけあれば『月刊!スピリッツ』の最新号だけでなく、もう1冊はお好きな漫画を読むことができますね。
また、無料で読むことができる作品もたくさん用意されているので、期間内は思う存分漫画を読んでみてください。
もちろん無料期間中の解約であれば料金が発生することはありません。
ただ、無料で楽しむためにはこちらのことにはご注意ください。
  • 無料お試しを初めて利用する
  • 付与されたポイント以上の作品を購入しない
  • 無料期間お試し期間内に解約の手続きをする

 

これさえ守っていただければ、今すぐにお好きな作品を無料で読むことができます!

 

今すぐ無料で『月刊!スピリッツ』の最新号を読む!

30日の無料期間中に1200円分の漫画を読むことができます
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。

三日月のドラゴン【最新第22話】の感想

前回のお話では龍之介の敗北もあり得るかもと思いましたが、見事に予想が外れてよかったです。

そして以前凡拙に言われた言葉がここで活きてきました。

 

先ほどまでは恐怖で心が折れそうになっていたのに、今ではその戦いが楽しいと思えるようになるなんて。

やはり戦いは気持ちで負けてはダメだということですね。

 

そしてここにきてJのスタミナ切れです。

自分の実力を過信して努力をおこたってきたJと、強くなるために必死に努力してきた龍之介。

その差がここにきて現れてきました。

まさに童話の「ウサギとカメ」のような状態ですね。

 

 

そしてついにJとの戦いに決着が。

龍之介の前に敗れたJがどんな行動に出るのか気になります!

 

まとめ

ということで、

この記事では、2020年10月27日発売の『月刊スピリッツ2020年月12月号』に掲載された三日月のドラゴン【最新第22話】のネタバレと感想を紹介しました。

 

今回のお話を簡単にまとめると、

  • 凡拙の言葉を実践した龍之介は今までとは動きが全然違う。
  • 龍之介の気迫に恐怖を覚えるJ。
  • ここにきてJの体力が限界に。
  • 龍之介の「三日月落とし」が鮮やかに決まる。

という内容でした。

 

強敵・Jとの戦いもついに決着。

龍之介の前に敗れたJはいったいどんな行動に出るのでしょうか?

次回も楽しみにしています!

 

今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かりより楽しむことができます。

この記事の内容を漫画で読んでみたい!

と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめですよ!

 

 

それでは、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

この漫画を今すぐに絵付きで読みたいという方は、コミック.jpの初回お試し登録を利用することによって今すぐ無料で読むことができます。

 

今すぐ無料で『月刊!スピリッツ』の最新号を読む!

30日の無料期間中に1200円分の漫画を読むことができます
※キャンペーンが終了している場合もありますのでご注意ください。
スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事と広告